【世界一受けたい授業】乳酸菌ビフィズス菌ヨーグルトヤクルトお悩み別選び方

【世界一受けたい授業】乳酸菌ビフィズス菌ヨーグルトヤクルトお悩み別選び方美容

2022年6月18日(土)放送の『世界一受けたい授業』。

専門家が教える!睡眠改善 内臓脂肪減少 美肌 歯周病ケア 免疫向上などお悩み別ヤクルト&ヨーグルトを紹介します。

いつ食べるのがいい?どのくらい食べていい?同時に何種類も食べていい?などすべて解説!

教えてくれるのは「LG21」や「R-1」などのヨーグルト研究にも携わった乳酸菌・ビフィズス菌の第一人者、東北大学名誉教授の齋藤忠夫先生です。

あなたに合う乳酸菌&ビフィズス菌がきっと見つかりますよ。

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>腸活の記事一覧はコチラ

>>世界一受けたい授業の記事一覧はコチラ

専門家が教えるお悩み別の乳酸菌・ビフィズス菌の選び方

【世界一受けたい授業】乳酸菌ビフィズス菌ヨーグルトヤクルトお悩み別選び方

今、乳酸菌とビフィズス菌が大ブームになっています。

商品数も増え続け、その市場規模は右肩上がりで約8000億円までに成長しているんだそう。

乳酸菌は小腸、ビフィズス菌は大腸に多く住み、腸内環境を整えてくれる二大善玉菌です。

中でも乳酸菌はここ20数年で「内臓脂肪を減らす機能」や、ビフィズス菌でも「花粉・ホコリ・ハウスダストなどによる鼻の不快感を軽減する機能」など優れた菌が続々と発見。

それらを高濃度に配合したヨーグルトが増えました。

そこで専門家が教えるお悩み別の乳酸菌・ビフィズス菌の正しい選び方を紹介します。

乳酸菌・ビフィズス菌の基礎知識

乳酸菌…1857年発見。植物や動物など自然界に多く存在。
ビフィズス菌…1899年発見。母乳で育つ乳児の腸管から発見され、多くは動物から発見される。酸素に弱いのが特徴。

人間の腸内には1000種類以上、約60兆個(重さ1~2kg)もの腸内細菌が住んでおり、それを腸内フローラ(花という意味)と呼んでいます。

善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割とされ、発見され名前が付いているのが全体の1%ほど。

善玉菌の一種である乳酸菌は400種類以上、ビフィズス菌は約90種類存在しています。

乳酸菌やビフィズス菌は酸に弱いものが多く、胃酸や胆汁で溶かされてしまい生きたまま腸に届かないのが多いんだそう。

そこで役立つのが機能性ヨーグルト。

ヨーグルトや牛乳は乳酸菌やビフィズス菌を乳タンパク質で包み込んで胃酸などから守り、効果的に腸まで届けてくれます。

腸内の多様性を維持するため、たくさんの種類の善玉菌をなるべく多く摂取することが大切です。

乳酸菌を飲むタイミングと期間

乳酸菌は何を目的にするかで摂取する時間も違ってきます。

・カルシウムを多く摂りたい→空腹時
・乳酸菌・ビフィズス菌を多く摂りたい→食後
・免疫機能に役立つ→夕食後
・睡眠の質を高めたい→朝食後

免疫機能に役立つ乳酸菌を摂取するおすすめのタイミングは夕食後。

起床から15~19時間後、腸の細胞が修復される腸のゴールデンタイムがやってきます。

朝7時に起きた場合、夜10時~深夜2時がゴールデンタイムです。

食べてから乳酸菌が腸に届くのに4時間ほどかかるため、夕食後に食べるのが良いとされています。

またヨーグルトの原料である牛乳の中にはアミノ酸トリプトファンが多く、夜までに睡眠ホルモンのメラトニンやセロトニンが生成されるので、睡眠の質を高めたい場合は朝に摂るのがおすすめです。

さらにヨーグルトは脂肪が少ない食品と一緒に摂るのが◎。

脂肪が多い食品を食べると胆汁酸が多く分泌されるので、乳酸菌を溶かしてしまいます。

乳酸菌やビフィズス菌は2週間ほど摂取することで、お通じの回数が増えたり腸の様子が良くなったりするのが確認できます。

【睡眠の質を良くする】ヤクルト1000

ヤクルト1000には乳酸菌シロタ株が多く含まれています。

バイオリニストの高嶋ちさ子さんはヤクルト1000を飲み始めてから睡眠の質が良くなったんだそう。

高嶋ちさ子さん「ヤクルト1000を飲んでから、気付くと寝てるのだ~!!!」

腸は脳との間にある迷走神経を通じてお互いの情報を交換し合っています。

乳酸菌シロタ株が腸からこの神経系に緩やかに作用することで脳の交感神経の高まりを抑制し、ストレスを和らげて睡眠の質を高める機能があると考えられています。

【メンタル&睡眠改善】乳酸菌 YRC3780株

コーカサス地方発祥の発酵乳「ケフィア」から見つかったYRC3780株という乳酸菌は、よつ葉乳業と北海道大学による研究によりストレス応答と睡眠の質を改善する効果があることが判明しました。

実験では心理的なストレスを与えられた際のストレスホルモン「コルチゾル」の濃度が低下。

このストレス応答改善が睡眠の質とメンタルヘルスを改善する可能性が示唆されました。

【免疫力維持】乳酸菌 L.ラクティス プラズマ

免疫機能の維持に役立つのが乳酸菌L.ラクティス プラズマ、通称「プラズマ乳酸菌」です。

プラズマ乳酸菌は免疫の司令塔と言われる樹状細胞に直接働きかけることで、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

ベトナムの小学1年~3年生約1000人を対象にした実験では、給食のときにプラズマ乳酸菌が入った飲み物を飲んでいたグループは、飲んでいないグループと比べて発熱した日数は約2分の1に、下痢になった日数も少なかったという研究結果が出ました。

【整腸作用】ビフィズス菌 BB-12

現在分かっている約90種類のビフィズス菌のうち人間の腸内で検出されるのは約10種類あります。

ビフィズス菌の主な効果は整腸作用、酢酸という殺菌力の高い酸を作ることで悪玉菌をやっつけて腸内のバランスを整えてくれます。

しかし腸内のビフィズス菌は年を取るごとに年々減少し、50代になればその数は乳幼児の100分の1に。

ビフィズス菌BB-12は胃酸に強く、生きたまま腸に届いてお通じを改善する機能性があることが科学的に報告されています。

【記憶力維持】ビフィズス菌 MCC1274

ビフィズス菌 MCC1274は健常な中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力や空間認識力を維持する働きが報告されています。

認知機能を維持することが報告されたのはビフィズス菌では世界初。

緊張するとお腹が痛くなるように、脳と腸は密接な関係があり「脳腸相関」と呼ばれています。

この脳と腸の密接な関係を調べる中で発見され、これらの効果が認められました。

【歯周病ケア】L8020乳酸菌

歯周病が気になる場合に効果的なのがL8020乳酸菌です。

L8020乳酸菌は広島大学の二川浩樹教授が2008年に発見しました。

歯周病や虫歯になったことのない健常な子どもの口の中から発見されたんだそう。

歯周病の予防など口腔内環境を良好に保つ働きを助けてくれる乳酸菌です。

全国の50代~70代の男女114人中、歯周病の原因であるジンジバリス菌を持つ人で実験したところ、L8020乳酸菌を2週間継続して摂取したグループはジンジバリス菌が約44%減少、摂取しないグループは菌の数に特に変化はありませんでした。
最近の研究で歯周病菌は血管を通じて体全体にまわり、心疾患や糖尿病などの原因になることが報告されています。

【肌の潤いを保つ】植物性乳酸菌ラブレ

肌の潤いをサポートする乳酸菌がラブレ菌です。

1992年に京都パストゥール研究所の所長だった故・岸田鋼太郎理事長が発見しました。

すぐき菜と呼ばれるカブから作られる京都の漬物「すぐき漬け」から採取された乳酸菌です。

便秘をすると悪玉菌が増加、放出された毒素が血管をまわることで肌荒れの原因に。

ラブレ菌はすっぱい漬物から採取された乳酸菌なので胃酸に強く、腸まで届いてお通じや腸内環境の改善に役立ち、肌の潤いを守ることが報告されています。

【内臓脂肪を減らす】ガセリ菌SP株

内臓脂肪に悩む方に効果的なのがガセリ菌SP株です。

食事と一緒に摂取することで肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能があることが報告されています。

1990年代に健康な日本人のお腹の中から発見されました。

食事で摂取した脂肪の周りをガセリSP株が取り囲み、脂肪の塊を大きくすることで消化酵素の働きが抑えられるため、腸管からの脂肪の吸収がされにくくなるんです。

もともと人間の腸管から見つかった乳酸菌なので小腸に住みつきやすく、腸内で長くとどまってくれます。

【プリン体・尿酸値抑制】PA-3乳酸菌

PA-3乳酸菌は食後の尿酸値の上昇を抑制してくれる乳酸菌です。

痛風を引き起こす原因のプリン体は分解されて尿酸として体内に溜められた後、最終的には排出されます。

しかし暴飲暴食でプリン体が多くなると尿酸が結晶化し、尿管結石や通風の原因になってしまいます。

PA-3乳酸菌は腸内で余ったプリン体をエサとして食べることで分解し、血中の尿酸値の上昇を抑えて痛風を防いでくれます。

おわりに

>>腸活の記事一覧はコチラ

>>世界一受けたい授業の記事一覧はコチラ

お悩み別の乳酸菌・ビフィズス菌の選び方、ぜひ参考にしてみてください。

【土曜は何する】腸活ディッシュレシピ|Atsushiの美容健康ダイエットに効果的なシンバイオティクス料理
2022年7月2日(土)放送の『土曜はナニする!?』10分ティーチャー。 健康美容ダイエットの全てが一皿で叶うシンバイオティクス最強の腸活ディッシュレシピを紹介します。 教えてくれるのは野菜ソムリエプロの資格を持つAtsushi...
【世界一受けたい授業】アダムスキー式腸活法のやり方|消化スピードの違いによる食べ物の組み合わせが重要
2021年5月22日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 『ベストセラーに学ぶ体のトラブル対処法』というテーマで放送されました。 腸について教えてくれるのは世界中で話題の本「腸がすべて アダムスキー式『最高の腸活』メソッド」の著...
【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌
2021年9月4日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 夜仕込んで翌朝食べられる手作り発酵食品ベスト5の作り方を教えてくれましたので紹介します。 さらに馬淵優佳さんが発酵食品を10日間食べ続ける実験にチャレンジ! ビタミンやミ...
【世界一受けたい授業】世代別腸活のやり方|便秘改善の名医が教える
2022年4月30日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 「体の不調を改善!小学生から高齢者まで世代別腸活」というテーマで放送されました。 便秘に悩んでいるというフリーアナウンサーの望月理恵さんが腸活生活を1週間実践した結果は?...
【世界一受けたい授業】美肌菌で紫外線ケア!ヨーグルトパックでシミくすみを防ぐ
2019年8月31日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 『夏の肌ダメージをケア!肌の救世主 美肌菌』というテーマで放送されました。 あなたは“美肌菌”を知っていますか? 肌には腸と同じく善玉菌、悪玉菌などが存在します。 ...
【世界一受けたい授業】熱中症対策『塩キウイヨーグルト』レシピ|働く細胞の鈴川茂先生おすすめ
2022年5月21日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 熱中症予防に効果的な塩キウイヨーグルトの作り方を紹介します。 教えてくれるのは人気漫画&アニメ「働く細胞」シリーズの公式動画の解説を担当する代々木ゼミナール生物講師の鈴川...
【林修の今でしょ講座】ヨーグルト7社9商品の徹底比較&アレンジレシピ|内臓脂肪減少・血圧低下・免疫力アップ・口腔ケア・美肌・便通改善
2021年3月9日(火)放送の『林修の今でしょ!講座2時間SP』。 『健康パワーがスゴい!?7社のヨーグルト 医学で斬って徹底比較SP』というテーマで放送されました。 腸内環境を整えてくれるヨーグルト、大手7社の人気9商品を医学...
【名医のTHE太鼓判!】肥満撃退レシピ!ヨーグルト味噌漬けの作り方『やせ酸』で心臓の脂肪を落とす
2019年7月22日(月)放送の『名医のTHE太鼓判!』。 『夏の余命宣告SP 肥満撃退!心臓の脂肪を落とす奇跡の食材』というテーマで放送されました。 3.5リットルのウイスキーを飲み干したり、牛肉を1日で1~2kg摂取は当たり...
【ヒルナンデス】藤井恵『干し芋ヨーグルト』腸活レシピ|腸内環境改善スイーツ
2022年5月24日(火)放送の『ヒルナンデス!』。 料理研究家の藤井恵さん直伝、腸内環境を整える干し芋ヨーグルトの作り方を紹介します。 藤井恵さんは年間2000以上ものレシピを考案。料理番組「3分クッキング」に18年間出演している...
【ヒルナンデス】ヨーグルトマニア向井智香さん厳選12品&アレンジレシピ
2021年10月1日(金)放送の『ヒルナンデス!』年100さん。 2000種類以上のヨーグルトを食べたマニアの向井智香さんおすすめ、腸活にピッタリなご当地ヨーグルトを教えてくれましたので紹介します。 ヨーグルトは腸内環境を整えて...
【マツコの知らない世界】ヨーグルトの世界まとめ|菌マニアおすすめヨーグルト&アレンジ
2020年9月15日(火)放送の『マツコの知らない世界』。 『菌を楽しむ!ヨーグルトの世界』というテーマで放送されました。 自宅でヨーグルトを発酵させて毎週3キロのヨーグルトを食べるという阿部花映さん。 高校生のときに明治...
【世界一受けたい授業】睡眠ルーティン9個まとめ|スタンフォード式最高の睡眠の西野精治先生が教える
2021年4月24日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 『今夜からよく眠れる!9個の睡眠ルーティン』というテーマで放送されました。 ウィズコロナの今、多くの日本人が睡眠不足の悩みを抱えています。 在宅ワークで生活にメリハ...

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました