【名医のTHE太鼓判!】肥満撃退レシピ!ヨーグルト味噌漬けの作り方『やせ酸』で心臓の脂肪を落とす

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【名医のTHE太鼓判!】肥満撃退レシピ!ヨーグルト味噌漬けの作り方『やせ酸』で心臓の脂肪を落とす

やせ酸パワーで脂肪を撃退!

こんにちは!
カズ()です。

 
7月22日(月)放送の『名医のTHE太鼓判!』。
 
 
『夏の余命宣告SP 肥満撃退!心臓の脂肪を落とす奇跡の食材』というテーマで放送されました。
 
 
3.5リットルのウイスキーを飲み干したり、牛肉を1日で1~2kg摂取は当たり前。
 
 
そんなムチャクチャな生活を続けていたというゲストの竹内力さん。
 
 
番組で受けた人間ドックで、心臓の血管に異常が見つかりました。
 
 
動脈硬化が進行し、そこにカルシウムなどが蓄積。
 
 
血管が半分以下に狭まっていたんです。
 
 

【大島病院 大島一太院長の解説】
「竹内さんの冠動脈の石灰化は、一番根元に近い部分にあったということがCTで分かっています」
「例えば心筋梗塞になれば、心臓の広い範囲にわたって心筋が障害されてしまって心臓のポンプ力が著しく低下して、将来的には心不全になってしまう」

 
 
問題は他にも。
 
 
心臓につくはずのないものが…それは脂肪
 
 

【大島院長の解説】
「通常ではつかない臓器に脂肪がついている状態です。心臓のポンプ力が障害心不全になってしまう危険性があります」

 
 
脂肪が心臓の動きを妨げてしまうんだそう…( ゚Д゚)
 
 
しかし!心臓についた脂肪を落とす効果が期待できるという、医師大注目の食材があったんです。
 
 
その食材を使った肥満治療で、8ヶ月で体重60.5kgの人が-13kgの減量に成功!
 
 
今回は『夏の余命宣告SP 肥満撃退!心臓の脂肪を落とす奇跡の食材』で紹介されたレシピについてまとめてみました。

『やせ酸』が脂肪を落とす

その食材を使った肥満治療で3000人以上を痩せさせた奇跡の病院が、佐賀県鹿島市にありました。
 
 
ホロス光武クリニック。
 
 

【脂肪撃退の名医 光武和彦先生の解説】
「患者さんに毎回食べていただきますので用意しているんですよ」

 
 
肥満を撃退して心臓についた脂肪を落とす効果が期待できるという奇跡の食材。
 
 
それがヨーグルトと味噌を合わせた、ヨーグルト味噌漬けなんです!
 
 

【光武先生の解説】
「これが腸の中に入って善玉菌の餌になります。その餌を食べた善玉菌から、短鎖脂肪酸という『やせ酸』と言われているものがたくさん出るようになります」

 
 
やせ酸(短鎖脂肪酸)とは、善玉菌などが食物繊維やオリゴ糖などを分解して作り出す物質。
 
 
血液中に取り込まれて脂肪の吸収をブロック。
 
 
代謝を高めて脂肪の燃焼を促すんだそう。
 
 
そんなやせ酸を効率的に増やしてくれる食材こそ、ヨーグルト味噌漬けなんです。

ヨーグルト味噌漬けの作り方

【ヨーグルト味噌漬けの作り方】
 
・材料
プレーンヨーグルト
※クリニックでは豆乳ヨーグルトを奨励
味噌
ハチミツ
オリゴ糖

キュウリや大根、ナスなどお好みの野菜
※番組ではキュウリ・大根・パプリカを使用
 
・作り方
1.漬けやすい適当な大きさにカットした野菜を袋に入れ、塩を振って水分を抜く
 
2.ヨーグルト2:味噌1の割合で混ぜ合わせ、やせ酸が増えるというオリゴ糖を大さじ1杯ほど加える
 
3.ハチミツを大さじ1杯ほど加えて味を調える
 
4.それを密封できるビニール袋に移し、カットした野菜を入れて揉みほぐしてなじませる
 
5.冷蔵庫で1日寝かせれば出来上がり

【光武先生の解説】
「ぬか漬けのぬか床のような働きをするわけです」
「だから野菜が発酵して栄養価もアップします」

 
 
スタジオの試食でも美味しいと大好評でした♪

おわりに

ヨーグルト味噌漬けのやせ酸パワーで脂肪を撃退しましょう(*’ω’*)
 
 
関連記事>>>【名医のTHE太鼓判!】便秘解消には岩もずく!フコイダンが腸の善玉菌を活性化
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ