【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌美容

2021年9月4日(土)放送の『世界一受けたい授業』。

夜仕込んで翌朝食べられる手作り発酵食品ベスト5の作り方を教えてくれましたので紹介します。

さらに馬淵優佳さんが発酵食品を10日間食べ続ける実験にチャレンジ!

ビタミンやミネラルたっぷりの発酵食品は便秘の改善、血圧やコレステロールを下げる、美肌などの効果が期待できます。

教えてくれるのは発酵調味料研究の第一人者で東京農業大学教授の前橋健二先生です。

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>腸活の記事一覧はコチラ

>>世界一受けたい授業の記事一覧はコチラ

手作り発酵食品ベスト5

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

発酵とは微生物の働きによって食品中の成分を変化させること。

タンパク質を体内で吸収されやすい成分のペプチドやアミノ酸に変え、しかも旨味成分が増えることで美味しくなります。

たとえばきゅうりの場合、ぬか漬けにすることでカリウムはおよそ3倍、ビタミンB1はおよそ9倍にもなるんです。

そこで前橋健二先生おすすめ、自宅で簡単に手作りできる発酵食品ベスト5を紹介します。

甘酒

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

“飲む点滴”と言われる甘酒は栄養が豊富で、疲れた体を癒してくれる効果があります。

材料

・米麹…200g
・水…240ml

米麴は蒸したお米を麹菌で発酵させたもの。

作り方

①鍋で水を60℃まで温める

②米麴を入れて弱火で65度まで温める

70℃以上になると麹菌が作る酵素が働かなくなるので注意してください。温度チェックには100均などで売っている料理用温度計が便利です。

③65℃になったら魔法瓶にお湯ごと全部入れてフタをする

④発酵が始まり9時間後に完成

麹菌の働きでお米に含まれるデンプンがブドウ糖に変化するので、砂糖を入れていないのに甘くなるんです。

お好みで2~3倍に薄めて飲んでください。

疲労回復だけでなく、腸内環境を整えて便秘予防にも効果的。

冷蔵庫で保存し、3日ほどで飲み切ってください。

ヨーグルトメーカーがある場合は米麴と水を入れ、60℃で9時間にセットするだけで簡単に作ることができます。

発酵あんこ

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

発酵あんこは“ポスト甘酒”と言われ、便秘解消・肥満予防・美肌などの効果が期待できます。砂糖を使わないのでダイエットにも最適、若い女性も大注目している発酵スイーツです。

材料

・あずき…100g
・米麴…100g
・水…300ml

作り方

①あずき・あずきの3倍の量の水を鍋に入れ、弱火で約1時間じっくり煮る

②あずきが指で簡単に潰れるくらいに柔らかくなったら火を止める

③65℃まで冷ましたら米麴を入れて混ぜる

70℃以上で米麴を混ぜると甘くならないので注意してください。

④魔法瓶に入れてフタをし、8時間後に完成

麹菌の働きでお米に含まれるデンプンがブドウ糖に変化するので、砂糖を入れていないのに甘くなります。

砂糖を使ったあんこに比べてカロリーおよそ26%オフ、糖質およそ37%オフ!

先生おすすめの食べ方は小倉トースト。

砂糖を使っていないのであんこをたっぷりのせても罪悪感がありません。

水キムチ

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

水キムチは米麴を使わず、野菜やりんごの皮などに付いている自然の乳酸菌を使って作る発酵食品です。普通のキムチよりも多くの乳酸菌が含まれていて、便秘の改善効果が期待できます。

材料

・米のとぎ汁…500ml
・生姜…1/2片
・りんご(皮はむかない)…1/4個
・にんじん…1/2本
・きゅうり…1本
・白菜…1/4個
・塩…小さじ3杯
・砂糖…小さじ1杯

野菜と果物は火を通さずに使うのでしっかりと水洗いしてください。

作り方

①米のとぎ汁・塩・砂糖を鍋に入れ、沸騰直前まで温める

この汁が乳酸菌の栄養になります。

②常温に冷まし、りんごスライス・生姜スライスを入れて少し置いておく

置いておくことでりんごの皮にいる乳酸菌が増えていきます。

③食べやすい大きさにカットした白菜・にんじん・きゅうりに塩を混ぜて10分ほど揉み込んで水分を出す

④水気をよく絞って保存容器に入れ、②のとぎ汁を全て注いでフタをする

⑤直射日光が当たらない常温の場所で、夏場は半日、冬場は2日発酵させる

⑥発酵が進んで少し泡が出てきたら冷蔵庫に入れ、3日間追い発酵させれば完成

水キムチは普通のキムチに比べて工程が少なく、辛くないので子どもでも食べやすい今注目の発酵食品です。

しかも普通のキムチよりも乳酸菌の量が多いので腸活にも最適なんです。

透明なスープはほどよい酸味なのでそのまま飲んでも◎、冷麺として食べるのもおすすめ。

要冷蔵で保存し、1週間ほどで食べてください。

発酵玉ねぎ

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

発酵玉ねぎは玉ねぎに付いている自然の乳酸菌を使って発酵させた食品です。発酵させることで辛みが消え、腸をキレイにしてくれる万能発酵調味料になります。

材料

・玉ねぎ…400g
・塩…12g
・水…100ml

作り方

①玉ねぎをしっかり洗い、みじん切りにする

②ジッパーバッグに玉ねぎ・塩を入れ、袋の外から塩が全体になじむように揉む

③水を入れて空気を抜き、しっかり口を閉じる

④直射日光が当たらない常温の場所で、夏場は1日、冬場は6日発酵させる

⑤汁が白くなって辛味が抜け、酸味が出ていたら完成

玉ねぎにはアリシンという血液をサラサラに成分が入っていて、発酵することで健康を維持するアミノ酸や腸をキレイにする乳酸菌、貧血予防のビタミンB12などがプラスされてとても体に良い食品に進化します。

さらに甘味や旨味も増すので味噌汁などいろいろな料理の薬味としてもおすすめ。

先生おすすめの食べ方は同じく発酵食品の納豆に合わせた『発酵玉ねぎ納豆』。

ピスタチオ味噌

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

ピスタチオ味噌は発酵食品を研究してきた前橋先生がこれまで一番美味しいと思った発酵食品です。本来は大豆で作る味噌をピスタチオで代用しています。

材料

・薄皮を向いたピスタチオ…300g
・米麹…400g
・塩…150g

作り方

①ピスタチオを水に半日つける

②鍋に入れ3時間ほど煮て、マッシャーなどでしっかりと潰す

③米麹・塩を入れてよく混ぜ合わせる

④ジッパーバッグにしっかり詰めて空気を抜き、口を閉めて重しをのせる

⑤直射日光が当たらない場所で2カ月間置いておけば完成

普通の味噌の代わりとして使うのはもちろん、きゅうりなどに直接つけて食べるのもおすすめです。

番外編:ナタデココヨーグルト

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

先生によるとお酢を作るときに使う酢酸菌には、花粉症・ハウスダスト・アトピー性皮膚炎などのアレルギー改善効果が乳酸菌のおよそ10倍もあるという研究結果が出たんだそう。

さらに酢酸菌と乳酸菌を同時に摂ることでアレルギー改善効果がおよそ2倍になることも分かったんだとか。

そこで先生のおすすめはヨーグルト(乳酸菌)にナタデココ(酢酸菌)をトッピングして食べること。

肌荒れやアトピー性皮膚炎などのアレルギーに大きな改善効果が期待できます。

ナタデココは脱脂したココナッツミルクやココナッツウォーターに酢酸菌の一種であるナタ菌を加え発酵させて作る乳白色の固まり。

番外編:はちみつ酢ドリンク

【世界一受けたい授業】DIY発酵食品レシピBEST5|甘酒・発酵あんこ・水キムチ・発酵玉ねぎ・ピスタチオ味噌

馬淵優佳さんが発酵食品10日間チャレンジで日中の水分補給に飲んでいた健康発酵飲料です。

①鍋にハチミツと酢を1:1の割合で入れて煮立てる

②水で20倍に薄めれば完成

発酵食品を10日間食べ続けた結果

番組では『10日間発酵食品を食べ続けるとどれだけ体質が変わるか』という実験を行いました。

発酵食品を毎日食べることで腸内環境が整ってお腹の不調や肌トラブルも改善します。

挑戦するのは競泳男子の瀬戸大也選手の奥様で元飛び込み選手の馬淵優佳さん。

馬淵さんはお腹が弱くて出ない日もあれば出る日もあり、便通が悪いと肌にきて吹き出物が目立ってくるんだそう。

チャレンジする発酵メニューはコチラ↓。

朝:甘酒&ナタデココヨーグルト
日中の水分補給:はちみつ酢ドリンク
夜:水キムチ

これらの発酵食品を自作し、通常の食事にプラスして10日間食べ続けました。

すると3日目から便通がかなり良くなってきたんだそう。

そして10日間続けた結果、お肌の状態がすごく良くなったそうです。

お通じもすごく良くなり決まった時間に出るように。

馬淵さんいわく「全然苦にはならなかった。10日間と言わずずっと続けたい」とのことでした。

特に水キムチは子ども達にも大人気だったそうですよ。

おわりに

>>腸活の記事一覧はコチラ

>>世界一受けたい授業の記事一覧はコチラ

手作り発酵食品、ぜひ参考にしてみてください。

【ヒルナンデス】発酵食品ベスト3&腸活レシピまとめ|発酵マニアの小倉ヒラクさん厳選
2021年6月24日(木)放送の『ヒルナンデス!』。 発酵マニアで発酵デザイナーの小倉ヒラクさんがおすすめの発酵食品ベスト3&腸活に良い発酵レシピを教えてくれましたので紹介します。 小倉ヒラクさんが世界を旅してこれまで食べてきた...
【世界一受けたい授業】アダムスキー式腸活法のやり方|消化スピードの違いによる食べ物の組み合わせが重要
2021年5月22日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 『ベストセラーに学ぶ体のトラブル対処法』というテーマで放送されました。 腸について教えてくれるのは世界中で話題の本「腸がすべて アダムスキー式『最高の腸活』メソッド」の著...
【土曜は何する】加治ひとみ腸活レシピ5品&かぢダレ|美腸&美肌効果バツグン!食べるだけで奇跡の美ボディに
2021年5月8日(土)放送の『土曜はナニする!?』予約が取れない10分ティーチャー。 『食べるだけで奇跡の美ボディに!?進化した腸活おばけの腸簡単レシピ!』というテーマで放送されました。 ストレッチや食事など日々の生活習慣から...
【林修の今でしょ講座】キムチの乳酸菌パワーで免疫力UP|わかめと食べると効果的
2020年4月28日(火)放送の『林修の今でしょ!講座』。 『ヨーグルトVSキムチ 腸を元気にして免疫力UP!乳酸菌パワーを活かす選び方&食べ方』というテーマで放送されました。 ウイルスや病原菌に対抗する免疫細胞が大集結している...
【ラヴィット】峯岸みなみ美容グッズ『玄米甘酒』を紹介|おすすめ腸活ダイエット
2021年8月19日(木)放送の『ラビット!』。 元AKB48の峯岸みなみさんおすすめの美容法として愛用の玄米甘酒(結わえる)を教えてくれましたので紹介します。 ネット通販お取り寄せ方法をまとめましたのでぜひ参考にしてみてくださ...
【世界一受けたい授業】発酵トマトチーズ鍋のレシピ!血管年齢が若返る健康鍋3選
2020年1月25日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 『若い人こそ食べてほしい!激ウマ!簡単!ぽっかぽか!血管が元気になる健康鍋』というテーマで放送されました。 寒さがこたえる今の時期… 体を芯からぽっかぽかに...

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました