【林修の今でしょ講座】腰痛改善「これだけ体操」のやり方|東大で本当にやっている講義&研究

【林修の今でしょ講座】腰痛改善「これだけ体操」のやり方|東大で本当にやっている講義&研究体調改善

2021年12月21日(火)放送の『林修の今でしょ!講座』。

腰痛予防&改善にたった10秒で効果的な「これだけ体操」のやり方を紹介します。

教えてくれるのは整形外科医で東京大学医学部附属病院22世紀医療センターの松平浩特任教授です。

松平浩先生は四半世紀にわたる研究の末「腰痛は動いて治す」という腰痛改善の新常識を導き出した、“腰痛の常識を変えた”先生です。

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>ストレッチの記事一覧はコチラ

たった10秒!これだけ体操

【林修の今でしょ講座】腰痛改善「これだけ体操」のやり方|東大で本当にやっている講義&研究

これだけ体操とは

「これだけ体操」は松平浩先生が考案した1回10秒でできる腰痛予防・改善体操です。

崩れている姿勢や骨の並びをリセットすることで、腰回りの筋肉の血流が良くなります。

看護師や介護士の腰痛予防・改善に役立つという研究結果も出ています。

厚生労働省のデータによると、ぎっくり腰が起こりやすい時間帯は午前9~11時が多いんだそう。そこで体操は洗面した後など朝に行うのがおすすめです。

これだけ体操のやり方

【林修の今でしょ講座】腰痛改善「これだけ体操」のやり方|東大で本当にやっている講義&研究
出典:テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』

①脚を肩幅に平行に開き、つま先はまっすぐ前へ

②両手を下向きに揃えてお尻に当てる

③胸を開いて骨盤をゆっくり前に押し出す

頭を後ろに倒さないように、つま先に重心を持って行くのがポイント。

④あごを引いて息を吐き、目線は斜め上30度

一連の動きを10秒かけて行います。

【林修の今でしょ講座】腰痛改善「これだけ体操」のやり方|東大で本当にやっている講義&研究
出典:テレビ朝日『林修の今でしょ!講座』

痛みがお尻から太ももにかけて広がる場合は、体操を中止して整形外科に相談してください。

おわりに

>>ストレッチの記事一覧はコチラ

たった10秒でできる腰痛改善「これだけ体操」、ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました