【名医のTHE太鼓判!】コリンで記憶力アップ!冷凍たまごかけご飯のレシピ

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【名医のTHE太鼓判!】コリンで記憶力アップ!冷凍たまごかけご飯のレシピ

コリンを効率よく摂取するコツは熱を加えないこと

こんにちは!
カズ()です。

 
4月29日(月)放送の『名医のTHE太鼓判!SP【名医が教える健康料理ベスト10】』。
 
 
『あなたと家族の健康を守ります!』というテーマのもと、スペシャル版として10個の健康料理が紹介されました。
 
 
この記事では【記憶力UP】たまごかけご飯のレシピを紹介したいと思います。
 
 
関連記事>>>【名医のTHE太鼓判!】『ニンタマス味噌玉』レシピまとめ|驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト10
 
 
たまごは『完全栄養食』と言われ、なんと!たまご1個で15種類もの栄養素が取れるんです。
 
 

【内科 川村優希先生の解説】
「卵黄に含まれる『コリン』という成分が記憶力や学習能力を高め、認知症の改善にも効果があるんです」

 
 
体内にコリンが入ると、記憶力や学習能力に関係している神経伝達物質が生成され、脳を活性化させるんだそう。
 
 
さらにアルツハイマー病など、神経回路の機能を向上させる働きもあるんだとか。
 
 

【コリン含有量(100g)】
・鶏卵(卵黄 生)…680mg
・鶏レバー(生)…190mg
・大豆(生)…180mg
・豚肉(赤身 生)…81mg

 
 
しかしコリンには弱点が…それは『熱』
 
 
コリンを効率よく取るには、ゆで卵や目玉焼きではなく『生たまご』が一番効果的なんです。
 
 
さらに、一般的なたまごに一工夫するだけでコリンを効率よく取ることができます。
 
 
それは『冷凍たまご』
 
 

【激ウマ!冷凍たまごの作り方】
 
1.保存袋に生たまごを殻のまま入れ空気を抜いて密閉する
 
2.そのまま冷凍庫へ入れ一晩ほど凍らせる
 
3.完全に凍ると白身が膨張し殻にヒビが入る
 
4.流水に当てながら殻むき
 
5.常温で1時間半で解凍

 
 
冷凍たまごの特徴は、解凍しても黄身が丸いまま旨味が凝縮されていること。
 
 
たまごは冷凍すると黄身の水分が抜けてタンパク質同士が結合するので、旨味が凝縮するんです。
 
 
コリンの成分はそのままで旨味がアップ!
 
 
※衛生面に十分注意して、解凍後に長時間経過した場合や味や匂いなどに違和感を感じた場合は食べるのを避けてください。

おさらい

【『たまごかけご飯』のおさらい】
・濃厚な味わい 黄身のコリンで記憶力がアップ
・生たまご ゆでたまごに次ぐ第3のたまご『冷凍たまご』

 
 

黄身が濃厚なたまごかけご飯…すごく美味しそう!

 
 
【名医のTHE太鼓判!】のその他の健康料理レシピを知りたい人はコチラをクリック↓↓↓
 

 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ