【世界一受けたい授業】朝だけ腸活&美肌体操|老けない女と疲れない男の新習慣!『美しく年を重ねる方法』

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【世界一受けたい授業】老けない女と疲れない男の新習慣『美しく年を重ねる方法』【日本に迫る9つの危機SP】

いつまでも若々しいお肌を保ちましょう

こんにちは!
カズ()です。

 
5月4日(土)放送の『世界一受けたい授業』。
 
 
『日本に迫る9つの危機SP』と題して2時間スペシャルとして放送されました。
 
 
その第4位が『肌の老化』
 
 
【老けない女と疲れない男の新習慣『美しく年を重ねる方法』】というテーマでさまざまな対策法が紹介されました。
 
 
紫外線が増え始める5月、強い紫外線がシワやたるみを引き起こし肌の老化につながります。
 
 
そんな紫外線対策に欠かせないのが、日焼け止め。
 
 
今回は『日本に迫る9つの危機SP 第4位:肌の老化』の放送内容についてまとめてみました。

日焼け止めの間違った使い方とは?

Q:日焼け止めの効果が期待できない間違った使い方とは?
 
 
正解は『外出直前に塗ること』
 
 
日焼け止めは肌に浸透して安定するまでに15分以上かかるんだとか。
 
 
そのため出かける直前に塗っても効果は発揮されにくく、肌は焼けてしまいます。
 
 
教えてくださるのは『医者が考案した長生きみそ汁』の著者でもある、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生。

そして小林先生の奥さまで医師、小林メディカルクリニック東京院長の小林暁子先生。
 
 

【小林暁子先生の解説】
「実は顔の輪郭や幅などによって、人に現れるシワやたるみの場所が違うんです」

 
 
例えば皮下脂肪が多い人は頬のお肉がたるみやすい傾向に。
 
 
あごが細い人は口元がたるみがちでほうれい線が目立つようになります。
 
 

【小林弘幸先生・暁子先生の解説】
「ご紹介させていただく新しい習慣は、毎日簡単に継続できるものです」
「生活習慣を変えて美しい肌を手に入れましょう」

老けない体:肌

【見た目年齢を若返らせるポイント】
 
 
Q:見た目年齢を若返らせるには何を目立たなくさせる?
 
 
正解は『毛穴』
 
 
キメが細かい肌に光が当たると、均一に反射するため肌が綺麗に見えます。
 
 
しかし毛穴が目立つ肌の場合、光が拡散しにくいため影ができ老けて見えます。
 
 
毛穴が特に気になるパーツと言えば『鼻』
 
 
そこで…
 
 

【お風呂で行う『美肌効果抜群!鼻エクササイズ』】
 
1.まず人差し指を小鼻に当てます
 
2.そこから小鼻の丸みにそって指を優しく上下に5回移動させます
 
3.続いて左右の指で少し高さをずらして鼻の頭を左右にひねること5回

 
 
これを週に3セットするだけで、鼻の毛穴づまりを予防できるんだそう。
 
 

【小林弘幸先生の解説】
「男性も毛穴のケアを怠るとだんだん汚く目立つ肌になってしまいます」
「意識してケアをしましょう」

 
 
そして鼻以外の肌に効果的なのが…
 
 

【頭皮・顔筋マッサージ】
 
1.両手をグーの形にして第2関節の部分を使って、下から上に引き上げるイメージでグリグリとほぐすだけ
 
2.ほぐす場所は5箇所
①頭皮
②生え際
③頬骨の下
④耳の下
⑤あご

 
 

【小林暁子先生の解説】
「特に頭皮が凝っていると顔を引き上げる力が低下するため、老け顔が進んでしまいます」

 
 
朝起きたときに1~2分マッサージするだけで、むくみの解消になるんだそうですよ。

老けない体:ほうれい線

年を重ねると頬の筋力が落ちて、頬まわりの脂肪が垂れ下がってきます。
 
 
このときにできる溝がほうれい線なんです。
 
 
そんなほうれい線を改善するには『あいうえおい体操』がおススメなんだとか。
 
 
頬を支える2つの筋肉『大頬骨筋』『口輪筋』を鍛えられるんだそう。
 
 

【あいうえおい体操】
 
1.まず口を大きく開けて『あ・い・う・え・お』と声を出します
→ここまでは表情筋のストレッチ
 
2.次に最後の『お』を20秒間出し続けます
→少し苦しいですが効果抜群!ほうれい線の原因である口まわりの『口輪筋』が鍛えられます
 
3.さらにここから『い』を20秒
→同じくほうれい線の原因『大頬骨筋』が鍛えられます

 
 
この体操を朝1回・夜1回、1日2回行うのが効果的。
 
 
ほうれい線は予防が肝心です。
 
 

【小林暁子先生・弘幸先生の解説】
「20秒間ずっと声を出しているのが辛い場合は形を作るだけでも結構です」
「とにかく無理をしないでリラックスする状態でやっていただきたいと思います」

老けない体:首

首の皮膚は薄く、頬の2/3程度。
 
 
そのためシワやたるみができやすいんです。
 
 
頭や首周辺にはたくさんのリンパ液が流れています。
 
 
リンパ液が滞ると首がむくんでシワの原因になるんです。
 
 
そんな首をケアするときに重要なのが、首そのものではなくて『僧帽筋をほぐすこと』
 
 

【小林弘幸先生の解説】
「僧帽筋をほぐすと首まわりにあるリンパの流れが良くなり、肩こりなども軽くなります」

 
 
僧帽筋をほぐすときによく腕や肩を大きく回しますが、これは間違いなんだとか!
 
 
そこで正しい首の老化ケア!
 
 

【腕クロス体操】
 
1.まず足を肩幅に開きます
 
2.次に両腕を床と平行になるように伸ばして体の前でクロスさせます
 
3.この状態から肩を前に回して10回
→肩甲骨を動かすイメージで
 
4.さらに肩を後ろに回して10回

 
 
これを1日2セット。
 
 

【小林暁子先生・弘幸先生の解説】
「『直接首を動かしたりしなくて大丈夫?』と思いがちですが、首のケアは原因を引き起こす大本を改善することが大事なんです」
「そうすると肩まわりが温かくなってきます」
「クロスすることで左右バランスよくほぐすことができるというメリットがあります」

老けない体:腸

今女性の間で話題になっている『腸活』
 
 
腸は消化吸収だけでなく、キレイになるには欠かせない器官。
 
 
しかし臓器の中で一番血液が集中しているため老いやすい場所でもあるんです。
 
 
腸が元気になれば便秘解消につながり肌もキレイに。
 
 

【小林暁子先生の解説】
「便秘は女性だけの問題ではありません。実は60代を超えると男性の方が便秘に悩んでいる方が多いんです」

 
 
そこで小林先生おススメ!『朝だけ腸活』
 
 
やる事はたったの4つだけ!
 
 

朝だけ腸活①コップ1杯の水

 
 
起床後にコップ1杯の常温の水を飲めば、寝ていた腸が目覚めます。
 
 
その理由はいたってシンプル。
 
 
胃に水の重さが加わると、その下にある大腸が刺激されて動き出すんです。
 
 

【小林弘幸先生の解説】
「ポイントは一気に飲み干すことです。勢いよく飲んだ方が腸も刺激されます」

 
 

朝だけ腸活②朝食

 
 
Q:『最強の腸活朝食』はちみつをかけた◯◯◯ヨーグルトとは?
 
 
正解は『大根おろし』
 
 
小林家でも毎日食べているんだそう。
 
 
ちなみにゲストの松本明子さんは小林先生の外来に通い、40年以上の頑固な便秘が改善したんだとか!
 
 
特に便秘のときに顔の下半分にあった赤いブツブツの肌荒れが、改善したあとはまったく無くなったんだそうですよ。
 
 

【小林弘幸先生の解説】
「当時の松本さんは4kgくらい宿便が溜まってて、それが改善しましたから」

 
 
大根おろしは水溶性食物繊維が豊富で、便の水分を増やして柔らかくしてくれる食材。
 
 
ヨーグルトの『乳酸菌』と大根おろしの『食物繊維』、さらにはちみつの『オリゴ糖』は最強の腸活朝食なんです!
 
 

【小林暁子先生の解説】
「大根おろしとはちみつで、すりおろしりんごみたいな味になります」

 
 

朝だけ腸活③スプーン1杯のオリーブオイル

 
 
便秘解消には適度な油分が必要不可欠。
 
 
スプーン1杯のオリーブオイルが大腸に届いて、便がスルっと出やすい状態に。
 
 

【小林暁子先生の解説】
「油をそのまま飲むことに抵抗がある場合は、サラダにかけたりヨーグルトにかけたりして朝食に取り入れてみても大丈夫です」

 
 

朝だけ腸活④おなかつかみ体操

 
 

【小林弘幸先生の解説】
「腸は皮膚の上からつかめる唯一の内臓です」
「便がつまりやすい大腸の曲がり角の2点をつまんで行う体操を紹介します」

 
 

【おなかつかみ体操】
 
1 まず左手は肋骨の下、右手は腰骨より上の部分に当て腸をにぎるようなイメージで強めにぎゅっとつかみます
 
2 そのまま骨盤をゆっくり8回まわします
→体の外から直接大腸を刺激して便をスムーズに押し出す効果があるんだそう
 
3 逆方向にも8回腰をまわします
 
※無理をしない程度に行ってください

 
 
このとき腹筋に力を力を入れて肛門をしめるのがポイントなんだとか♪
 
 

【小林弘幸先生・暁子先生の解説】
「朝1回これをやっていただくだけでも全然違いますのでぜひやってみてください」
「(この体操は便秘じゃない人にも効果はある?)そうですね、今はストレス社会なので便秘じゃなくても腸内環境が悪い方はたくさんいらっしゃるんですね」
「腸を外から刺激するということは腸に良い環境を与えることになりますので良いと思います」
「しかも最近の研究で腸内環境を整えると、優しい気持ちになる愛情ホルモン『オキシトシン』や幸せホルモン『セロトニン』がすごく分泌されることが分かってますので、ぜひ皆さん整えるようにしてください」

老けない体:自律神経

新生活のストレスを受けやすく、寒暖差の激しい季節の変わり目。
 
 
5月病という言葉もある通り1年のうちでも自律神経が乱れがちな時期。
 
 
免疫力が低下して一気に体が衰えてしまいます。
 
 
そこで食事で自律神経を整えましょう!
 
 
食物繊維がたっぷり、水で戻した切り干し大根にビタミンBが豊富なサーモンの刺し身を加えます。
 
 
そこへ自律神経が整う特製ドレッシング♪
 
 
腸内の善玉菌を増やす、みそ、オリゴ糖、すりごま、酢を混ぜたもの。
 
 
Q:この料理にある野菜を加えると自律神経を整える効果がさらにアップする野菜とは?
 
 
正解は『トマト』
 
 
食べることでリラックスする成分『GABA(ギャバ)』
 
 
トマトは野菜の中でもGABAの量が本当に豊富なんです。
 
 

【小林暁子先生の解説】
「この料理は食感もポイント。しっかりかむことが自律神経には大事です」

まとめ

朝だけ腸活、今日からでも活用できそうですよね(*’ω’*)
 
 
関連記事>>>【世界一受けたい授業】抗がん作用のある『スルフォラファン』を多く含む野菜とは?野菜の栄養を効率よくとる方法
 
 
関連記事>>>【世界一受けたい授業】肥満の原因は舌にあった!?『脂の味』が分からないと太りやすい体になる?【第6の味覚『脂味』】
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。



記事一覧へ