【きょうの料理】志麻さん『ガレットデロワ』デザートパイレシピ

【きょうの料理】志麻さん『ガレットデロワ』デザートパイレシピ レシピ

2024年1月10日(水)放送のNHK『今日の料理』タサン志麻の小さな台所~冬。伝説の家政婦志麻さん直伝スイーツ「ガレット・デ・ロワ」の作り方を紹介します。

テレビで紹介された放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>レシピの記事一覧はコチラ

>>きょうの料理の記事一覧はコチラ

>>志麻さんのレシピの記事一覧はコチラ

ガレット・デ・ロワ

【きょうの料理】志麻さん『ガレットデロワ』デザートパイレシピ

「ガレット・デ・ロワ」は新年を祝い1月6日に食べるフランスの伝統的なお菓子で、フランス語で「王様のケーキ」を意味するデザートです。サクサクのパイの中に潜むのは、まろやかなアーモンドクリームと、小さな陶器の人形・フェーヴ。今年の王様を引き当てるのは果たして誰か?美味しいだけでなく、そのワクワク感もたまらない一品です。

材料(作りやすい分量)

・冷凍パイシート(20cm四方)…2枚
・バター…100g
・砂糖…100g
・溶き卵…1個分
・アーモンドパウダー…100g
・薄力粉…10g
・ラム酒…大さじ1
・卵黄…1個分

作り方

【作る前にしておくこと】
・バターは常温に戻す
・オーブンは200℃に温める

①ボウルにバター、砂糖を入れ、ゴムべらでよく混ぜ合わせる。ペースト状になったら溶き卵を5回くらいに分けて少しずつ加え、そのつどよく混ぜ合わせる

②アーモンドパウダー、薄力粉を加え、ゴムべらでサックリと混ぜ合わせる。ラム酒を加え、さらに混ぜ合わせる

③パイシートは室温で半解凍にする。オーブン用の紙を天板に敷き、パイシート1枚を置く。卵黄に水小さじ1/2を加えて混ぜ合わせ、適量をスプーンでパイシートの縁の約1cm幅に塗る。②をパイシートの中央にのせて平らに広げ、好きな場所にフェーヴを埋める

④もう1枚のパイシートは手で全体を軽くのばしてから③にかぶせる。まず四隅を合わせて指でくっつけ、手で引っ張りながら指で縁を押さえて隙間なくとめる。残りの卵黄をスプーンで全体に塗り、包丁の背やフォークで縁に筋をつける。包丁の刃先で好みの模様をつけ、模様の上に6~8か所空気穴を開ける。200℃のオーブンで30~40分間焼けば出来上がり

全体に卵黄を塗ったあと、少し冷蔵庫に入れて乾かすと、模様をきれいにつけやすくなります。

おわりに

>>レシピの記事一覧はコチラ

>>きょうの料理の記事一覧はコチラ

>>志麻さんのレシピの記事一覧はコチラ

ガレット・デ・ロワ、ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました