【教えてもらう前と後】電子レンジで焼きりんごのレシピ!加熱すると栄養素が9倍

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【教えてもらう前と後】電子レンジで焼きりんごのレシピ!加熱すると栄養素が9倍

電子レンジでカンタン焼きりんご♪

こんにちは!
カズ()です。

 
10月1日(火)放送の『教えてもらう前と後』。
 
 
『健康パワーがアップ!栄養満点レシピ&食べ頃を見極める方法』というテーマで放送されました。
 
 
「1日1個で医者を遠ざける」と言われるほど栄養価の高いりんご
 
 
さらにパワーアップさせる食べ方が!
 
 
それは…焼きりんご
 
 

【管理栄養士の望月理恵子先生の解説】
「ダイエットや便秘に効果的なペクチンというのが含まれているんですが、加熱するとおよそ9倍に増えると言われています」

 
 
そう、りんごを加熱すると栄養素が9倍に!
 
 
でも焼きりんごはオーブンを使って20分以上焼かないとダメ、面倒ですよね…
 
 
しかしあることさえ知っていれば5分でできるんです。
 
 
教えてくれるのは、冷凍食品アドバイザーの西川剛史さんと電子レンジ料理研究家のタケムラダイさん。
 
 
今回は『健康パワーがアップ!栄養満点レシピ&食べ頃を見極める方法』の放送内容についてまとめてみました。
 
 
関連記事>>>【教えてもらう前と後】電子レンジで焼き芋のレシピ!低温加熱で甘みが劇的アップ

美味しいりんごの見分け方

今が旬のりんご、実は“あること”さえ知っていれば食べ頃を見極めることができるんです。
 
 
注目するのは皮。
 
 
食べ頃は…皮がツヤツヤのりんご
 
 
しかし、リンゴのツヤツヤをワックスだと思っている人が多い!?
 
 
これは間違い!
 
 
このツヤツヤはりんごの中から出てくるもので、それがピカピカ光っているように見えるんだとか。
 
 
品種にもよりますが、りんごは熟していくと劣化を防ぐために自らツヤを出して身を守ろうとするんだそう。
 
 
食べたときに「まだ硬い」と感じるのはツヤがないりんご。

電子レンジで焼きりんご

【電子レンジで焼きりんごの作り方】
 
1.リンゴを皮は剥かずに8等分にカットする
 
2.ラップに包んでから密閉袋に入れ、1日冷凍する
→りんごは冷凍すると繊維が崩れやすくなるため、加熱時間を短くできる
 
3.耐熱皿に乗せたりんごに、バター・グラニュー糖をかけて軽くラップする
 
4.電子レンジの600Wで5分加熱
 
5.バニラアイス・グラノーラ・メイプルシロップ・シナモンをかければ出来上がり

おわりに

電子レンジで焼きりんご、簡単で美味しそう(*´ω`)
 
 
関連記事>>>【教えてもらう前と後】電子レンジで焼き芋のレシピ!低温加熱で甘みが劇的アップ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。