【教えてもらう前と後】ホットバナナジュースでダイエット!美肌効果や免疫力UP

【教えてもらう前と後】ホットバナナジュースでダイエット!美肌効果や免疫力UP 美容
こんにちは!
カズ()です。

2020年3月3日(火)放送の『教えてもらう前と後』。

『免疫力UPでコロナ対策 ホットバナナの底力』というテーマで放送されました。

キング・オブ・フルーツのバナナ

たったひと手間で、感染症対策に重要な免疫力UPが期待できます。

バナナは体や肌の老化を防ぐ“抗酸化力”がとにかく高く、そのパワーは並みいる果物や野菜を抑えて食べ物でトップクラス。

そんなバナナを超簡単&健康に美味しく食べたい!

教えてくれるのは、監修したバナナ本『医者がすすめる!夜バナナで8割の不調は治る!』が5万部を突破した、松生クリニックの松生恒夫先生。

今回は『免疫力UPでコロナ対策 ホットバナナの底力』の放送内容についてまとめてみました。

バナナの基礎知識

バナナを食べる最高の時間帯は?

バナナを食べるのに最高の時間帯は?

答えは…夕方

【松生先生の解説】
「腸には活発に動くゴールデンタイムがあります。それが22時~2時あたりなんです」
「それを効果的に取り入れられるのが“5時バナナ”です」
腸のゴールデンタイムの数時間前。
夕方5時にバナナを食べると夕食の消化吸収が穏やかになり、整腸作用の促進がUP!
【松生先生の解説】
「実はダイエットにも絶大で、夕食前の“5時バナナ”をすることで無理なく食事制限をすることができるんです」
「つまり、太りにくい健康的な体を手に入れることができるんです」
腸に良い食べ方【夕方5時バナナ】

バナナの正しい保存方法は?

バナナを美味しく長持ちさせる置き方は?

答えは…そのまま山型に置く

置き方によって本当に違いが出るのか、バナナを10日間保存して検証してみました。

すると、籠に谷型に入れて保存したバナナは実が黒みがかって痛みが!

一方、逆さの山型に保存したバナナは傷んでいませんでした。

【“バナナ熟成加工のエキスパート”小坂恒季さんの解説】
「バナナを仰向けに置くと、房全体の重みで接地面が痛んでしまうんです」
バナナの保存方法【山型に置く】

ホットバナナジュースの作り方

いま若い女性たちの間で、バナナジュースがタピオカに迫る勢いで大ヒット中なんです。

砂糖はなし、完熟バナナと牛乳だけ、なのに優しい甘さと濃厚な味わい。

その中でも、この時期2人1人が買うという人気のジュースが『ホットバナナジュース』

【松生先生の解説】
「バナナは温めるとフラクトオリゴ糖という成分が増えるんです」
「オリゴ糖が増えることで、それをエサにする善玉菌が増えるので、腸内環境の改善免疫力のUPに繋がってくるんです」
ホットバナナジュースにすれば栄養や美味しさだけでなく、免疫力UPにも期待ができるんです。

【ホットバナナジュースの作り方】

1.バナナを皮ごと電子レンジに入れ、600Wで2分半加熱する
※発火するのを避けるため、バナナの先端や軸の黒い部分をカットし、最初は時間を短めに設定するなど注意してください

2.とろとろになった身をスプーンで皮からこそぎ落とす
→バナナの栄養が詰まった筋を丸ごと取ることができる

3.こそぎ落とした身をカップに入れてスプーンで潰す
→筋まで取れてミキサーいらず

4.牛乳150ccを入れて再び混ぜる

5.小さじ半分程度のショウガチューブを入れ混ぜる
→ショウガの保温効果+バナナの食物繊維=腸の活性化

6.再び電子レンジ600Wで1分加熱すれば出来上がり
→便秘改善や美肌にも期待!

春のバナナジュース【ホットで免疫力UP】

おわりに

バナナジュース、温めると良いなんて初めて知りました!

免疫力UPやダイエットのために毎日飲みたいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました