【マツコの知らない世界】ティラミスの世界まとめ|マツコ絶賛の和ティラミス

【マツコの知らない世界】ティラミスの世界まとめ|マツコ絶賛の和ティラミスグルメ

2021年12月21日(火)放送の『マツコの知らないティラミスの世界』。

イタリア料理研究家ベリッシモ・フランチェスコさんイチ押しティラミスを紹介します。

イタリアの本格的なティラミスが食べられるお店や、日本独自の進化を遂げた和ティラミス、抹茶ティラミス、日本酒ティラミス、豆腐ティラミスなどなど。

さらに自宅で簡単に作れるベリッシモさんオリジナルのクリスマスティラミスもご紹介!

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>マツコの知らない世界の記事一覧はコチラ

\博多もつ鍋送料無料♪/

マツコの知らないティラミスの世界

【マツコの知らない世界】ティラミスの世界まとめ|マツコ絶賛の和ティラミス

ベリッシモ・フランチェスコさんはイタリアと日本をまたに掛け、これまで1000種類以上のティラミスを食べてきた料理研究家です。

そんなティラミス通のベリッシモさんおすすめの絶品ティラミスを紹介します。

ちなみにティラミスとは「私を上に引っ張り上げて」という意味なんだそう。

日本独自の進化を遂げた和ティラミス3選

ベリッシモさんいわく「日本の柔軟性とアレンジ力はトップクラス!」。

イタリア生まれのティラミスが日本で独自の進化を遂げているんだそう。

そこでベリッシモさんおすすめ、日本オリジナルの和ティラミスを紹介します。

神ティラミス(京都森田製茶)

ベリッシモさんおすすめ和ティラミス「神ティラミス 6カップ入り税込3,240円」です。

京都南部の山中にある森田製茶の茶畑で作られた森田製茶の石臼挽き宇治抹茶を、まろやかなマスカルポーネチーズと合わせたティラミス。

甘味を引き立てる抹茶「おくみどり」を使用した贅沢な逸品です。

ベリッシモさんによると、イタリアと日本は苦みと甘みを合わせる文化が共通しているんだそう。

イタリア→エスプレッソ×チョコレートなど
日本→抹茶×練り切りや羊羹など
マツコさん「まず抹茶がウマい!なんでも抹茶味にするのは反対派なんですけど、抹茶ティラミスは美味しい。ティラミスに入っているチーズとかが抹茶に負けない」

豆腐まるごとティラミス(三代目茂蔵)

豆腐専門店「三代目茂蔵」の豆腐ティラミスです。

チーズを一切使っていないという和ティラミス。

通常よりも濃厚な豆乳で作った豆腐を使うことで、さっぱりしつつもまるでチーズのような食べ応えを実現しています。

日本酒ティラミス(パティスリーエルブランシュ)

大阪・門真市のケーキ店「パティスリーエルブランシュ」の日本酒ティラミスです。

ベリッシモさんが一口食べて唸ったという絶品の和ティラミスで、升に入った見た目の美しさも◎。

シロップに地元の日本酒を大量に加え、スポンジ生地にたっぷり染み込ませるのが最大の特徴です。

マスカルポーネと生クリームのムースを重ねれば完成。

一口食べれば日本酒が香る大人のティラミスです。

マツコさん「これ、めっちゃウマい!スポンジにびちゃびちゃに日本酒をかけて。スゴイ美味い」

ベリッシモさんによると、イタリアにはお酒を使ったドルチェ(スイーツ)がたくさんあり、黒ビールを使ったティラミスもあるんだそう。

日本酒ティラミスは本場イタリアとほぼ同じアルコール量を使用しています。

本場イタリアの味が楽しめるティラミス3選

ベリッシモさんおすすめ、日本で本場イタリアのくちどけティラミスが楽しめるおすすめの名店を紹介します。

エル ビステッカーロ デイ マニャッチョーニ(銀座)

銀座にあるイタリアン「エル ビステッカーロ デイ マニャッチョーニ」のヘーゼルナッツペーストのティラミスです。

シェフはローマで6年間修業したという山崎シェフ。

卵黄とチーズだけで作った本格カルボナーラが人気のお店です。

本場イタリアでは生クリームを入れず、卵とマスカルポーネチーズでクリームを作り、味の良しあしが卵に左右されるため鶏のエサにこだわった卵を使用。

さらにローマの家庭でよく使われるヘーゼルナッツペーストを入れてクリームの完成。

そして生地もスポンジではなく「サヴォイアルディ」というフィンガービスケットを使うのがイタリア流。

タランテッラ ダ ルイジ(白金高輪)

白金高輪にある南イタリア料理店「タランテッラ ダ ルイジ」のティラミスと季節のジェラートです。

シェフの寺床さんは本場ナポリでおよそ7年修業を積んだ本格派のピザ職人。

週末はお客さんの3~4割がイタリア人というベリッシモさん行きつけのお店です。

そんな本場イタリア人からも愛されるティラミスのポイントは、ナポリ名物の深煎りコーヒーで苦みをしっかり染み込ませたビスケット。

濃厚なクリームとビターなコーヒーがクセになる味わいです。

エンポリオ アルマーニ カフェ(表参道)

表参道にあるカフェ「エンポリオアルマーニカフェ」のティラミス エンポリオ アルマーニ スタイルです。

ティラミスが大好物だというジョルジオ・アルマーニ氏が

アルマーニはティラミスの作り方にもこだわり、隠し味としてイタリアの名物「アマレット」のゼリーが入っています。

アマレットとはアーモンドのような香りのするイタリアのリキュールのこと。
マツコさん「うわ~香ばしい、美味しい。アマレットのゼリーがポイントね」

家庭で作れるイチゴのティラミス

ベリッシモさんが本場イタリアの味「イチゴのクリスマスティラミス」の作り方を教えてくれました。

混ぜて冷やすだけ!自宅で簡単に作れるレシピです。

詳しいレシピは↓の記事でまとめています。

おわりに

>>マツコの知らない世界の記事一覧はコチラ

ベリッシモさんおすすめティラミス、ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました