【世界一受けたい授業】自宅でできるDIY健康診断!ほうれい線を目立たなくする方法

【世界一受けたい授業】自宅でできるDIY健康診断!ほうれい線を目立たなくする方法 美容
こんにちは!
カズ()です。

2020年3月7日(土)放送の『世界一受けたい授業』。

『若い人も要注意!隠れた病気が自宅で分かるDIY健康診断』というテーマで放送されました。

実は知らず知らずのうちに、体に病気の症状が出ていることがあるんです。

将来、健康で元気な生活を送るために若いうちから体の変化に気づくことが大切!

そこで、Do It Yourself(自分でやる)健康診断をご紹介します。

教えてくれるのは、東海大学医学部医学科客員教授の久保明先生。

【久保先生の解説】
「DIY健康診断はあくまで早期発見のヒント。テストで良くない結果が出た場合は、病院での精密検査を受診してください」

今回は『若い人も要注意!隠れた病気が自宅で分かるDIY健康診断』の放送内容についてまとめてみました。

腱鞘炎のセルフチェック

若い人の間で◯◯◯が原因で腱鞘炎が増加!

答えは…スマートフォンの使い過ぎ

【腱鞘炎のセルフチェック】
①腕をまっすぐに伸ばす
②親指を内側に握り込むようにして、軽くこぶしをつくる
③手首を小指側に曲げる
【ポイント】このとき手首の付け根に痛みがあるか確認する
④反対の手も同じように曲げる
手首の付け根に痛みを感じた人は腱鞘炎の疑いが!

スマートフォンを長時間使う人たちが多くかかるのが“ドケルバン病”。

別名『スマホ腱鞘炎』と呼ばれています。

片方の親指だけでスマホを操作を続け、親指を酷使していませんか?

これにより、親指と手首をつないでいる2本の腱と、腱を覆う腱鞘がこすれ合って炎症が起きているんです。

スマホ腱鞘炎どうすればいい?
【久保先生の解説】
「この痛みがある部位は親指の動きをコントロールする腱が通っているんです。ですから他の指を使うというような手段、もしくは親指の動きを少し制限するテーピングをする」
「もっとひどい場合は鎮痛剤ぬり薬で対処すると」

前立腺肥大症のセルフチェック

前立腺肥大症はおしっこの◯◯◯を確認すれば分かる

答えは…おしっこにかかる時間

【久保先生の解説】
「最近の研究で体重3kg以上のほとんどの哺乳類、たとえば猿でも象でも。排尿にかかる時間がだいたい21秒という研究結果が出ているんです」

あなたは自分が何秒間おしっこをしているか、測ったことはありますか?

排尿時間は長くて30秒が目安。

それ以上かかると加齢や肥満などが原因で、前立腺が肥大して尿が出にくくなる前立腺肥大症の恐れがあるんです。
【久保先生の解説】
「もちろん、体調や飲んだ水分の量によって長くなる時もあるので、一度ぐらい長くなったからといって神経質になる必要はありません」

ただし、短い排尿でも2時間以内に数回行くことが続いた場合は、泌尿器科を受診してみてください。

脳卒中のセルフチェック

力を入れずにあっかんべーと舌をまっすぐ出す

これでわかる病気は…

【久保先生の解説】
「脳の血管が詰まったり破れたりする脳卒中です。脳卒中の兆候がある人は、舌を出したときに確認できます」

脳の血管が詰まると舌の筋肉を動かす神経の働きが弱くなるため、舌のコントロールができなくなります。

あっかんべーと舌を出したとき、まっすぐ出しているつもりなのに舌が左右にずれたりけいれんが起きたら要注意!
【脳卒中の早期発見チェックポイント】
・あっかんべー
・しゃべり方
・口のゆがみ
・両腕を上げて片方の腕が下がる

口輪筋のセルフチェック

【口輪筋のセルフチェック】
用意するもの
・500mlのペットボトル
・100mlの水
①100mlの水を入れたペットボトルを、歯を使わずに唇だけでくわえる
②この状態で10秒キープ
【久保先生の解説】
「口の周りの筋肉を覆っている、口輪筋という筋肉の衰えをチェックすることができます」

口をしっかり閉じて鼻呼吸をすることで、ウイルスが体内に侵入するのを防いでいます。

鼻にはフィルター機能があり、ウイルスをせき止めてくれるんです。

しかし口輪筋が衰えると、自然と口が開いて口呼吸になってしまいます。

するとウイルスが体内に侵入しやすくなり、さらに花粉症やいびきなど様々な症状を引き起こす原因にもなるんです。
【久保先生の解説】
「加齢などによって口の機能が衰える『オーラルフレイル』という状態が注目されています」
「このオーラルフレイルになるとモノを飲み込む力が衰えて、誤嚥性の肺炎などの危険性が高まります」
「ですから口輪筋などの口周りの症状も定期的なチェックが必要になってきます」

口輪筋を鍛える『あいうべ体操』

【口輪筋を鍛える『あいうべ体操』のやり方】
①「あー・いー・うー・べー」と声を出して、口や舌を大きく動かす
※1日30回を目安に行ってください
【久保先生の解説】
「実はこの運動、ほうれい線を目立たなくするという効果も期待できます」
「ほうれい線が気になる方はやってみてください」

肺疾患のセルフチェック

【肺疾患のセルフチェック】
①左右の人さし指を曲げ、爪を向かい合わせでくっつける
②爪の間にひし形の空間ができているか確認する
【久保先生の解説】
肺がん気管支拡張症などの、おもに肺疾患の疑いがあるかどうかのチェックなんです」

人さし指を合わせて爪の間に隙間ができている人はOK

しかし中には隙間がなく、くっついてしまう人も。

実はこれ、“ばち指”と呼ばれる指のふくらみが原因。

肺がんや気管支拡張症といった肺疾患に伴って発生し、爪のあいだの隙間がなくなってしまうんです。

詳しいメカニズムはまだ分かっていませんが、悪性腫瘍などが生成するホルモンによって引き起こされるのではと言われています。

【久保先生の解説】
「ばち指の傾向があっても、必ずしも肺がんなどの病気にかかっているわけではありません」
肝臓などの疾患でもばち指になることがあります」
「ひとつの目安としてチェックしていただければと思います」

脳梗塞のセルフチェック

【脳梗塞のセルフチェック】
用意するもの
・同じコップ2つ
・お水
①ひとつのコップのフチすれすれまで水を入れる
②両手に一つずつコップを持ち、水を空のコップに移す
③水がこぼれないように注意しながら6回くり返す
【久保先生の解説】
「脳の血管が詰まる脳梗塞のセルフチェックの一つになります」
9割以上のお水が残ってない方は注意が必要です」
脳梗塞は脳血管が詰まることで脳神経細胞への血液が滞って、手や足など体のいたるところに運動まひが起こります。

そのため手先の細かい動きが不自由になり、水をこぼしてしまうんです。

【久保先生の解説】
「パーキンソン病の初期の方や、生理的な震えがひどい方でもできないことがあります」

おわりに

自宅で簡単にできるDIY健康診断。

定期的に行いたいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました