【最強ラーメン番付SHOW】全国ラーメンランキングベスト30順位結果一覧(2024年1月18日)

【最強ラーメン番付SHOW】全国ラーメンランキングベスト30順位結果一覧(2024年1月18日) グルメ

2024年1月18日(木)放送のTBSテレビ『今一番美味いラーメン決定戦!神の舌が選ぶ全国TOP30!最強ラーメン番付SHOW』。どんな料理でも味の違いが分かるトップソムリエが本気厳選!日本全国の本当に美味しいラーメンランキングベスト30の順位を発表します。

日本一に輝くのは…埼玉の醤油?千葉の支那そば?東京中華そば?神の舌が選ぶ都道府県の番付表ガチランキング!

テレビで紹介された放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>グルメの記事一覧はコチラ

>>エンタメの記事一覧はコチラ

  1. 最強ラーメン番付SHOW全国ラーメンランキングベスト30
    1. 第30位:【徳島県】王者-23
    2. 第29位:【大阪府】中華蕎麦 葛
    3. 第28位:【神奈川県】地球の中華そば
    4. 第27位:【京都府】麦の夜明け
    5. 第26位:【岩手県】津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー
    6. 第25位:【群馬県】らーめんダイニング庵
    7. 第24位:【岐阜県】麺切り白流
    8. 第23位:【滋賀県】麺や江陽軒
    9. 第22位:【山形県】中華そば琴の
    10. 第21位:【神奈川県】支那蕎麦屋 藤花
    11. 第20位:【北海道】雨は、やさしく
    12. 第19位:【福岡県】中華そば栄
    13. 第18位:【東京都】麺処ほん田
    14. 第17位:【福岡県】武志
    15. 第16位:【北海道】狼スープ
    16. 第15位:【静岡県】ラーメン ル・デッサン
    17. 第14位:【高知県】鶏と魚
    18. 第13位:【大阪府】貝と地鶏だしのらぁ麺 ちょろ
    19. 第12位:【愛知県】酒楽亭 空庵
    20. 第11位:【茨城県】つくばらーめん鬼者語
    21. 第10位:【三重県】鉢ノ葦葉
    22. 第9位:【東京都】Ramen Feel
    23. 第8位:【千葉県】支那ソバ 小むろ
    24. 第7位:【兵庫県】ぶたのほし
    25. 第6位:【広島県】塩そば まえだ
    26. 第5位:【埼玉県】らーめん かねかつ
    27. 第4位:【埼玉県】食煅 もみじ
    28. 第3位:【東京都】中華そば しば田
    29. 第2位:【兵庫県】ロックンビリーS1
    30. 第1位:【新潟県】麺屋 あごすけ
  2. 日本全国の地域別最強ラーメン店最新166軒一覧表
    1. 【九州地方】最強ラーメン店19軒
    2. 【北海道】最強ラーメン店10軒
    3. 【四国地方】最強ラーメン店6軒
    4. 【北関東】最強ラーメン店23軒
    5. 【関西地方】最強ラーメン店20軒
    6. 【東北地方】最強ラーメン店17軒
    7. 【東海地方】最強ラーメン店16軒
    8. 【南関東】最強ラーメン店25軒
    9. 【中国地方】最強ラーメン店17軒
    10. 【北陸地方】最強ラーメン店13軒
  3. おわりに

最強ラーメン番付SHOW全国ラーメンランキングベスト30

【最強ラーメン番付SHOW】全国ラーメンランキングベスト30順位結果一覧(2024年1月18日)

2000年以降にオープンした最新ラーメン店の中から、各種グルメサイトの高評価やマニアたちが絶賛する全国のラーメン店200軒以上を味覚のプロといわれるトップソムリエ10名が食べまくり!

その中から関東・関西・北海道・東北・九州・東海・北陸・四国・中国地方などガチで美味しい30軒を選出し、神の舌を持つ2人がランキング!

ソムリエ世界チャンピオン田崎真也さんと元ラーメン評論家の石神秀幸さんが本気で選んだ日本一のラーメンとは?

※第21位~30位にランクインした「ブロンズ賞」の10軒は正式な順位は発表されていません。番組内で紹介された順に30位からランク付けしています。

第30位:【徳島県】王者-23

スープのこだわりがすごい

徳島県徳島市にある「王者-23」です。

ランクインしたのはトロトロで甘い味付けの豚バラがのった醤油ラーメン「肉入り中華蕎麦(大) 1,000円」。

2日間かけて作る濃厚スープは豚肉を少ない水でドロドロに煮込んでうま味を凝縮させています。

それを甘口の醤油ダレと合わせて完成。

第29位:【大阪府】中華蕎麦 葛

 

この投稿をInstagramで見る

 

shin(@ramen_shin_blog)がシェアした投稿

スープのこだわりがすごい

大阪府大阪市にある「中華蕎麦葛」です。

ランクインしたのはレアチャーシューがのった「出し蕎麦 690円」。

ブレンダーで泡立てたスープが特徴で、ふわふわ泡で濃厚な鶏白湯スープにマー油でコクをプラスしています。

第28位:【神奈川県】地球の中華そば

 

この投稿をInstagramで見る

 

はらぺこ(@harapecooh)がシェアした投稿

スープのこだわりがすごい

神奈川県横浜市にある「地球(ほし)の中華そば」です。

ランクインしたのは海老ワンタンやロースチャーシューがのったキレのある塩味でボリュームのある中華そば「中華そば 塩 950円」。

鶏ガラ・丸鶏・背脂を5時間かけて煮込み、バターソテーした野菜と生野菜をたっぷり投入。

さらにしいたけ・昆布・ドライトマトなどを加え、うま味たっぷりのスープに仕上げています。

酸味とうま味のあるトッピングのトマトをスープに溶かすことで、味変で爽やかさとまろやかさを楽しめます。

第27位:【京都府】麦の夜明け

 

この投稿をInstagramで見る

 

麦の夜明け(@mugino_yoake)がシェアした投稿

スープのこだわりがすごい

京都府京都市にある「麦の夜明け」です。

ランクインしたのは炭火焼きチャーシューがのった中華そば「帆立と山椒の中華そば 940円」。

こだわりはオープンから継ぎ足しの醤油ダレ。

数種類をブレンドした白醤油に干し貝柱を入れ、さらに山椒を加えています。

山椒のパンチとホタテの風味が効いた、爽やかな風味にこだわった一杯です。

第26位:【岩手県】津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー

 

この投稿をInstagramで見る

 

nek(@nek.720)がシェアした投稿

考え抜いた魚のスープ

岩手県久慈市にある「津軽煮干中華蕎麦 サムライブギー」です。

ランクインしたのはたっぷりの煮干しダシで魚介風味抜群の醤油ラーメン「濁り煮干しソバ 850円」。

鶏や野菜が入ったスープに大きな煮干しを大量に投入し、合計9時間じっくり煮込んでいます。

あえて苦みを残すことで凝縮されたいわしの味を思う存分堪能できる一杯です。

第25位:【群馬県】らーめんダイニング庵

 

この投稿をInstagramで見る

 

w8lxxl3y(@w8lxxl3y)がシェアした投稿

考え抜いた魚のスープ

群馬県中之条町にある「らーめんダイニング庵」です。

ランクインしたのは煮干し風味たっぷりのコクのある塩ラーメン「味玉塩らーめん 1,000円」。

煮干し2種類と昆布をベースにした魚介ダシを、粉末にした干し貝柱、鶏油、塩ダレと合わせてまとめたスッキリ塩味。

20年間継ぎ足しの秘伝の煮汁で3時間炊いたバラ肉のチャーシューが絶品です。

第24位:【岐阜県】麺切り白流

 

この投稿をInstagramで見る

 

麺切り 白流B.B(@mengiri_hakuryu)がシェアした投稿

考え抜いた魚のスープ

岐阜県岐阜市にある「麺切り白流(はくりゅう)」です。

ランクインしたのはもも肉やワンタン、乾燥させた魚の粉末や柚子味噌玉子がのった「特製焼煮干しそば(白醤油) 1,150円」。

ハマチや削り節など魚介の風味を全面に出した醤油ラーメンです。

平打ちのちぢれ麺はつるつるもちもちの食感。

スープに使う魚はその日の仕入れ状況で変わるので、毎日味が違うんだそう。

第23位:【滋賀県】麺や江陽軒

 

この投稿をInstagramで見る

 

麺や江陽軒(@ko_yo_ken)がシェアした投稿

味が深く綺麗すぎるスープ

滋賀県彦根市にある「麺や江陽軒」です。

ランクインしたのは魚介風味の懐かしい王道中華そば「中華そば 1,000円」。

こだわりの一つは醤油ダレ、醤油は砂糖不使用のものを使用することで米麹のかすかな甘みが感じられます。

第22位:【山形県】中華そば琴の

味が深く綺麗すぎるスープ

山形県鶴岡市にある「中華そば琴の(こんの)」です。

ランクインしたのは昔ながらでも味つけは新しい中華そば「中華そば(あっさり) 850円」。

こだわりのポイントはタレと同じ醤油を表面に吹きかけ、香りを立たせていること。

シンプルな醤油ラーメンですが、スープには肉がついたままの鶏や豚、玉ねぎやかつお節などや野菜や魚介も加えています。

第21位:【神奈川県】支那蕎麦屋 藤花

 

この投稿をInstagramで見る

 

katsu(@katsu0827jp)がシェアした投稿

味が深く綺麗すぎるスープ

神奈川県横浜市にある「支那蕎麦屋 藤花(とうか)」です。

ランクインしたのはチャーシューが別皿の繊細な塩ラーメン「特製塩らぁ麺 1,300円」。

トッピングのクリスピー(パリパリした)なあられの食感がクセになる一杯です。

最後にやわらかく飲み干したくなる印象にするため、甘さが入ったあられをプラスしたんだそう。

第20位:【北海道】雨は、やさしく

 

この投稿をInstagramで見る

 

雨は、やさしく(@ameyasashiku)がシェアした投稿

北海道札幌市、札幌駅から車で約15分の場所にある「雨は、やさしく」です。

ランクインしたのはいりこ(煮干し)やかつお節の味が楽しめる味噌ラーメン「白肝煮干 味噌 1,100円」。

このお店の特徴はダシで使った昆布としいたけのガラを刻んだものと、鶏のレバーペースト。

白レバーを溶かして食べることで味変も楽しめます。

スープに使う煮干しの腸や内臓一切取らず、動物系食材は一切使っていません。

2種類の味噌は香ばしさを出すために一度焼き、味噌×魚介で香り豊かな濃厚スープに仕上げています。

ちなみにオーナーの東元卓哉さんはTBS日曜劇場「テセウスの船」原作者の東元俊哉さんの双子の兄弟なんだそう。

第19位:【福岡県】中華そば栄

 

この投稿をInstagramで見る

 

中華そば 栄(@chuukasoba.sakae)がシェアした投稿

福岡県福岡市、天神から徒歩で約13分の場所にある「中華そば栄」です。

ランクインしたのは爽やかな魚介の風味が味わえる豚骨醤油ラーメン「中華そば 880円」。

このお店のこだわりは鶏ベースの濃厚スープ。

鶏の足、豚の背骨と背脂を強火で身が無くなるまで煮込み、魚介類を合わせてじっくり数時間煮込んでいます。

鶏豚スープと魚介スープのWスープにさらに昆布やしいたけなどの和風ダシを重ね、合計10時間かけたこだわりのスープです。

和風ダシを追加して濃度を下げることでさらに爽やかな風味を楽しめます。

第18位:【東京都】麺処ほん田

 

この投稿をInstagramで見る

 

miho(@miiii0324)がシェアした投稿

東京都千代田区、JR秋葉原駅すぐそばの高架下にある「麺処ほん田」です。

ランクインしたのは真空低温調理の肩ロースと焼いたバラがのった醤油ラーメン「醤油 1,100円」。

鶏・とんこつ・魚系が合わさったスープと、小麦の香りが楽しめる麺が絶品です。

オーナーの本田裕樹さんは高校生からラーメン店でバイトや食べ歩きをしたのち、21歳という若さで東十条にお店をオープンし、4年前に今の秋葉原に移転したんだそう。

第17位:【福岡県】武志

 

この投稿をInstagramで見る

 

武志(@takeshi._0729)がシェアした投稿

福岡県飯塚市、新飯塚駅から車で約5分の場所にある「武志(たけし)」です。

ランクインしたのはリブロースやバラ肉の煮豚がのった醤油ラーメン「中華蕎麦 1,000円」。

福岡・香川・岩手の小麦をブレンドした手打ち平打ち麺は躍動感のある味わいで、打ち方や茹で加減も高評価。

スープにもこだわり、比内地鶏に加えて甘みとうま味を出すためだけに宮崎県産地鶏「押岡地鶏(熊田原農場)」の油だけを使用しています。

鶏のスープは入らないように上澄みの油だけを取って一時保存し、翌日ラーメンの鶏油に使うこだわり。

手打ち麺にこだわるあまり、週に3日の午前中だけしか営業できないのが悩みなんだそう。

第16位:【北海道】狼スープ

 

この投稿をInstagramで見る

 

とるてあ🍜(@toru_ramen)がシェアした投稿

北海道札幌市、札幌市内の中島公園のすぐそばにある「狼スープ」です。

ランクインしたのは信州の赤味噌などをベースに3種類の味噌をブレンドした味噌ラーメン「味噌らーめん 1,000円」。

麺は北海道産と外国の小麦をブレンドすることでコシをアップさせています。

スープは玉ねぎ・生姜・にんにく、隠し味のじゃがいもなど根菜や香味野菜をたっぷり使用。

味噌に合わせる魚介スープには煮干し・ゲソ・ホタテ・しいたけなど。

店主で長野県出身の鷲見健さんは1996年に北海道の有名店「すみれ」に弟子入りし、そのまま札幌に住み着いたんだそう。

第15位:【静岡県】ラーメン ル・デッサン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ⓡⓐⓜⓔⓝ(@ramen_to_men)がシェアした投稿

静岡県島田市、島田駅から車で約8分の場所にある「ラーメンルデッサン」です。

ランクインしたのはホロホロ鳥の胸肉とカイワレがのった醤油ラーメン「ほろほろ鳥だしのしょうゆラーメン 1,500円」。

フレンチシェフを30年やっていた店主の増田稔明さんが子育てのため地元・静岡へ戻り、心機一転し老若男女に愛されるラーメン店を開店。

岩手県産のホロホロ鳥の鶏ガラスープに合わせるのは白コショウとローリエのみ。

麺に使うのは北海道産小麦「春よ恋」、三重県桑名産のもち小麦、カナダ産セモリナ粉の3種類の小麦粉をブレンド。

セモリナ粉はパスタなどに使われ、もちっとした食感が出るのが特徴の小麦です。

このブレンド麺をなじませるため3回伸ばし、麺が崩れないように打ち粉をしたらスープとのバランスを考えて太さを1.36mmにカット。

さらに麺線をキレイに出すため丸めず二つ折りにするこだわり。

第14位:【高知県】鶏と魚

 

この投稿をInstagramで見る

 

@saba26mがシェアした投稿

高知県高知市、高知駅から車で約10分の場所にある「鶏と魚」です。

ランクインしたのはスープで煮込んだバラ肉がのった醤油ラーメン「地鶏醤油 900円」。

麺には小麦の殻まで全て使った全粒粉麺を使用しています。

こだわりはスープに使う地鶏の量。

地元・高知県のブランド地鶏「土佐ジロー」、高知県産シャモ、土佐はちきん地鶏の3種類の鶏ガラを1回のスープに16~17キロも贅沢に使用しています。

醤油ダレにはお隣り小豆島の生醤油など3種類をブレンド、濃厚かつうま味たっぷりのスープに仕上げています。

最後にかける鶏油は高知県産の高級鶏「ごめんケンカシャモ」で取った贅沢な油を使用しています。

第13位:【大阪府】貝と地鶏だしのらぁ麺 ちょろ

大阪府大阪市、大阪城から車で約7分の場所にある「貝と地鶏だしのらぁ麺 ちょろ」です。

ランクインしたのはアンデス高原豚と讃岐コーチンの味玉がのった「特製ちょろらぁ麺 塩 1,200円」。

麺は讃岐コーチンの生卵を混ぜた、ほんのり黄身の香りがするたまご麺を使用しています。

スープの塩ダレには干しムール貝をベースに牡蠣やホタテを贅沢に使用。

ダシにはカツオや煮干しをガッツリ入れ、魚介のうま味が凝縮したスープに仕上げています。

さらにこの魚介スープにお好みで北海道バターを加えるのもおすすめです。

第12位:【愛知県】酒楽亭 空庵

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒楽亭空庵(@shurakutei.kuuan)がシェアした投稿

愛知県名古屋市、名古屋駅から車で約30分の場所にある「酒楽亭 空庵」です。

ランクインしたのは車麩と鴨の砂肝がのった「鴨はちらーめん 1,280円」。

まずトッピングの鴨ネギ皿が提供され、ラーメンを味わう前の前菜としても楽しむことができます。

空庵のこだわりは鴨づくしのスープ。

血のうま味を生かすため、骨と身を細かく分けてそれぞれ部位と時間によって温度を変えながら丁寧に煮ています。

鴨のうま味だけが凝縮されたスープが絶品。

さらに麺をあえて超長くすることで、あっさりとしたサラサラのスープとの相性抜群に仕上げています。

第11位:【茨城県】つくばらーめん鬼者語

茨城県つくば市、つくば中央ICより車で約5分の場所にある「つくばらーめん鬼者語」です。

ランクインしたのは釜炊きチャーシューや鶏チャーシューがのった醤油ラーメン「鶏と水(醤油) 830円」。

11年前までプロの格闘家だった店主の大久保陽介さんが引退後の2016年に開店しました。

キレイな100%鶏から取ったスープは“幻の鶏”と言われる熊本県産「天草大王」を使用。

レバーや砂肝などの内臓や血もそのまま使い、アクも取らずに11時間煮込んでいます。

醤油ダレにもこだわり、真鯛のアラに酒数種類をフランベさせて甘みを追求。

第10位:【三重県】鉢ノ葦葉

 

この投稿をInstagramで見る

 

らめる(@ra__meln)がシェアした投稿

三重県四日市市、近鉄四日市駅から徒歩12分の場所にある「鉢ノ葦葉(はちのあしは)」です。

ランクインしたのは豚肩ロースや生姜が効いたワンタン、熊野地鶏のちゃーしゅー(ムネ/モモ/ササミのミックス)がのった「塩らー麺 1,300円」。

店主が選び抜いた塩は国産原料だけで製造された角のない瀬戸内海の塩。

さらにこだわりなのが季節ごとに乾燥させた野菜を入れて塩ダレにひとアクセントを加えること。

スープに負けない、でも濃すぎない、絶妙なバランスにこだわっています。

さらに揚げたネギを加えることでアクセントをプラス。

第9位:【東京都】Ramen Feel

 

この投稿をInstagramで見る

 

ⓡⓐⓜⓔⓝ(@ramen_to_men)がシェアした投稿

東京都青梅市、青梅駅から車で10分の場所にある「Ramen Feel(ラーメンフィール)」です。

ランクインしたのは鶏もも肉やローストしたシャキシャキのカブがのった塩ラーメン「塩らぁ麺 1,230円」。

自家製の丸い麺には卵を使用しています。

こだわりはスープに使う地鶏と豚の絶妙なバランス。

そして全て海塩を使った塩ダレでよりバランスの取れた味に仕上げています。

第8位:【千葉県】支那ソバ 小むろ

 

この投稿をInstagramで見る

 

yo kohama(@yo_adbaka)がシェアした投稿

千葉県市川市、行徳駅から徒歩5分の場所にある「支那そば 小むろ」です。

ランクインしたのは焼豚チャーシューとショウガ入りワンタンがのった塩ラーメン「ワンタンメン塩 1,080円」。

スープは豚骨や鶏ガラなどの動物系スープを8時間以上、魚介系スープを1時間煮込んだものを1:1の比率で合わせたWスープ。

ワンタンは麺と同じ小麦粉を使用していますが、つるやか・なめらかな食感に仕上げることで歯応えのある麺との食感の対比が楽しめます。

ちなみに店主の小室晋介さんはお笑いコンビ「錦鯉」の渡辺隆さんとは高校の同級生なんだそう。

第7位:【兵庫県】ぶたのほし

 

この投稿をInstagramで見る

 

aki takada(@butanohoshi)がシェアした投稿

兵庫県尼崎市、JR尼崎駅から徒歩約10分の場所にある「ぶたのほし」です。

ランクインしたのは豚バラチャーシューやなると、自家製メンマなどがのった豚骨ラーメン「とんこつラーメン 950円」。

店主の高田景敏さんはリーマンショックの影響でラーメンの世界へ転身、ラーメン店「無鉄砲」で約9年間修業したのち今のお店をオープンしました。

エサや生活環境など健康に育った豚は口の中で溶ける脂によりナッツ系の良い香りがするんだそう。

麺をしっかり噛んで食べていっても濃厚なスープが口の中から無くならないので、麺とスープが同時に口から消える仕立て。

田崎真也さんいわく、スープはスペインの辛口のシェリー酒ワイン「アモンティリャード」と合わせられるとのこと。

第6位:【広島県】塩そば まえだ

 

この投稿をInstagramで見る

 

塩そば まえだ(@shiosobamaeda)がシェアした投稿

広島県三原市、三原駅から車で約5分の場所にある「塩そば まえだ」です。

ランクインしたのは刻み柚子皮と低温調理した瀬戸内六穀豚肩ロースがのったシンプルな塩ラーメン「塩そば 900円」。

店主の前田晋吾さんはラーメンを作るために脱サラし、大阪にあるラーメン学校で学んだのち1年後の2016年にお店をオープンしました。

スープは瀬戸内の煮干し・大分県産乾ししいたけの軸・北海道産昆布を1日かけて冷蔵庫で水出しし、翌日火にかけて濾しています。

苦味やエグみの元であるアクはあえて取らないのがポイント。

さらに鹿児島県産かつお節を高温でじっくり煮出してうま味を抽出し、スープの元に。

塩ダレはダシに発酵調味料とひと煮立ちさせたりんご酢を入れて熱し、塩分調整は瀬戸内の海水塩を使用、さらにホタテ・昆布・さば・うるめいわしの粉末を入れてうま味を重ねたこだわりの塩ダレ。

さらにもうひと手間、米油にみじん切りしたにんにくを入れて焦がす寸前まで熱し、ミキサーでより細かくしたにんにく油を加えることで、魚介ダシにひとアクセントをプラスしています。

第5位:【埼玉県】らーめん かねかつ

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝕂𝕖𝕟.𝕂(@ken_bo1106)がシェアした投稿

埼玉県さいたま市、北浦和駅から徒歩3分の場所にある「らーめん かねかつ」です。

ランクインしたのは鶏と豚の3種のお肉がのった「らーめん肉 三昧 1,900円」。

麺は2種類の国産小麦をメインにした平打ちちぢれ麺を使用しています。

このもちもちの麺に合わせるのが節系と動物系のシンプルなWスープ。

平打ちのちぢれがサラサラスープをしっかりすくい上げてくれます。

そしてこのラーメンに欠かせないのがトッピングの肉3種。

イベリコ豚、ホロホロ鳥、ホロホロ鳥の胸肉、それぞれを最適な火加減で調理するこだわりよう。

第4位:【埼玉県】食煅 もみじ

埼玉県久喜市、久喜駅から車で約10分の場所にある「食煅(じったん)もみじ」です。

ランクインしたのは炭火焼きチャーシューや豚の角煮、低温調理の豚ロースなどがのった醤油ラーメン「特製中華そば 1,400円」。

このラーメンのこだわりは香り。

スープからは地鶏の豚の甘い香り、そして貝中心のダシからは爽やかな魚介の香り。

さらに搾りたてそのままの生醤油の芳醇な香りも感じられる一杯。

チャーシューはスモークと炭火で香ばしく焼き上げています。

第3位:【東京都】中華そば しば田

 

この投稿をInstagramで見る

 

はらぺこ(@harapecooh)がシェアした投稿

東京都調布市、仙川駅から車で約5分の場所にある「中華そば しば田」です。

ランクインしたのは2種類の釜焼きチャーシューがのった醤油ラーメン「中華そば 1,100円」。

こだわりはダシの取り方、肉の部位ごとに火にかける時間を変えて丁寧にダシを抽出。

最後に地鶏から出た鶏油で蓋をして熱々をキープしています。

さらにこだわりの醤油ダレは桶仕込みの醤油をメインに、醸造時期や種類が違う9種類の醤油をブレンド。

第2位:【兵庫県】ロックンビリーS1

 

この投稿をInstagramで見る

 

kikki(@kikki_0913)がシェアした投稿

兵庫県尼崎市、JR塚口駅から徒歩約10分の場所にある「ロックンビリーS1(スーパーワン)」です。

10年前まで地元・東京都町田市で「ラァメン家 69N”ROLL ONE」という超人気店を営んでいた店主の嶋崎順一さんが「関西の人にも食べてもらいたい!」と兵庫県尼崎市に移転し、今では行列ができる名店に。

ランクインしたのは豚ロースのチャーシューや栃木県那須塩原産の軟白ネギ「白美人」、そして醤油の香り豊かな長い穂先メンマがのった醤油ラーメン「尼ロック(醤油らぁ麺) 1,150円」。

鶏のリッチな香り、細麺と鶏油の絡みが特徴の醤油ラーメンです。

スープの材料は比内地鶏と逆浸透膜でろ過した純水のみを使用。

水に丸鶏と鶏ガラを入れて2~3時間かけてゆっくり80℃まで上げ、その間に火を微調整することで鶏のうま味を余すことなく抽出しています。

タレのベースは熟成期間と味が異なる10種類をブレンド。

そこにたまり醤油、さらに特製ビネガーを一滴入れるのがこだわり。

ちなみに鶏肉から出る油の鶏油をふんだんに使用した手法は、店主の嶋崎さんが2005年に確立させたものなんだそう。

第1位:【新潟県】麺屋 あごすけ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラーメン大好き130(@yamatheki.13)がシェアした投稿

新潟県上越市、上越ICから車で約7分の場所にある「麺屋 あごすけ」です。

知る人ぞ知るラーメン激戦区と言われる新潟県から見事日本一に輝いた究極のラーメンが「鶏塩上湯麺 1,000円」。

元々は高輪プリンスホテルの中華料理人だった店主の月岡二幸さんだからこそできる中華の技法を最大限に生かしたラーメンです。

店名になっているダシの主役であるやきあごは佐渡と九州のものをブレンドしています。

動物系のダシには地元・新潟県産養生鶏を使用。

さらに乾燥きのこや山芋、ドライトマトなどの食材と熟成1年の自家製生ハムを入れ、火加減を見ながらゆっくり煮ています。

1か月半じっくり熟成発酵させてうま味が増した塩ダレに、まずは鶏・生ハムなどで取ったスープと麺を入れ、最後にあごだしのスープを重ねるようにして完成。

別皿で提供しているトッピングの肉にもこだわり、もも肉には蜂蜜とお酒を塗ることでほんのり甘く皮はカリッと。

日本全国のラーメンの頂点に立つ、これぞまさに今食べるべき至極の一杯です。

日本全国の地域別最強ラーメン店最新166軒一覧表