【この差って何ですか?】写真うつりを良くしてインスタ映え!自撮りを劇的に可愛くする方法

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【この差って何ですか?】写真うつりを良くしてインスタ映え!自撮りを劇的に可愛くする方法

自撮りのコツを覚えてインスタで活用しましょう

こんにちは!
カズ()です。

 
7月16日(火)放送の『この差って何ですか?』。
 
 
『写真うつりが良い時と悪い時の差』というテーマで放送されました。
 
 
今スマートフォンが普及したことなどによって、写真を撮る機会が増えましたよね。
 
 
でも写真うつりが良い時もあれば悪い時もありませんか?
 
 
街で50人の女性に聞いたところ、そのうち47人が「写真うつりが悪い時がある」と答えたんです。
 
 
では写真うつりはどうしたら良くなるんでしょうか?
 
 
教えてくれるのは、写真うつりに関する書籍を多数執筆し、各芸能事務所から
「この人に宣材写真を撮ってもらうとオーディションに合格しやすい」と大評判のプロカメラマン、薮田織也さん。
 
 

【薮田さんの解説】
「ほとんどの方がご存じないんですけれども、写真うつりを良くするポイントは結構簡単なところがあるんです」
「写真て動画と違って一瞬だけなんで、その一瞬にある簡単なコツを掴むだけで劇的に良くなるんです」

 
 
そこで番組では街で聞いて多かった、
 
 

・笑顔が不自然になる
・太って見える
・可愛く自撮りしたい

 
 
これら3つのお悩みを一発解決するコツをプロカメラマンの薮田さんに伝授してもらいます!
 
 
今回は『写真うつりが良い時と悪い時の差』の放送内容についてまとめてみました。

笑顔が不自然になる→撮る瞬間に『ウイスキー』

どうしたら自然な笑顔が作れるようになるんでしょうか?
 
 

【薮田さんの解説】
「よく昔からやっている『ハイチーズ』というのがありますけども、あれは実は間違いなんですね」
「撮る側が言うんじゃなくて撮られる側に『ある言葉』を言ってもらうんです。その言葉を言うタイミングに合わせてシャッターを切ってもらうと、良い笑顔が撮れます」

 
 
そのある言葉とは…『ウイスキー』
 
 
『ウイスキー』と言うと自然と口角が上がるため、その瞬間にシャッターを切ってもらうことで自然な笑顔の写真が撮れるんです。

太って見える!→画面の中央に寄る

実は太って見える写真には、ある共通点があるんですが…
 
 

【薮田さんの解説】
「写真にうつった時に自分が太って見えている人の共通項が、『写真の端に写っている』」
「スマホの場合ですけれども、真ん中にうつるよりも左右の隅でうつる方が顔や体が広がって見えるんです」
 
「これはスマホに使われているレンズの性質のせいなんですね。スマホのカメラに使われているレンズは『広角レンズ』というレンズが使われているんです」
「この広角レンズの特性なんですが、画面の端にうつるものが引き延ばされてしまう性質があるんです」
「どのくらい広がるかというと、中央よりも20%ほど広がってしまうんです」

 
 
ではどれくらい中央に寄ってうつれば太って見えないのでしょうか?
 
 

【薮田さんの解説】
「(スマホ画面の)横幅を10にしますと、6の範囲内に入っていればあまり伸びたようには見えません」
「4人でうつる時なんかは横に並ばずに6の範囲内に収まるように、後ろ側に2人立つような感じでやると良いですね」

可愛く自撮りしたい

今SNSで上げる写真を撮るために自撮りをする人も多いと思いますが…
 
 
ほとんどの方はアプリを使って目を大きくしたり小顔にしたり、自分の理想の顔に加工していたんです。
 
 
しかし、プロカメラマンの薮田さんから意外な事実が。
 
 

【薮田さんの解説】
「スマホで自撮りをする時にアプリで加工したりという方法も楽しいんですけれども、実は自撮りには誰でも実物以上に可愛く撮れる黄金の法則があるんです」

 
 

①腕を鼻の高さよりも20度高く

 
 
実は多くの方が、『スマホを持つ腕を上げる高さ』が間違っているんです。
 
 

【薮田さんの解説】
「自撮りに慣れていない人は、カメラのレンズの高さが鼻の位置と一直線にあるんです」
20度腕を上げてください。それだけで変わります」

 
 
自撮りをする時に腕を20度上げるだけで、上目づかいになり目がパッチリとした印象に。
 
 
ただこの時、腕と一緒にアゴを上げないように注意してください。
 
 

②スマホを傾けて自分の頭を画面の四隅に入れる

 
 

【薮田さんの解説】
「そこに今度は斜めを加えます
「アゴの部分があまりゆがまない。端に行くほどゆがみますから、フェイスラインがシュッとなっていく。端がダメなんじゃなくて、それを逆手に使う」

 
 
実物以上に見せる自撮りの黄金法則は
 
 

①腕を鼻の高さよりも20度高く
②スマホを傾けて自分の頭を画面の四隅に入れる

 
 
たったこれだけで、普通に撮る自撮りよりもとっても良い仕上がりになるんです。

証明写真のうつりの悪さを解決するコツ

いつもうつりが悪い証明写真をなんとかしたい!
 
 
街の女性に聞くと二重アゴや目つきがキツいなど、多くの方が証明写真が上手く撮れないと悩んでいたんです。
 
 
実は証明写真のうつりが悪くなるのにはある意外な理由があったんです。
 
 

【薮田さんの解説】
「証明写真を撮る時に『アゴを引いてください』と言われることが多いと思うんですね。このアゴの引き方が間違っているんですね」

 
 
証明写真を撮る時にアゴを引いて撮ると思いますが…
 
 
実はアゴを引くと二重アゴになりやすく、さらに上目づかいになって目線もキツくなってしまうんです。
 
 
では証明写真のうつりを良くするにはどうすれば良いのでしょうか?
 
 

【薮田さんの解説】
「実はアゴを引くのではなくて、アゴを前に出すんです

 
 
証明写真のうつりを良くするにはアゴを約5cm前に出すのがイイんです!
 
 

【薮田さんの解説】
「動画と違って写真の場合はカメラの方向しかうつらないわけですから。アゴを前に出すことによって頬の周りの肉が引っ張られるので、二重アゴになる方もこれでやると二重アゴにならない」

おわりに

ちょっとしたコツでインスタ映えしそうな自撮りが撮影できちゃいますね(*’ω’*)
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ