【元コンビニ店員の独白】深夜勤務を週5日14年間続けて健康にどんな影響があったか教えます【メリットデメリット】

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

深夜勤務はほとんどデメリットだらけです

こんにちは!元コンビニ店員の
カズ()です。

 
僕は数年前までおよそ14年間コンビニの深夜で働いていました。
 
 
週に5日、夜の21時から早朝の5時までの勤務だったので昼夜逆転で完全な夜型人間になっていましたね。
 
 
そうなると、当たり前ですが身体やメンタルにもいろいろな影響が出てきます。
 
 
メリットもあればデメリットもありました。
 
 
まあほとんどがデメリットでしたが…(笑)
 
 
今回は『深夜勤務を週5日14年間続けて健康にどんな影響があったか』について書いてみようと思います。

メリット:肌が老化しにくい

深夜勤務は通勤時にはすでに日が暮れていて、退勤時もまだ日が昇っていないような時間帯。
 
 
つまり毎日ほぼまともに日光を浴びることがありません。
 
 
日光に当たらないと、単純に太陽の光に含まれる紫外線を浴びる量も減るので肌の老化が遅くなります。
 
 
具体的には
 
 

・日焼けせず色が白い
・しわが少ない
・シミがない
・たるみがない

 
 
などです。
 
 
なぜなら、これらはほとんどが紫外線を浴びることによって引き起こされるからです。
 
 
特に僕は14年間ずっと深夜勤務だったので、昼間働いている一般の同年代と比べると圧倒的に紫外線を浴びていないと思います。
 
 
なので同年代の人からはもちろん、僕より3~4歳下の初対面の人からも必ずと言っていいほど年下に見られます。
 
 
職業訓練に通っていたときも、それまでずっとタメ口で話しかけられていたのが、年齢を教えた途端に敬語で話され始めて…なんてこともありました(笑)
 
 
まあ老けて見られるよりはいいですが、やっぱりちょっと複雑な気持ちになりますね(;´∀`)
 
 

これでも一応メリット…なのか?汗

デメリット:マイナス思考になる

こちらは同じ『日光をほとんど浴びなくなる』という理由でもデメリットの方ですね。
 
 
脳内の神経伝達物質の一つにセロトニンというものがあります。
 
 
このセロトニンは『幸せホルモン』とも言われていて精神の安定に深く関わっているんですが、この物質は太陽の光を浴びることで体内で生成されます。
 
 
なので夜型の生活で日中ほとんど外出しないと、日光を浴びることがなくなるので体内でセロトニンが作られなくなってしまうんです。
 
 
確かに、当時は考えることすべてが後ろ向きでしたね。
 
 
そして今よりもくよくよしがちな性格だったと思います。
 
 
>>>【セロトニン】毎日の通勤時に意識してウォーキングを取り入れたら健康的な生活が手に入ったというお話【幸せホルモン】
 
 
ただでさえ接客業で神経がすり減っているのに加えて、セロトニン不足でマイナス思考の加速。
 
 
これがさらに進んでいたら間違いなく鬱になっていたかもしれませんね…

睡眠の質が悪くなる

他にもセロトニンは『睡眠ホルモン』とも呼ばれるメラトニンの原料になります。
 
 
なので、セロトニンが不足するとそれに伴って睡眠の質にも影響が出てきます。
 
 
夜勤だった僕はだいたいお昼過ぎごろから寝始めていたんですが、寝つきは良くなかったですね。
 
 
そのせいか仕事中にぼーっとなることが多かったです。
 
 
頭が冴えないというか集中力が欠けているような感じというか…
 
 
ちなみに、セロトニンの生成には太陽の光を肌に5分間浴びるだけでも効果があるそう。
 
 
なので、毎朝手のひらを太陽にかざして5分間浴びてみてくださいね。
 
 
ただしガラスなどの窓越しではなくて直接浴びるのが良いそうです。

デメリット:太りやすくなる

夜型の生活だと日中で歩くことが少なくなるので、買い物をするにもコンビニに頼りがちになってしまいます。
 
 
スーパーになかなか行けないので野菜が手に入れにくくなります。
 
 
するとどうしても揚げ物やコンビニのお弁当中心の食生活に。
 
 
そのせいか、特にお腹まわりはどんどんヤバくなっていきましたね…(笑)
 
 
ダイエットのためにジョギングをやるにしても、深夜勤務が終わるのは早朝の時間帯。
 
 
心身ともにクタクタな状態でそこから走りに行くのは大変です。
 
 
なので、仕事が休みの日になんとか走りにいくという感じでした。
 
 
ただ、やはりその程度ではほとんど効果はありませんでしたが(;´∀`)

デメリット:外出する機会が減る

これについては健康面に対する影響ではありませんが、個人的にかなりのデメリットだと感じたので書いておきます。
 
 
これまでにも書きましたが、深夜勤務をすることで完全な昼夜逆転の生活になっていたので日中に外出する機会そのものが極端に減りましたね。
 
 
昼間はとにかく眠たいので、スーパーへの買い物はもちろんちょっとした遠出なんかも気が進みませんでした。
 
 
仕事が終わった直後の朝方まではなんとか大丈夫なんですが、昼前になると眠気に襲われて外出するどころではありませんでした。
 
 
当然友達付き合いも悪くなっていきます。
 
 
遊びに行くにしても転職活動するにしても、昼間に活動できないとなるとあらゆる選択肢がかなり狭まりますね。
 
 
そして、外出する機会が減ると日光を浴びる機会もさらに減っていき…負の無限ループ汗
 
 
ある意味これが深夜勤務の影響の中でも一番のデメリットだったかもしれません。

おわりに

まとめます。
 
 

・メリット:肌が老化しにくい
・デメリット:マイナス思考になる
・デメリット:睡眠の質が悪くなる
・デメリット:太りやすくなる
・デメリット:外出する機会が減る

 
 
こうして並べてみると、やっぱり圧倒的にデメリットの方が多いですね…
 
 
昼間よりも時給が高いからという安易な理由で深夜勤務で働いていましたが、結果的に多くのものを失った気がします(笑)
 
 
結論としては『コンビニの深夜勤務なんて長くやるようなもんじゃない』ですね(;´∀`)
 
 
コンビニの深夜営業を継続するかどうかが話題になっていますが、夜中は別に閉店してもいいのではと個人的には思います。
 
 
>>>【元コンビニ店員の独白】コンビニの深夜勤務は人手不足!その理由は24時間営業!?
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。



記事一覧へ