【ミヤネ屋】投資特集まとめ『貯蓄から投資へ』資産所得倍増プランとは

【ミヤネ屋】投資特集まとめ『貯蓄から投資へ』資産所得倍増プランとはライフハック

2022年6月6日(月)放送の『宮根屋』。

「貯蓄→投資へ」というテーマでNISAやiDeCoなどを始めとした投資の特集が放送されました。

政府が掲げる「一億総株主化」とは?

投資について教えてくれるのは三井住友銀行元支店長の菅井敏之さんです。

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

投資特集「貯蓄から投資へ」まとめ

【ミヤネ屋】投資特集まとめ『貯蓄から投資へ』資産所得倍増プランとは

資産所得倍増プランとは

岸田首相が打ち出した新しい資本主義の実現に向けた「資産所得倍増プラン」。

自民党は「資産所得の向上を図り消費を拡大させるには国民一人一人が一億総株主として成長の果実を享受できることが重要」と提言しました。

岸田首相「貯蓄から投資。我が国個人の金融資産は2000兆円。その半分以上が預金・現金によって保有されている。『資産所得倍増プラン』によって眠り続けてきた1000兆円の預貯金をたたき起こし、市場を活性化するための仕事をしてもらう」

タンス預金が過去最高額に

【家計の金融資産内訳】
米国…貯蓄13%、投資55%、その他32%
欧州…貯蓄34%、投資30%、その他36%
日本…貯蓄54%投資16%、その他30%

アメリカやヨーロッパと比べ、日本は銀行などに貯金したり“タンス預金”として現金で持ったりしている人の割合が圧倒的に多いそうです。

家計の金融資産の総額2023兆円のうち1092兆円が現金または預金で、タンス預金は去年12月の時点で過去最高額の107兆円に。

貯金をする理由…「手元に現金がないと不安」「自分で蓄えて自分で将来設計した方が確実」など。

タンス預金のリスクとは

元メガバンク支店長の菅井敏之さんによると、日本人が投資を避ける理由として「儲けたいというよりも損したくない」というメンタリティーが強く、リスクをとにかく避けたがる国民性なのが挙げられるんだそう。

しかしタンス預金にも意外なリスクがあるそうです。

【タンス預金のリスク】
・災害や盗難
・保管場所を忘れる
・インフレ
・遺産相続の際にトラブルに
など

非課税制度「iDeCo」「NISA」

iDeCo(個人型確定拠出年金)…掛け金と運用先を自分で決める私的な年金。対象年齢は20~65歳未満、投資額は月5000円から10000円単位で設定できます。

NISA(少額投資非課税制度)…日本在住の20歳以上が利用可能(来年1月以降は18歳以上)、利益が非課税になります。

一般NISA…年間120万円までの投資に対する利益が最長5年間非課税。可能な投資先は株式・投資信託など。

つみたてNISA…年間40万円までの投資に対する利益が最長20年間非課税。可能な投資先は投資信託。

投資をするメリットとは

菅井敏之さん「経験上、多額の貯金を取り崩しながら暮らすよりも、配当金・分配金・家賃など新しいお金が入ってくる仕組みを持つほうが人の心を明るくする。残したいモノ、応援したい会社のモノを買う消費という形の投資もある

ただし投資を始める際に気を付けるべきポイントとして「どうしてそこに投資をするのか」を自分で理解し、人に説明できるようになっておくことが大切なんだそう。

投資をしている・していない理由

番組では500人に緊急アンケート調査を実施。

投資をしている…185人(37%)投資をしていない…315人(63%)という結果でした。

【投資をしている理由(複数回答)】
・老後の生活資金…110人
・生活レベル向上のため…49人
・病気・ケガへの備え…29人
・こどもの教育資金…27人
など
【投資をしていない理由(複数回答)】
・リスクを感じる…124人
・知識がない…118人
・資金がない…108人
・興味がない…67人
など

“投資家”デーブ・スペクターさんの意見

アメリカ人コメンテーターで投資家の一面も持つデーブ・スペクターさんが投資を始める際に気を付けるべきポイントを教えてくれました。

デーブ・スペクターさん「僕は結構自慢なんですけど、積極的に投資を30年ぐらいかな、ファンド(投資信託)をいろいろ買って。タンス預金じゃなくて“タンス投資”と呼んでるんですが、買ってからはもう忘れる、放っておく。いちいち見て下がってるからと手放したら失敗します、専門知識がないから。リーマンショックの時でさえわざと見なかった。リーマンショックの後で何年も経ってから、やっぱり上がってます」

投資本「ジェイソン流お金の増やし方」が大ヒット中で、企業の役員も務める“二刀流芸人”としても知られる投資家の厚切りジェイソンさんは15年前から投資信託だけを運用し続け、約2年前にはついにFIRE(経済的自立)を達成したそうです。

デーブさんがどこの国の銘柄に投資しているかまでは話されていませんでしたが、アメリカ人なのでおそらく厚切りジェイソンさんと同じく母国の米国株だと思われます。

おわりに

非課税で少額から始められるつみたてNISAを利用した投資信託は堅実主義の日本人にもぴったりな投資法だと改めて感じました。

ぜひ参考にしてみてください。

【初耳学】投資信託『VTI』厚切りジェイソン流お金の増やし方&リスク軽減
2022年2月27日(日)放送の『日曜日の初耳学(林先生の初耳学)』初耳トレンディ。 厚切りジェイソンさんおすすめの楽天証券で行うリスクの少ない楽天VTIへの投資法をまとめました。 著書でAmazonのビジネス書ランキング1位に...
【初耳学】投資専門家が伝授!LINE投資アプリで初心者から始める株式投資
2021年10月24日(日)放送の『日曜日の初耳学(林先生の初耳学)』初耳トレンディ。 投資専門家が初心者にもできる投資のやり方や注意点を教えてくれました。 スマホの投資アプリなどの導入でより手軽で身近になった投資について、初心...
【サタプラ】厚切りジェイソン流節約術|お金を貯めて増やす投資生活とは
2022年5月7日(土)放送の『サタデープラス』。 「投資本が大ヒット!厚切りジェイソンの1日に密着」というテーマで放送されました。 2015年にお笑い芸人としてブレイクした厚切りジェイソンさん。 あれから8年がたった今、...
【世界一受けたい授業】知って得するお金検定|税理士おすすめの資産形成とは
2022年5月21日(土)放送の『世界一受けたい授業』。 「高校でお金の授業が必修化!知らないとマズい今日から得するお金検定」というテーマで放送されました。 知って得するお金の知識について教えてくれるのは税理士の大河内薫先生(3...

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました