【マツコの知らない世界】クリスマス絵本の世界!紹介されたおすすめ絵本一覧

【マツコの知らない世界】クリスマス絵本の世界!紹介されたおすすめ絵本一覧話題のモノ

2022年12月20日(火)放送の『マツコの知らないクリスマス絵本の世界』。絵本が好きすぎて本屋を開いた主婦・内田早苗さんおすすめのクリスマス絵本を紹介します。

子供に読んであげたい絵本から、プレゼントにも最適なお洒落な絵本まで、子供も大人も楽しめる絵本の世界をご紹介!

テレビで紹介された放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>話題のモノの記事一覧はコチラ

>>マツコの知らない世界の記事一覧はコチラ

マツコの知らないクリスマス絵本の世界

【マツコの知らない世界】クリスマス絵本の世界!紹介されたおすすめ絵本一覧

内田早苗さんいわく「12月は絵本の“旬”。絵本作家が最も気合を入れるのがクリスマス」。

そこで2000冊以上の絵本を集める絵本マニアの主婦・内田早苗さんが厳選したおすすめのクリスマス絵本を紹介します。

子どもの想像力を育む!おもしろサンタ3選

内田早苗さんいわく「サンタさんは子どもの想像力を育てる最高の存在」。

そこで今までのイメージを少し裏切るサンタクロース「チョイずらしサンタ」が主役のクリスマス絵本を紹介します。

『100にんのサンタクロース』

文・絵:谷口友則(文溪堂)
サンタクロースの常識にとらわれない

サンタクロースがプレゼントを配るまでを描いたクリスマス絵本です。

想像力ポイント①100人でプレゼントを配っている

想像力ポイント②カラフルで様々な服装のサンタが登場

想像力ポイント③プレゼントを配る意外に様々な仕事をするサンタが描かれている

最後のページには「パンサンタ」「えかきサンタ」「りょうりサンタ」など、絵本に登場する100人のサンタさん全員の職業が絵とともに紹介されています。

『さむがりやのサンタ』

作・絵:レイモンド・ブリッグズ 訳:すがはら ひろくに(福音館書店)
サンタに人間味を感じる

冬が苦手な寒がりやのサンタクロースの生活を描いたクリスマス絵本です。

想像力ポイント④サンタさんのグチが描かれている

『サンタのなつやすみ』

作・絵:レイモンド・ブリッグズ 訳:さくま ゆみこ(あすなろ書房)
サンタさんの夏の過ごし方を描いた絵本

『さむがりやのサンタ』の主人公であるサンタクロースが夏休みを満喫するというストーリーのクリスマス絵本です。

大人もハマる!猫が主役の可愛すぎる5選

いま猫のリアルな仕草や表情の絵本が増えていて、ペットを飼えない人からも人気なんだそう。

そこで内田早苗さんが選んだ「クリスマスに寂しさを感じる人」におすすめの猫が主役のクリスマス絵本を紹介します。

『ネコヅメのよる』

町田尚子作(岩崎書店)
リアル描写が人気!

作者である町田尚子さんが飼っていた猫「白木ちゃん」をモデルにした、夜に集まる猫たちの集会を描いたクリスマス絵本です。

ポイント…多種類の猫のリアルな仕草や容姿

猫のモフモフした感触や表情がリアルに描かれている作品です。

『ねこはるすばん』

町田尚子作(ほるぷ出版)
自由な行動に癒される

飼い主が出かけている間の猫の行動を描いたクリスマス絵本です。

ポイント…帰宅をお出迎えしてくれる猫の姿

擬人化された猫がまるで人間のように昼間いろいろな行動をします。

『ハーニャの庭で』

作・絵:どい かや(偕成社)
自然と猫の調和が魅力

自然の中で自由に生活する猫を描いたクリスマス絵本です。

ポイント…自然に紛れる猫探し

『ヨルとよる』

作:あさの ますみ 絵:よしむら めぐ(教育画劇)

外に出たことのない黒猫「ヨル」がネズミの案内で初めて夜の街を冒険するというストーリーのクリスマス絵本です。

『ばけねこ』

作:杉山亮 絵:アン マサコ(ポプラ社)

日本各地に伝わる化け猫の伝承を子どももドキドキハラハラ楽しめるクリスマス絵本です。

見るだけじゃない!飾っても可愛い作品2選

内田早苗さんおすすめ、プレゼントに最適な刺繡プリントで描かれた自然がテーマの絵本を紹介します。

『ざっそうの名前』

長尾玲子作(福音館書店)
刺繡プリントに注目!

刺繡をプリントした絵でストーリーが展開するクリスマス絵本です。

本物のような繊細な刺繍がされているのでプレゼントにも最適。

『サンタさん』

長尾玲子作(福音館書店)
サンタのひたむきな愛情を描く

絵本原画などを展示する「木城えほんの郷」にも寄贈されているクリスマス絵本です。

クリスマスに朗読してほしい絵本

内田早苗さんおすすめ、聖なる夜に愛する人に朗読してほしいクリスマス絵本を紹介します。

『しろとくろ』

作:きくちちき(講談社)
読み手の心情で変わる

白猫と黒犬が主役のクリスマス絵本です。

言葉が少ない絵本で「しろ」と「くろ」がお友達同士に思える人もいれば恋人同士に思える人もいるという、読み手の心情によって聞き手の捉え方が変化する不思議な絵本。

おわりに

>>話題のモノの記事一覧はコチラ

>>マツコの知らない世界の記事一覧はコチラ

絵本マニア主婦おすすめクリスマス絵本、ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました