【ヒルナンデス】(10月10日放送分)木金レシピまとめ!揚げない中華風ポテト

レシピ

2019年10月10日(木)放送の『ヒルナンデス!』。

『冷蔵庫の残り物が絶品料理に!中華の達人が4品伝授』というテーマで放送されました。

週末に近づくにつれて、冷蔵庫の買え置き食材も底をつき…レシピを考えるのも大変!

そんな主婦のためのお料理企画!

残りモノであと2日のり切る木金レシピ♪

教えてくれるのは、北京で修業した腕前と知識で新しい料理を生み出し続ける中華の達人!『新広東菜 嘉禅』の簗田圭シェフ。

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

ブロッコリーの淡雪仕立て

【ブロッコリーの淡雪仕立ての作り方】

使用する残りモノ食材
・卵(卵白)
・ブロッコリー
・にんじん

①ブロッコリー1/2個を1口大にカット、にんじん1/5本は皮ごとみじん切りにする

②卵3個分の卵黄と卵白を分ける

③お湯1リットルに塩を小さじ1入れ、沸騰したお湯でブロッコリーを約1分茹でる

④茹で上がったら水気をしっかりと切る

⑤卵白を角が立つぐらいまで泡立ててメレンゲを作る

⑥フライパンで水120mlを熱しながら、塩・チキンパウダー・砂糖をそれぞれ小さじ1/2加え、適量の水溶き片栗粉でとろみをつける
→ちょっととろみが弱いくらいにしておく

⑦火を止めたあんにメレンゲを入れ、余熱で温めながらよく混ぜあわせる
→ふわふわ淡雪ソースの完成

⑧皿に盛りつけたブロッコリーに淡雪ソースをかけ、みじん切りのにんじんをふりかければ出来上がり

アレンジレシピ:ドリア

ご飯の上に乗せてピザ用チーズをかけ、オーブンで焼けば…

【ブロッコリーの淡雪仕立てドリア】の出来上がり♪

よだれ鶏

【よだれ鶏の作り方】

使用する残りモノ食材
・鶏のささみ
・長ネギ
・豆腐

①ネギ1本分を白髪ネギにする

②ささみを2枚のラップで挟んで瓶で叩く(倍の大きさになる程度まで)
→肉の繊維が壊れて薄くなり、短時間で火が通るので肉が柔らかくなる

③ささみに塩で下味をつけ、片栗粉をまぶす

④豆腐100gを4等分にカットし盛り付ける

⑤すりおろしニンニク小さじ1、しょうゆ・砂糖・お酢それぞれ大さじ3、ゴマ油・ラー油それぞれ大さじ1を混ぜあわせる
→ピリ辛ダレの完成

⑥沸騰させたお湯を弱火にして、ささみを1分ほど湯通ししたら水にさらし粗熱を取る
→お湯の温度が高すぎると肉が一気に縮んでしまい、肉汁も逃げてしまう

⑦豆腐の上に手でちぎったささみと白髪ネギを乗せ、タレをかければ出来上がり

 

アレンジレシピ:中華そば

中華そばを茹でて、よだれ鶏と混ぜ合わせれば…

【よだれ鶏の和えそば】の出来上がり♪

トマトと卵の炒めもの黒酢あんかけ

【トマトと卵の炒めもの黒酢あんかけの作り方】

使用する残りモノ食材
・トマト
・卵
・チーズ

①1品目で使わなかった卵黄3個も入れて、合計5個の卵・ピザ用チーズ15gをボウルに入れる

②トマト1個を薄切りにし、フライパンで油を入れずに軽く炒める(少し焼き色がつく程度)
→水分を飛ばして味を凝縮させる

③卵とチーズの入ったボウルに炒めたトマト・片栗粉小さじ1/3を入れ、よく混ぜる
→片栗粉を入れることで、水分でベチャっとなるのを防ぐ

④油大さじ2を入れたフライパンで炒める
→必要以上に火を入れて固くならないように、火か離したり当てたりして炒める

⑤しょうゆ100ml・水100ml・黒酢(穀物酢でも可)50ml・砂糖50gをフライパンで熱し、最後に水溶き片栗粉を加えてとろみをつける
→あんの完成

⑥炒めた具の上にあんをかければ出来上がり

揚げない中華風ポテト(簗田パウダー)

【揚げない中華風ポテトの作り方】

使用する残りモノ食材
・じゃがいも

①水洗いしたじゃがいもを皮つきのまま三日月状にカットする

②沸騰したお湯の中にじゃがいもを入れて茹でる

③約5分茹でてしっかりと火を通したら、クッキングペーパーで水気を切る

④少量の油でじゃがいもがパリッとする程度まで炒める

⑤塩小さじ1・チキンパウダー小さじ1/2・砂糖小さじ1/2・七味唐辛子小さじ1をボウルでよく混ぜる
→【簗田パウダー】の完成

⑥簗田パウダーの入ったボウルに炒めたじゃがいもを入れ、よく混ぜあわせたら出来上がり

ちなみに簗田シェフとカット対決した横山裕さん、『ポテトチョッパー』を使っていました。

じゃがいもをカットする刃がマス目状についていて、刃の上にじゃがいもを置いて専用の付属品で強く押すだけで、簡単にフライドポテトの形にカットできちゃう便利グッズなんです♪

アレンジレシピ:唐揚げ

余った簗田パウダーを唐揚げにかければ…

スパイシーな【簗田パウダーの唐揚げ】の出来上がり♪

おわりに

簗田パウダー、やみつきになる味で何にでも使えそうですね。

ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました