【2021最新】コスパ最強5000円以下!完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー【おすすめ】

【2021最新】コスパ最強5000円以下!完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー【おすすめ】家電
この記事は「IPX7完全防水&Bluetooth5.0対応で5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンを探している」という人向けです。

およそ2年間使っていた完全ワイヤレスイヤホンのバッテリーがへたってきたので、2021年1月に新しい完全ワイヤレスイヤホンに買い換えました。

そのワイヤレスイヤホンがコチラ。

さっそく使ってみたところとても良い製品だったので紹介します。

Amazonでの取り扱い開始日が2020年12月なので、2021年1月の現時点で発売されたばかりの製品のようです。

ちなみにこれまで僕が使っていたワイヤレスイヤホンはコチラです↓。

完全ワイヤレスイヤホン『TWS-H66』レビュー

完全ワイヤレスイヤホン『TWS-H66』 の外観

【2021最新】コスパ最強5000円以下!完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー【おすすめ】

【2021最新】コスパ最強5000円以下!完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー【おすすめ】

【2021最新】コスパ最強5000円以下!完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー【おすすめ】

【2021最新】コスパ最強5000円以下!完全ワイヤレスイヤホンを購入したのでレビュー【おすすめ】

【セット内容】
・イヤホン本体
・イヤーピース(S/Lサイズ)
・充電ケース
・Type-C充電ケーブル
・取扱説明書

個人的には性能だけでなく青を基調としたデザインも気に入っています。

充電ケースもコロンとした小ぶりな形なので手のひらに持ちやすいですよ。

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥースイヤホン Aisea【LEDディスプレイ残量表示/AAC対応/高音質/USB-C充電対応/ イヤフォン本体6時間再生/ 合計200時間再生/ IPX7防水/ ノイズキャンセリング機能/音量調整可能/PSE認証済】

イヤホン本体の耳へのフィット感が◎

『TWS-H66』を使ってみてまず驚いたのが耳へのフィット感。

イヤホン本体が耳の内側の形にピッタリとフィットする丸っこい形をしているので、耳の穴にグイグイと押し込まなくても装着した途端に吸いつくように固定されます。

長時間つけ続けても痛くならず、頭を激しく動かしても外れる気配が全くありません(笑)

これはホントすごいです。

イヤーピースもサイズ違いを含めて3種類あるので、自分の耳の穴の大きさに合ったものを選べます。

ちなみに僕は最初から付いていたMサイズのイヤーピースがピッタリでした。

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥースイヤホン Aisea【LEDディスプレイ残量表示/AAC対応/高音質/USB-C充電対応/ イヤフォン本体6時間再生/ 合計200時間再生/ IPX7防水/ ノイズキャンセリング機能/音量調整可能/PSE認証済】

充電ケースの%表示がめちゃくちゃ便利!

僕がこれまで使っていたイヤホンの充電ケースはライトの数でバッテリーを表示していましたが、『TWS-H66』の充電ケースは1~100%までの数字で表示してくれるのでとても便利だと感じました。

しかも充電ケースとは別に左右のイヤホン本体の充電状況も表示してくれるので、今現在どれくらいまで充電されているのか一目で分かるのも嬉しいポイント。

充電ケーブルはType-Cなので新しいスマホに対応したバッテリーとしても使用可能です。

Type-Cの差込口のほかにUSBの差込口もあります。

また、イヤホン本体は満充電でおよそ6時間は持つので外出時にもバッテリー切れの心配なく使えますよ。

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥースイヤホン Aisea【LEDディスプレイ残量表示/AAC対応/高音質/USB-C充電対応/ イヤフォン本体6時間再生/ 合計200時間再生/ IPX7防水/ ノイズキャンセリング機能/音量調整可能/PSE認証済】

イヤホン本体だけで電源のオンオフが可能

完全ワイヤレスイヤホンを使うのはこの機種で2つ目なので他の機種はどうか分かりませんが、僕がこれまで使っていた機種は一度電源を切るとケースに戻すまで電源を入れることができない仕様でした。

なので外出中に一時的に電源をオフにした場合、いちいちケースに入れ直す手間がかかっていました。

もしケースを一緒に持って行かなかった場合、帰宅するまで一切使えないという事態に…汗

ですがこの『TWS-H66』はボタン長押しで電源をオフにしても再び長押しすれば電源をオンにすることができます。

これが地味に便利だと感じました。

また、左右のイヤホンはそれぞれ単独で使用することもできます。

例えば右側のイヤホンだけを耳に装着して音楽を聴き、左側は装着せずに周囲の音が聞こえるようにしておくといった使い方も可能です。

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥースイヤホン Aisea【LEDディスプレイ残量表示/AAC対応/高音質/USB-C充電対応/ イヤフォン本体6時間再生/ 合計200時間再生/ IPX7防水/ ノイズキャンセリング機能/音量調整可能/PSE認証済】

タッチ式でなくボタン式なのでクリック感がある

以前使っていたワイヤレスイヤホンはタッチ式での操作だったので力を入れる必要がありませんでしたが、その分きちんと押せているかどうかがイマイチ分かりづらい部分がありました。

タッチしているつもりなのにいつまでたっても反応せず、実は中心からズレた部分をタッチしていたせいで反応していなかったなど。

『TWS-H66』はボタンのクリック式で押すとカチカチと音がしてちゃんと押せているかどうかが分かるので便利だと感じました。

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥースイヤホン Aisea【LEDディスプレイ残量表示/AAC対応/高音質/USB-C充電対応/ イヤフォン本体6時間再生/ 合計200時間再生/ IPX7防水/ ノイズキャンセリング機能/音量調整可能/PSE認証済】

IPX7完全防水なのでお風呂でも使える

IPX7完全防水なので入浴中でも使うことができます。

同じIPX7完全防水の前の機種も月に数回は入浴中に使っていましたが不具合などは一度も発生しなかったので、『TWS-H66』も初期不良でもない限りは問題なく使えると思います。

音質は可もなく不可もなし

僕はそれほど音質を重要視する方ではないのであまり詳しくはありませんが、この値段の割には音質は悪くないと感じました。

通勤中や登校時など外出時に聴くには必要十分な音質だと思います。

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥースイヤホン Aisea【LEDディスプレイ残量表示/AAC対応/高音質/USB-C充電対応/ イヤフォン本体6時間再生/ 合計200時間再生/ IPX7防水/ ノイズキャンセリング機能/音量調整可能/PSE認証済】

完全ワイヤレスイヤホン『TWS-H66』のデメリット

特にこれといったデメリットは見当たりませんでしたが、しいて言うならイヤホン本体と充電ケースとを固定する磁石がそこそこ強力なので、慣れるまでは取りづらく感じるかもしれません。

イヤホン本体もツルツルとした触り心地なので余計につまみにくいです(笑)

ただし一度コツを掴んでしまえば特に問題ないと思います。

完全ワイヤレスイヤホン『TWS-H66』の操作方法

・前の曲へ:左側を二回押す

・次の曲へ:右側を二回押す

・電源オン:電源オフ時に3秒間長押し

・電源オフ:待機状態時に5秒間長押し

・再生/停止:右側または左側を一回押す

・通話拒否:右側または左側を2秒間長押し

・通話開始/終了:右側または左側を一回押す

・音量を上げる:再生中に右側を長押し

・音量を下げる:再生中に左側を長押し

・音声アシスタント:右側または左側を三回押す(iPhone→siri、android→Googleアシスタント)

Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 ブルートゥースイヤホン Aisea【LEDディスプレイ残量表示/AAC対応/高音質/USB-C充電対応/ イヤフォン本体6時間再生/ 合計200時間再生/ IPX7防水/ ノイズキャンセリング機能/音量調整可能/PSE認証済】

おわりに

今回は完全ワイヤレスイヤホン『TWS-H66』をレビューしました。

コチラで実際に使ってみた人たちのレビューが読めますが、概ね高評価のようです。

「5000円以下の予算で良さげな完全ワイヤレスイヤホンを探している」という人にオススメですよ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました