【大河ドラマ『いだてん』】第42回『東京流れ者』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第42回『東京流れ者』あらすじ&感想

果たして川島の思惑とは…


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第41回のあらすじ&感想』へ
 
 
オリンピック選手村の設置場所を巡って対立する田畑と川島。
 
 
田畑はアメリカを説得して代々木を譲ってもらうよう平沢に依頼します。
 
 
それでは『いだてん』第42回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第42回のあらすじ

第42回「東京流れ者」
 
 
女子バレーボール日本代表の大松博文(徳井義実)監督は、選手一人ひとりの家に出向いて現役を続けさせてもらえるよう両親を説得する。
 
 
東京オリンピック組織委員会は、アテネから東京までをつなぐ聖火リレーを計画していた。
 
 
シルクロードは砂漠なので不可能だという声も聞き入れず、田畑(阿部サダヲ)はタクシー運転手だった森西栄一(角田晃広)らを『聖火リレー踏査隊』として派遣する。
 
 
四三(中村勘九郎)は『走れ二十五万キロ』という本を出版。
 
 
五りん(神木隆之介)は書店で開かれたサイン会に行き、四三に本名を伝える。
 
 
四三は自分の弟子だった小松勝(仲野太賀)とりく(杉咲花)との息子が五りんだと知り驚く。
 
 
日米安全保障条約が日本国民の反感を買っていることに対し、平沢(星野源)は田畑に提案をする。
 
 
「米ソの冷戦状態が続く今、アメリカとしてはこれ以上日本との関係を悪化させたくない。だったら朝霞より代々木だとアドバイスするんです」
 
 
平沢は駐日大使のライシャワーの説得に成功。
 
 
これを知った都知事の東(松重豊)は田畑に抗議する。
 
 
選手村はすでに朝霞ということで話が進んでおり、さらにアメリカ側は代々木ワシントンハイツの立退料として60億円を要求してきていた。
 
 
田畑は国の財政に頼るため、池田勇人首相(立川談春)を訪ねる。
 
 
しかし、池田首相は納得しなかった。
 
 
スタジアムやプールのように、あとに残るものに限って都と国が予算を折半する決まりなのだ。
 
 
後日、再び首相官邸を訪ねた田畑は、ワシントンハイツを米軍から買い、そこに放送局を建設することを提案する。
 
 
鮮明な映像をお茶の間に届けることで、オリンピック効果でカラーテレビを普及させ経済効果を狙おうというのだ。
 
 
1台60万円のカラーテレビが1万台売れれば、売上総額は60億円にもなる。
 
 
田畑のこの直談判で、選手村は代々木に決定した。
 
 
1962年5月、亀倉雄策(前野健太)がデザインしたオリンピックのポスターが完成し、その出来栄えに田畑らは大満足する。
 
 
しかし、この頃になってもまだ世間のオリンピックムードは盛り上がっていなかった。
 
 
そんな中、アテネからシンガポールまで2万キロを走ってきた『聖火リレー踏査隊』の森西が帰国。
 
 
アテネからシルクロードを抜けて東京まで聖火をつなぐのは無理だと告げる。
 
 
川島(浅野忠信)は池田首相と面談し、「国際舞台で日本の株を上げるために、政府がしっかりと舵を取るべきだ」と持論を語る。
 
 
川島はオリンピック担当大臣に任命され、記者を集めて会見を開いた。
 
 
会見後、川島と田畑は事務総長室で話をする。
 
 
津島(井上順)が組織委員会の会長ではやりづらいのではないかと主張する川島。
 
 
かつては切れ者だった津島、しかし今や何事も後手に回ってばかりいる。
 
 
河野(桐谷健太)や政府要人、そして池田首相も、津島にオリンピックはやり遂げられないだろうと口を揃えているという。
 
 
田畑は事務総長室のテレビで偶然、五りんの高座を見る。
 
 
『てれび寄席』という番組で五りんが、過去のオリンピックにまつわる出来事をネタにした『オリンピック噺』を演じていたのだ。
 
 
「前畑!前畑!がんばれ!がんばれ!」
 
 
ベルリンオリンピックでの河西アナウンサー(トータス松本)の実況を忠実にまねている。
 
 
それを見た田畑はひらめく。
 
 
「見つけたぞ。こいつをオリンピックの広告等にしよう!」

大河ドラマ『いだてん』第42回の感想

東洋の魔女、きましたねぇ。
 
 
20代前半での結婚が多かった時代。
 
 
それが30歳を過ぎようかというのにいつまでもバレーボール続けてたら、そりゃあご両親も心配しますよ。
 
 
でも、そんなご両親を説得してでも東京オリンピックでの金メダルを目指すという覚悟、すごいなぁ…
 
 
そこまで腹をくくったからこその金メダルだったんですね。
 
 
僕もバレーボールの経験がありますが、あんな厳しい監督のもとで年々も続けられるって自分にはとても無理…(笑)
 
 
それにしてもオリンピック担当大臣の川島さん、何を企んでるんだろう?
 
 
なーんか嫌な予感が…
 
 
関連記事>>>【いだてん『東京流れ者』】『五りんが繋げる大河』『埼玉オリンピック』『森西栄一』第42回への反響まとめ
 
 
ところで、四三さんを題材にした本『走れ二十五万キロ』、この頃に書かれていたんですね。

著者は熊本日日新聞社の元記者、長谷川孝道さんが四三さんご本人に直接取材を行って書き上げた唯一の伝記なんです。
 
 
いだてんの制作にも携わっておられましたが、惜しまれつつ今年の4月にお亡くなりになられました。
 
 
長谷川さんの娘さんが書かれた記事をご紹介しておきます。
 
 

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『ててんご』。
 
 
「手遊び」という意味です。
 
 

こら!ぬしゃててんごばっかりすんな!

 
 
…だれですか?

 
 

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

created by Rinker
NHK出版
¥1,210 (2019/12/13 15:58:42時点 Amazon調べ-詳細)

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
聖火リレー、シルクロードを通るとかそりゃ無理だわ…(;´∀`)
 
 
>>>次回:『第43回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。