-熊本からあれこれ発信するサイト-
         

動物を通して家族愛を再確認できる作品!福士蒼汰主演の映画『旅猫リポート』レビュー

LINEで送る
Pocket

旅猫リポート

目次

猫好きな人だけでなく動物が好きなすべての人におススメの映画

こんにちは!
カズ()です。

 
福士蒼汰さん主演の映画『旅猫リポート』の試写会に当選したので観賞してきました。
 
猫好きの人にはどストレート、そうでない人にもおススメできる映画でしたよ(*’ω’*)
 
 
今回はこの『旅猫リポート』について書いていこうと思います。
 
※ネタバレはありません。

『旅猫リポート』あらすじ

ある日、主人公の青年・悟(さとる)は交通事故で動けなくなっている野良猫のナナを助けます。
 
それから5年間、ナナは彼の飼い猫として幸せに暮らしますが、ある事情から悟はナナを飼えなくなってしまいます。
 
そこで、悟はナナと一緒に新しい飼い主を探して車で日本各地を旅をして巡る、というストーリーです。
 
 
旅が進むにつれて、その『ある事情』とはなにか?という謎も徐々に明らかになっていきます。
 
 
女性小説家の有川浩さんによる長編小説で、あの「週刊文春」に連載されていました。
 
作者の有川浩さん自身が「一生に一本しか書けない物語」と公言しているほどの作品です。
 
有川浩さんの作品といえば、同じく映画化やドラマ化もされた『図書館戦争』や『空飛ぶ広報室』なども有名ですよね。
 
 
ちなみに、この『旅猫リポート』これまで絵本や舞台、
ラジオドラマなどにも展開されているほどの人気で、今回満を持して映画化されました。
 

映画版のキャストと見どころ

・主人公の悟…福士蒼汰
・元野良猫のナナ(声)…高畑充希
・悟の叔母の法子…竹内結子

 
この三人(二人と一匹?)を中心にストーリーが展開していきます。
 
他にも、悟の親友役に広瀬アリスや大野拓朗、山本涼介などが名を連ねます。
 
 
猫が主役の映画を見たのは、僕が子供の頃に公開されていた
 
あのムツゴロウさんが監督を手掛けた映画で子猫のチャトランが主人公の『子猫物語』以来だったんですが、
 
今回も主役のネコちゃんの演技が素晴らしいです(*’ω’*)
 
 
高畑充希さんの声と合わさって本当に自然にストーリーに引き込まれました。
 
福士蒼汰さんとナナとの飾らない自然なやり取りも見どころですよ。

別れがあるからこそ出会いが輝く

この映画は、野良猫だったナナがひょんなことから主人公の悟に飼われ始める出会いから別れまでを描いています。
 
『動物との触れ合いを通して家族愛を再確認すること』がテーマだと感じました。
 
 
人間を含めた生き物にはすべて、命の限りがあります。
 
いつかは別れの日がやってきます。
 
誰だって、愛するものとの別れは辛いです。
 
だからこそ出会いが、そしてともに過ごした日々が輝くんだと思います。
 
 
あなたの家族を、愛猫を、愛犬を、思いっきり愛してあげてください。
 
 
僕もこれまで二匹の猫を飼ったことがありますが、その日々は今でもずっと僕の宝物です。
 
あの子たちと過ごした日々をゆっくりと思い出しながら映画を見ていました…
 

そら、えっちゃん、たくさんの思い出をありがとう( ˘ω˘ )

旅猫リポート

いろいろ書いてきましたが、これはもう実際に映画館で見てもらったほうが早いと思います(笑)
 
猫好きの人だけでなく、年代も性別も問わずすべての人に見てほしい映画です。

『旅猫リポート』予告編映像

映画『旅猫リポート』は、2018年10月26日(金)全国ロードショーです。

おわりに

この機会に、あらためて自分の周りの人たちとの絆を思い返してみるのもいいかもしれませんね。
 
大切な人との時間を、大切にしよう。
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

記事一覧へ