【せっかくグルメ】富士五湖ロケ地の場所を紹介|富士五湖観光協会おすすめスポット

【せっかくグルメ】富士五湖ロケ地の場所を紹介|富士五湖観光協会おすすめスポットグルメ

2021年8月29日(日)放送の『バナナマンのせっかくグルメ』。

富士五湖観光協会おすすめスポット!日村さんが山梨県の富士五湖でテイクアウトグルメを食べた場所、山中湖のキャンプ場・富士山一望の公園・森の中の滝、アスレチックで遊べるアクティビティ施設のロケ地はどこなのか?調べましたので紹介します。

富士五湖は本栖湖(もとすこ)・精進湖(しょうじこ)・西湖(さいこ)・河口湖(かわぐちこ)・山中湖(やまなかこ)の5つの湖の総称です。

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>バナナマンのせっかくグルメ!!の記事一覧はコチラ

日村さんが訪れた富士五湖ロケ地まとめ

【せっかくグルメ】富士五湖ロケ地の場所を紹介|富士五湖観光協会おすすめスポット

富士五湖観光連盟おすすめ、日村さんがテイクアウトグルメを食べた場所&アクティビティを満喫した富士五湖の絶景ロケーション5か所を紹介します。

鳴沢村活き活き広場

 

この投稿をInstagramで見る

 

KM-papa(@kimagure.papa)がシェアした投稿


山梨県鳴沢村にある公園『鳴沢村活き活き広場』です。

夏の終わりの爽やかな風がそよぐくつろぎの空間。

芝生の美しい緑を存分に感じられる贅沢なひととき。

晴れの日には目の前に雄大な富士山を眺められる名所です。

日村さんはこの広場で広大な芝生の緑を満喫しながら富士五湖名物の行列ができる吉田のうどん『元祖みうらうどん』をいただきました。

the 508(キャンプ場)

 

この投稿をInstagramで見る

 

the 508(@the508_camp_cafe)がシェアした投稿


オートキャンプ料金(1泊) 基本料 11,000円+入場料 1,210円×人数分 ※休前日は基本料 22,000円

山中湖にあるキャンプ場『the 508』です。

穏やかな山中湖のほとりで耳を傾ければ、さざ波が奏でる音色が聞こえてきます。

大自然の息吹を目の前で感じながらキャンプが楽しめる極上の空間です。

天気の良い日には澄み渡る雄大な富士山を眺めることができます。

日村さんはこのキャンプ場の砂浜で山中湖を独り占めしながら『ENGAWA1441』のローストビーフ丼をいただきました。

西湖津原キャンプ場


デイキャンプ料金 大人(高校生以上)1,000円(税込) 子ども(小・中学生)500円(税込)

富士五湖の一つ『西湖』のすぐそばにあるキャンプ場『西湖津原キャンプ場』です。

静かな湖畔の森の中から聞こえてくるのは鳥のさえずりと水の音だけ。

取り囲む美しい自然が都会の喧騒を忘れさせる癒しの空間です。

日村さんはこのキャンプ場で遠くの西湖と山々を眺めながら『トロワズィエムマルシェ』の季節の生ケーキを静かにいただきました。

鐘山の滝


山梨県富士吉田市にある『鐘山の滝』です。

木々に囲まれたマイナスイオン溢れる滝は日常の喧騒を忘れさせてくれます。

日村さんはこの場所で涼しげな滝を感じながら『toe BAR&RESTAURANT』の山椒香るチキンカレーと特製toeカレーをいただきました。

富士すばるランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko(@kmy29live)がシェアした投稿


創業53年、自然の中でアスレチックなど様々なアクティビティが楽しめるテーマパーク『富士すばるランド』です。

日村さんはここで回転式の滑車で激しく揺られながら駆け抜ける新感覚アクティビティ『ロールグライダー』を楽しみました。

おわりに

>>バナナマンのせっかくグルメ!!の記事一覧はコチラ

富士五湖の絶景ロケーション、ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました