【世界一受けたい授業】94歳の鈴木登紀子先生が教える!日本の家庭料理レシピ

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【世界一受けたい授業】94歳の鈴木登紀子先生が教える!日本の家庭料理レシピ

残していきたい日本の家庭料理です

こんにちは!
カズ()です。

 
10月26日(土)放送の『世界一受けたい授業』。
 
 
『94歳の現役料理研究家が教える 後世に残したい日本の家庭料理』というテーマで放送されました。
 
 
今や世界に誇る食文化となった和食。
 
 
しかしいざ作ってみるとなると、手間がかかるし難しいイメージ…
 
 
でも、簡単に美味しく作れる和食もたくさんあるんです。
 
 
教えてくれるのは、現役料理研究家“ばぁば”こと鈴木登紀子先生。
 
 
なんと!今年で94歳( ゚Д゚)

NHKの料理番組にも40年以上出演し、昔ながらの和食を伝え残しています。
 
 
今回は『94歳の現役料理研究家が教える 後世に残したい日本の家庭料理』で放送されたレシピについてまとめてみました。

切り干し大根のハリハリ漬け

【切り干し大根のハリハリ漬けの作り方】
 
1.水で戻した切り干し大根に、砂糖・酢・だし・うす口しょうゆ・唐辛子を加えて混ぜる
 
2.細かく切った小松菜をちらせば出来上がり

外国産マツタケの土瓶蒸し

【外国産マツタケの土瓶蒸しの作り方】
 
材料
・外国産マツタケ
・鶏ささみ
・かまぼこ
・ぎんなん
・三つ葉
 
1.マツタケの根元の石づきを鉛筆を削るようにそぎ落とし、縦に薄切りにする
 
2.薄切りにしたマツタケにお酒をふりかけて5~6分置く
→マツタケの香りと風味がよみがえる
 
3.鶏ささみをそぎ切りにする
 
4.切ったささみにお酒をふりかけて5分置く
 
5.鍋にだしを煮立て、塩・うす口しょうゆで味を調える
 
6.土瓶に薄切りにしたかまぼこを敷く
 
7.かまぼこの上にささみを乗せる
 
8.マツタケ・ぎんなん・三つ葉を盛り付ける
 
9.だし汁を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせたら火を止めてフタをすれば出来上がり

秋の味覚 お手頃価格 外国産 松茸 3〜4本入り

ちりめんじゃこのまぜまぜご飯

【ちりめんじゃこのまぜまぜご飯の作り方】
 
材料
・ちりめんじゃこ
・白いりごま
・のり
・刻んだ大葉
・たたき梅
 
1.ご飯を入れた桶に、白いりごま・ちりめんじゃこを入れる
 
2.のり・刻んだ大葉・たたき梅も入れる
 
3.ご飯を練らないように手前手前と混ぜれば出来上がり

 
 
セロリとコンビーフの組み合わせでも美味しくできるんだそう♪

おわりに

昔ながらの家庭料理、簡単にできました♪
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。