-熊本からあれこれ発信するサイト-
         

【小さなことにくよくよしない生き方】明石家さんまの名言に学ぶ!ネガティブをプラス思考に変えるテクニック

LINEで送る
Pocket

明石家さんま

さんまさんの口ぐせ「しゃーないか」は魔法の言葉!

こんにちは!マイナス思考になりがちな性格の
カズ()です(笑)

 
あなたは昔の失敗について思い出して悩んだりしたり後悔したりしたことはありますか?
 
 
昨日の仕事でやらかした失敗や先月のミス、そして何年も前にやった間違いについて、ふと思い出しては「ああしておけばよかった…」と後悔する。
 
 
僕にもしょっちゅうあります…汗
 
 
そんなとき『小さなことにくよくよしない生き方 明石家さんまのプラス思考に学べ!』という本を読んだんです。
 
 
『お笑いモンスター』と称される明石家さんまさん、実は究極のポジティブ思考の持ち主なんですね。
 
 
この本はそんなさんまさんが「これまでのお笑い人生でどんな風にマイナスをプラスに変えてきたのか」ということを、たくさんのお笑いネタや実際のトークを紹介しながら紹介している本です。
 
 
「なるほど、そんなやり方があったのか!」と思わずうなってしまうものばかり。
 
 
落ち込んだときやくよくよしてなかなか立ち直れないとき、きっと役に立つヒントがもらえると思いますよ(*’ω’*)
 
 
今回はこの『小さなことにくよくよしない生き方 明石家さんまのプラス思考に学べ!(著者:久留間 寛吉さん)』について書いていこうと思います。

深く考えすぎず、失敗したら「しゃーないか」

明石家さんまさんにはなにか失敗してしまったときに言う口ぐせがあるそうです。
 
 
その言葉とは「しゃーないか」。
 
 
ミスしてしまったときには、いつも「まあ、しゃーないか」と自分自身に言い聞かせてマイナス思考になるのを防いでいるんだそう。
 
 
また、その面倒見がよくて親しみやすいキャラクターから、さんまさんは悩んでいる後輩芸人の相談に応じているんだそう。
 
 
そんなときになかなか解決しないような場合に後輩にかけるアドバイスの言葉が「ま、しゃーないがな」。
 
 
「すべきことをした結果に対して今さらウジウジしたって始まらない、くよくよしている暇があるならさっさと忘れて次のステージに進もう」
 
 
そういう意味が込められているんだとか。
 
 
僕もこれまで壁にぶち当たったときにいつもくよくよ思い悩んで過ごしてしまうことが多かったんですが、結局それでなにか解決するかというとなんにも変わらないんですよね…
 
 
そして残るものは深く傷ついてしまった心と無駄に過ごした時間だけ。
 
 
このさんまさんの考え方は、シンプルですが無駄な時間を過ごさないためのある意味究極の「開き直り」なんですよね。
 
 

そんなさんまさんが仕事をする上で肝に銘じているのが「死ぬまで新人だから」という考え方

 
 
・「死ぬまで新人」気分でいれば「くよくよ」することもない(1章より引用)

 ズブの素人や新人が、将来に対する不安を抱くことはあるにせよ、「くよくよ」するような後悔する原因を、何か持ち合わせるだろうか?
 前だけを見て、とにかく進むだけという状態にあるのがルーキーなのだから、そもそも「くよくよ」と思い悩む必要がない。
 だから、いつまでも新人の気持ちを忘れないという心の持ちようは、ポジティブ思考で前進するのと表裏一体なのだ。

「生きてるだけで丸もうけ」は究極の「くよくよ」撃退術!

さんまさんの座右の銘は「生きてるだけで丸もうけ」という言葉なんだそう。
 
 
成功も失敗も挫折も後悔も、生きているからこそ味わうことができるもの。
 
 
だからなにかあっても「丸もうけ」だと思えば、くよくよと悩む必要性も薄らいで逆に感謝の思いすらこみ上げてくる。
 
 
「人間、誰でも裸で生まれてきたんだから、おむつをした時点で、もう得をしているじゃないか」
 
 
「ストレスは人生のスパイス」と思えるくらいの考え方でいるのがちょうどいいんだとか。
 
 
ちなみにこの「生きてるだけで丸もうけ」という言葉、娘のIMALUさんの名前の由来にもなってるんだそう(「い」きてるだけで「まる」もうけ)。
 
 

発想の転換が素晴らしいですよね

 
 
・失敗は失敗。「してしまったことは、しゃーないか」(3章より引用)

 自分の人生にマイナスでネガティブな心に陥ってしまうような出来事があったら、「しゃーない」で乗り越えた後、精神的な安定が十分に回復するまで、ちょっとおとなしくしておく。
 そして、「くよくよ」していたときのうっぷんを晴らすように、大胆な行動に移す。そういう人生のアルゴリズム(つまり答えを求める手順)を試してみるのも、損はないかもしれない。

自分が「好き」と思えることが「くよくよ」から脱出する第一歩

くよくよと思い悩んでいるときに必要な心のあり方は「自分を許してあげること」。
 
 
そのためには「自分が自分を好き」であることが大切なんだとか。
 
 
自分が好きなら、たとえ失敗したとしても自分で自分を責め続けるようなことにはならない。
 
 
自分が好きなら、結果がどう転んでも許せる。
 
 
つまり、自己肯定感を高めることが大事だということなんですよね。
 
 
「しゃーないか」の精神で、失敗や挫折で落ち込んだ自分の気持ちをポジティブな気持ちにシフトさせてあげる。
 
 

昔からそれを無意識のうちに実践しているさんまさん、スゴイ( ゚Д゚)

 
 
そんなさんまさん、自分の出演番組は必ずチェックしてるんだそう(笑)
 
 
・自分が自分を好きならばそれだけでもOK!(5章より引用)

 さんまはよく、
「自分が出ているビデオを何回でも観る。そして自分で自分にウケて大笑いする」
 このようなことを繰り返ししゃべっているけど、そして、そういう姿を想像した周囲は「ヘンだ」とからかったりするけれど、この「自分が好き」というマインドこそ、さんまを前向きな思考にしている原動力ではなかろうか。

おわりに

この本は2013年に書かれたものですが、その内容は今でも十分に参考になるものばかりだと感じました。
 
 
ポジティブ思考になるための考え方の他にも、苦手な相手とのコミュニケーションの取り方や嫌なことがあったあとのメンタルトレーニングの方法など、
 
 
「お笑いモンスター」明石家さんまさんの行動を例に上げた独特のやり方がたくさん紹介されています。
 
 
今、ここだけに集中する『マインドフルネス』の考え方にも通じるものがありました。
 
 
還暦を過ぎた今でも現役バリバリで活躍しているさんまさん。
 
 
そのさんまさんのこれまでの「生き様」から、人生をポジティブに生きていくためのあなたなりのヒントを見つけてみてくださいね。
 
 

まあ、しゃーないか(*´ω`)

 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
LINEで送る
Pocket



記事一覧へ