【ラヴィット】油淋鶏(ユーリンチー)のレシピ|ミシュランシェフが教える絶品10分2品レシピ

【ラヴィット】油淋鶏(ユーリンチー)のレシピ|ミシュランシェフが教える絶品10分2品レシピレシピ

2021年5月6日(木)放送の『ラヴィット!(ラビット)』。

『ミシュランシェフ直伝 手抜きなのにバレない絶品たったの10分2品レシピ中華編』というテーマで放送されました。

教えてくれるのはミシュランビブグルマンに6年連続で認定された中華の名店、神楽坂『エンジン』の松下和昌シェフ。

疲れ切っているときに簡単・時短・手抜きに見えずに作れる本格レシピを伝授してくれましたよ。

この記事では調理時間7分で作る本格油淋鶏(ユーリンチー)のレシピを紹介します。

放送内容をまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

>>レシピの記事一覧はコチラ

>>ラヴィット!の記事一覧はコチラ

本格油淋鶏(ユーリンチー)

【ラヴィット】油淋鶏(ユーリンチー)のレシピ|ミシュランシェフが教える絶品10分2品レシピ
出典:TBS『ラヴィット!』

材料(1人前)

・鶏もも肉…250g
・サラダ油…高さ約1cm程度
・塩…少々
・こしょう…少々
・片栗粉…適量

【ソース】
・ポン酢…大さじ4
・砂糖…小さじ2
・チューブしょうが…小さじ1
・ごま油…小さじ1
・こしょう…少々
・長ネギ…1/4
・ミニトマト…5個

作り方

①フライパンにサラダ油を入れ、中火で加熱する

②油を温めている間、鶏もも肉を薄めに切って平らに開く

鶏肉の厚さを均等にすることで揚げ時間の短縮になります。

③鶏肉を包丁で叩いてやわらかくし、塩・こしょうで下味をつけ、両面にしっかり片栗粉をまぶす

④フライパンに鶏肉の皮目を上にして入れ、中火で揚げ焼きにする(2分半が目安)

身から焼くと火が通りやすく時短になります。

⑤ポン酢・砂糖・チューブしょうが・ごま油・こしょうを混ぜ合わせてソースを作る

⑥長ネギ(みじん切り)・ミニトマト(みじん切り)を⑤に加えればソースの完成

長ネギは縦に切れ目を入れてから切ることで簡単にみじん切りにできます。ミニトマトに含まれるグルタミン酸がソースの旨味を激増させます。

⑦鶏肉を裏返して皮目を焼く(2分半が目安)

⑧焼き上がった鶏肉を1cm幅に切って器に盛り、⑥のソースをかければ出来上がり

油淋鶏を先に作ってしばらく置くことでソースが鶏肉に染み込んで美味しくなります。

おわりに

>>レシピの記事一覧はコチラ

>>ラヴィット!の記事一覧はコチラ

ミシュランシェフ直伝の本格油淋鶏、ぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました