-熊本からあれこれ発信するサイト-
         

【2018全日本フィギュア女子SP】紀平梨花は5位!昨年女王の宮原知子が首位発進!

LINEで送る
Pocket

紀平梨花

2018全日本は波乱の幕開け!

こんにちは!フィギュアスケートファンの
カズ()です。

 
いやー波乱の幕開けになりましたね、今年の全日本フィギュア女子。
 
あの平昌オリンピック女王のロシアのザギトワをグランプリファイナルで破った紀平梨花選手。
 
ショートプログラムで二つのミスがありまさかの5位発進。
 
昨年の全日本女王の宮原知子選手が安定した演技を見せて貫禄の首位に立ちました。
 
 
追記:女子の最終結果はコチラ!↓
>>>【全日本フィギュア女子FS】紀平梨花がトリプルアクセルを2回決めて準優勝!優勝は坂本花織
 
 
>>>【2018全日本フィギュア男子SP】復帰した高橋大輔は2位!3連覇を目指す宇野昌磨が首位発進!

2018全日本フィギュア女子SPの結果


 
【2018全日本フィギュア女子SPの結果】

▽1位 宮原知子 76.76点(技術点 40.54 演技構成点 36.22)
▽2位 坂本花織 75.65点(技術点 41.08 演技構成点 34.57)
▽3位 三原舞依 72.88点(技術点 39.48 演技構成点 33.40)
▽4位 樋口新葉 72.63点(技術点 38.79 演技構成点 33.84)
▽5位 紀平梨花 68.75点(技術点 36.54 演技構成点 33.21 減点-1)
▽6位 横井ゆは菜 66.27点(技術点 38.30 演技構成点 27.97)

 
SPの詳しい採点結果は【コチラ】(PDF形式)
 
 
1位の宮原選手から5位の紀平選手までおよそ8点差、これはフリーでギリギリ逆転可能な点差ですかねぇ。
 
『ミス・パーフェクト』の宮原選手をトリプルアクセル2発グランプリファイナル女王の紀平選手が追いかける波乱の展開になりました。

紀平梨花のSPの演技の詳細は?


 
 
■SP 68.75点(技術点 36.54 演技構成点 33.21 減点-1)

・3A(トリプルアクセル)
・3F+2T(3回転フリップ+2回転トゥーループ)
・フライングシットスピン
-後半-
・3Lz(トリプルルッツ)
・足換えコンビネーションスピン
・ステップシークエンス
・レイバックスピン

 
 
冒頭のトリプルアクセルで惜しくも転倒してしまい、次のコンビネーションジャンプも3回転-3回転の予定が3回転-2回転となってしまいました。
 
それでもスピンやステップはすべてレベル4を獲得。
 
ステップからの単独のトリプルルッツもきれいに決めて68.75点でなんとか5位に食い込みました。

今回から導入された『アイスコープ』って?

全日本フィギュアを放送しているフジテレビが今回の大会から『アイスコープ』という機能を導入しました。
 
ジャンプを跳んだときの
 
・飛距離
・高さ
・着氷速度(時速)
 
の3つを専用のカメラで計測して映像として可視化するという技術なんだとか。
 
ちなみに紀平梨花選手の公式練習時のトリプルアクセルは
 
・飛距離→3.09m
・高さ→0.52m
・着氷速度(時速)→13.0km
 
でした。
 
これは男子選手のトリプルアクセルにも負けないほどの数字なんだそう!

2018全日本フィギュア紀平梨花SP

やっぱり少し緊張している感じにも見えますね。
 
 
女子の最終結果はコチラ↓
>>>【全日本フィギュア女子FS】紀平梨花がトリプルアクセルを2回決めて準優勝!優勝は坂本花織
 
 
>>>【2018全日本フィギュア男子SP】復帰した高橋大輔は2位!3連覇を目指す宇野昌磨が首位発進!

おわりに

紀平選手、トリプルアクセルあとちょっとでしたねぇ…( ˘ω˘ )
 
運命のフリー、全日本4連覇中の宮原選手がこのまま浅田真央超えの5連覇を達成するのか、
それとも紀平選手が二度のトリプルアクセルを決めて大逆転するのか!
 
 
23日のフリーが楽しみです!
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket



記事一覧へ