【大河ドラマ『いだてん』】『美川秀信』役の勝地涼への独占インタビュー!『いだてん』撮影の裏話も!?【クマロク!】

LINEで送る
Pocket

【大河ドラマ『いだてん』】『美川秀信』役の勝地涼への独占インタビュー!『いだてん』撮影の裏話も!?【クマロク!】


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
5月7日(火)放送の夕方の番組『クマロク!』(NHK熊本)。
 
 
大河ドラマ『いだてん』の登場人物『美川秀信』を演じる俳優の勝地涼さんへのインタビューが放送されました。
 
 
View this post on Instagram

#いだてん きんときくん😸VS勝地メルくん😾 #猫 #嫉妬

勝地涼さん(@ryo.katsuji.official)がシェアした投稿 –


 
 
4月下旬に熊本市内で開催された『いだてん』トークイベント後に行われた、NHK熊本の独占インタビューとのこと。
 
 
撮影の裏話や勝地涼さんと美川さんの親族の方とのやり取りもあるなど、いだてんファンにはたまらない内容でしたよ(*’ω’*)
 
 
今回は「『美川秀信』役の勝地涼さんの独占インタビュー」について書いてみました。

いだてん 反響と手応え

金子紗也アナ「勝地さんは現在、大河ドラマ『いだてん』で主人公の『金栗四三』の幼なじみで同級生の『美川秀信』を演じています」
 
 
池田達郎アナ「ちょっと出演者の中でもお茶目といいますか、破天荒なところもあるし。なかなかユニークなキャラクターですよね」
 
 
金子「そうですよね、存在感がありますよね。その勝地さん、先月末熊本市で行われたトークイベントに登場し、集まったファンの前で共演者とのエピソードや撮影の裏話が披露されました」
「イベント終了後、独占インタビューしました」
 
 
―――ここから独占インタビュー
 
 
【いだてん 反響と手応え】
 
 
ナレーション「まずは放送が進む『いだてん』の反響と、ここまでの手応えについて伺いました」
 
 
勝地涼さん「『面白い!』ってとにかくいろんな方から、関係者含め言われます」
「『今までの大河、僕が小っちゃいころから見てる中でも一番場面展開が多いよな』とか、絵が明るかったりとか。みんなが生き生きとして『生きてる』って感じが伝わるのが『いだてん』な気がするんですよね」
「それはすごく革命的なことというか」
 
 
ナレーション「勝地さんが演じる美川秀信は、金栗四三の同級生で実在の人物。お調子者でどこか憎めない愛されキャラです。ドラマの中ではこんなシーンも…」
 
 
―――橋本愛さん演じる小梅が布団に寝そべって美川を誘うシーン
 
 
ナレーション「こうした演技について、勝地さんは美川の親族の方の反応が心配だったそうです」
 
 
勝地涼さん「あーお久しぶりです、ご無沙汰しております」
 
 
ナレーション「イベント当日、なんと親族の方が勝地さんを訪ねてきました」
 
 
勝地涼さん「どうですか、オンエアを見て『おい、こんなんじゃねぇよ!』とかなりませんか?大丈夫ですか?(笑)」
 
 
美川秀信の子孫の美川正一さん「いえそんなことないです、わりと素直に受け取っております。大丈夫でございます」
 
 
勝地涼さん「嬉しいです、ありがとうございます。ちょっとやり過ぎているところもいっぱいあるんですけどね」
 
 
美川正一さん「まぁ『ちょっと…』っていうところも確かにありますけど(笑)。(ドラマ)全体がそういう雰囲気がありますので、それはバランスが取れているかなぁと思いました」
 
 
勝地涼さん「ちょっと、ほっとしました。実際に目の前にして『楽しんで見てますよ』ていうのは嬉しいですよね」

演じる上で…

【演じる上で…】
 
 
ナレーション「目が離せない表情や動きが魅力の美川。演じる上で大切にしていることを聞きました」
 
 
勝地涼さん「僕が役者の中で普段気をつけてることじゃないんですけど、余白を楽しめるようなスタンスでいたい」
「役に対していっぱいいっぱいで臨んじゃうと、セリフ言ってこうしてってことで終わるんですけど。余白があるってことは相手のセリフをどう受け止められるかだし、どれだけ間を楽しめるかだしっていうのはすごく(気をつけてます)」
「まだまだ全然勉強足りないんですけど、僕が好きな役者さんたちはそういうことをしてらっしゃるなって」
 
 
ナレーション「勝地さんの言葉通り、現場では予測のつかないやり取りが繰り広げられているそうです」
 
 
―――橋本愛さん演じる小梅が美川をビンタするシーン
 
 
ナレーション「この豪快なビンタ。実は『小梅』役、橋本愛さんのアドリブでした」
 
 
Q:最初されたときすごくビックリされたんじゃないですか?
 
 
勝地涼さん「いや、でもビックリは多少したけど、想像の範囲内っていうか。演じてるわけですからね。結局向こうがどうしてきても反応するのが役者だから」
「美川の気持ちとしてはビンタされても、それでも普通にいくっていうのが面白いってなるから。組み立てられてるんですよね」
 
 
―――橋本愛さん演じる小梅がぎゃんぎゃん言うシーン
 
 
勝地涼さん「だからその『ぎゃん行ってぎゃん行ってぎゃんばい!』っていうのは、すっごいネイティブっていうかサラっと言えるから(※橋本愛さんは熊本出身)」
「普通に驚けるっていうか、面白かったそこは」

熊本のみなさんへ

【熊本のみなさんへ】
 
 
ナレーション「最後に、熊本のみなさんにメッセージをもらいました」
 
 
勝地涼さん「やっぱり『いだてん』は熊本の人が見て楽しんでっていうのが、まず第一前提に僕はあると思うんで」
「熊本のみなさんの力で『いだてん』を盛り上げていただきたいっていう気持ちです」
「僕は理想は熊本県の人たちが『またいだてんのロケを熊本でしてほしい』って言ってください、って感じですね」
「頭を撮影したんだったらまた違うシーンで帰ってくるじゃないけど、そういうのがあるといいなぁと思ってるんで、お願いします」
 
 
―――独占インタビューここまで
 
 
勝地涼さんにインタビューしたNHK熊本の辻田桃子さん
「勝地さんもアドリブの演技たくさんしてらっしゃるんですけれども、そんな中でも使われないものも出てくるそうなんですね」
「それについては勝地さん『実際にオンエアに乗らなくても美川がまた面白いことやってるよ』ってその現場の雰囲気が演者さんの表情に出てくるんじゃないか、という風に話していました」
「(橋本愛さん演じる小梅とも)最近ちょっとイイ感じですもんね。詳しくはお伝えできないということだったんですけれども、小梅との関係は勝地さん曰く『これからちょっと面白いポイントになってくるので注目してください』ということでした」
「そしてその中で美川の夢がころころと変わっていくんですよね。そういったところもみなさんに見てほしいと話していました」

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
小梅ちゃんと美川、二人のこれからの関係が気になる(*´ω`)

 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket


記事一覧へ