【いだてん『敵は幾万』】『三島和歌子の母心』『四三が歌う自転車節』『乗れなかった嘉納治五郎』第8回への反響まとめ

LINEで送る
Pocket

大河ドラマ『いだてん』第8回『敵は幾万』

いつの時代も我が子を思う母心は同じです


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>『第8回のあらすじ&感想』へ
 
 
ついにオリンピック開催地のストックホルムに向けて四三たちが旅立った『いだてん』第8回。
 
 
三島弥彦の母・和歌子のいじらしい母心に大きな反響があったようですよ( ˘ω˘ )
 
 
今回は『いだてん』第8回を視聴した人たちのツイッター上での反響をまとめてみました。
 
 

『三島和歌子の母心』

スポーツに打ち込もうとする息子、弥彦のことを快く思っていかったはずの和歌子さん。
 
 
弥彦がストックホルムに旅立つ日、ついに母としての思いが溢れ出します。
 
 
その感動的なシーンにたくさんの反響があったようです( ˘ω˘ )
 
 

『四三が歌う自転車節』

ストックホルムの渡航費集めの手助けをしてくれた玉名にいるスヤに向けて、自転車節を切なく歌い上げる四三。
 
 
お見合い結婚で池部家にお嫁に行くスヤを、それでも思い続ける四三の儚い恋心。
 
 
その美しくて印象的なシーンにも感動の声が上がっていました。
 
 

『乗れなかった嘉納治五郎』

感動的なシーンの連続で幕を閉じるかと思われていた今回、最後の最後に見事なオチが用意してありました(;´∀`)
 
 


 
 
今回もいだてんファンによる熱いツイートの数々をどうぞ(*’ω’*)
 
 

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
涙あり笑いありの、まさに『神回』となりました( ˘ω˘ )
 
 
>>>次回:『第9回への反響まとめ』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket


記事一覧へ