【いだてん『独裁者』】『岸清一の功績』『前畑秀子の奮起』『四三を慕う小松勝』第32回への反響まとめ

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【いだてん『独裁者』】『岸清一の功績』『前畑秀子の奮起』『四三を慕う小松勝』第32回への反響まとめ

第2代大日本体育協会会長、逝く


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>『第32回のあらすじ&感想』へ
 
 
東京オリンピック招致に向けて本格的に動き出した『いだてん』第32回。
 
 
志半ばで喘息の悪化によりこの世を去った、体協会長の岸清一。
 
 
その彼の功績を称えるたくさんの反応がありました。
 
 
今回は『いだてん』第32回を視聴した人たちのツイッター上での反響をまとめてみました。
 
 

『岸清一の功績』に対する反響

財政難の大日本体育協会を立て直すために招かれた、弁護士の岸清一。
 
 
その後、初代会長だった嘉納治五郎の後を継いで第2代会長に就きます。
 
 
当初はスポーツに対して冷めた見方をしていた岸でしたが、選手たちが気力を尽くして打ち込む姿に徐々に惹かれていきます。
 
 
東京オリンピックの招致成功を見ることなくこの世を去った岸に、多くの惜しみない声がありました。
 
 

『前畑秀子の奮起』に対する反響

ロサンゼルスオリンピックで日本女子水泳初のメダルを勝ち取った前畑秀子。
 
 
その前畑に対し「どうして金メダルを取ってこなかったんだね」と、批判の言葉を浴びせた東京市長の永田秀次郎。
 
 
しかし、その言葉を聞いた前畑は現役続行を決め、4年後のベルリンに向けて心新たに血のにじむような特訓を開始します。
 
 

『四三を慕う小松勝』に対する反響

熊本で家族と穏やかな日々を送っていた四三のもとに、彼を慕う小松勝という青年が現れます。
 
 
そう、古今亭志ん生に弟子入りした、あの五りんの父親となるであろう人です(*’ω’*)
 
 

 
 
今回もいだてんクラスタの皆さんのツイートをどうぞ♪
 
 

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
岸清一さん、日本のスポーツ発展に対する多大なる尽力をありがとうございました。
 
 
>>>次回:『第33回への反響まとめ』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。



記事一覧へ