【大河ドラマ『いだてん』】第6回『お江戸日本橋』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

大河ドラマ『いだてん』第6回『お江戸日本橋』

弥彦に続いて四三の辞退でオリンピック代表が決まらない!?


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第5回のあらすじ&感想』へ
 
 
三島弥彦とともに日本人初のオリンピック代表に選ばれた金栗四三。
 
 
ところが、家族に反対された弥彦だけでなく四三までが突然代表を辞退!?
 
 
果たして日本初のオリンピック参加はどうなる!?
 
 
それでは『いだてん』第6回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第6回のあらすじ

第6回「お江戸日本橋」
 
 
播磨屋の辛作(ピエール瀧)に詫びを入れて、改良された足袋を作ってもらうことができた四三(中村勘九郎)。
 
 
一方、国際オリンピック委員会のクーベルタン男爵からの手紙も届き、日本初のオリンピックの参加を心待ちにする嘉納治五郎(役所広司)。
 
 
しかし、そこには新たな問題が立ちはだかっていた。
 
 
家族である三島家からの融資が断られたせいで、オリンピックの開催地であるストックホルムまでの渡航費の工面が難航していたのだ。
 
 
そんな中、オリンピック代表として決定していた四三が突然代表の辞退を申し出る。
 
 
「10里を走れるかどうかを試すために出場しただけで、そんな大きな大会だとは知らなかった」と。
 
 
「何事も最初はつらい。自信もなかろう。しかし、誰かがその任を負わねば、革新の時は来ない」
「金栗君、日本のスポーツ界のために、黎明(れいめい)の鐘となってくれたまえ!」と四三を説得する嘉納。
 
 
その嘉納の熱意に心を打たれた四三は「勝敗にこだわらず、出せる力を出してきます」と、自費でのオリンピック参加を決意する。
 
 
熊本の実家に資金援助の手紙を書いた四三、浅草から日本橋を通って芝までの道のりを往復しながらマラソンの練習に励むのだった。

大河ドラマ『いだてん』第6回の感想

日本人として初のオリンピック代表になるというプレッシャーで弱気になっていた四三。
 
 
嘉納さん、「負けたら切腹かも!?国民に叩かれるかも!?」とビビる四三を熱く説得したのまではよかった。
 
 
でも「オリンピックの参加費は自費でよろしく♪」でどういうことよ?(笑)
 
 

そこは当然あんたが出すのが筋でしょ!

 
 
日本の初めてのオリンピック参加を熱望したのは嘉納さんなわけで。
 
 
「自費で参加すれば勝っても負けても気が楽」って、四三の言っていたように国民はそうは見ないだろうし。
 
 
当時大変だった清国からの留学生にお金使うのもいいけど、だったら決死の覚悟で参加するオリンピック代表にも気持ちよくお金出してあげてよ(´;ω;`)
 
 
せっかく「黎明の鐘になれ!」なんて名言にウルっときてたのに(;´∀`)
 
 
関連記事>>>【いだてん『お江戸日本橋』】『負けたら切腹』『嘉納治五郎の口車』『四三と孝蔵と五輪の花火』第6回への反響まとめ
 
 
それにしても、当時の大学教員数年分の給料だった1800円もの大金、熊本の田舎の実家が用意できるのかなぁ…汗
 
 
ところで、四三と同じ時代を生きた志ん生も人力車を引きながら、日本橋を毎日行き来して落語の勉強をやっていたっていうのが面白いですね。
 
 
今回の大河はたくさんの『いだてん』の人生を垣間見ることができて、本当に一瞬も目を離せないです(*’ω’*)

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『ちゃんから』。
 
 
「がらくた」という意味です。
 
 

これどぎゃんね?よかろ?オークションで安く買えたったいね♪

 
 
なんかいそりゃ?ただのちゃんからたい(笑)

 
 
・・・。

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
もう一人の主人公である田畑政治の出演シーン、少しずつ増えてきましたね( ˘ω˘ )
 
 
東京オリンピック委員会の事務総長として、1964年のアジア初の東京オリンピック開催に尽力した田畑。
 
 
彼がこれからどう絡んでくるのかも楽しみです。
 
 
>>>次回:『第7回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。



記事一覧へ