【大河ドラマ『いだてん』】第45回『火の鳥』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第45回『火の鳥』あらすじ&感想

事務総長をクビになった田畑の行く末は


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第44回のあらすじ&感想』へ
 
 
アジア大会への参加の責任を負わされ、事務総長を解任になった田畑。
 
 
田畑を失った東京オリンピックの運命は?田畑の復活はなるか!?
 
 
それでは『いだてん』第45回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第45回のあらすじ

第45回「火の鳥」
 
 
東京オリンピックを2年後に控え、田畑(阿部サダヲ)は組織委員会の事務総長を解任される。
 
 
そんな田畑を心配して訪ねてきた岩田(松坂桃李)、松澤(皆川猿時)、森西(角田晃広)。
 
 
岩田は自分も渉外部長を辞めると言い出す。
 
 
引き止める田畑、すると岩田はストップウオッチを取り出した。
 
 
それを見た田畑は、慌てて取り返そうとしてから思い直す。
 
 
「いや、いい!やっと暇もできた。家族水入らず、旅行にでも行くよ」
 
 
そこへ田畑と菊枝(麻生久美子)の次女、あつ子(吉川愛)が声をかけてきた。
 
 
菊枝によると、解任以来、田畑はすっかりふさぎ込んでいるという。
 
 
時々来て話し相手になってくださいと言う菊枝とあつ子に、それではまるで裏組織委員会だと森西が笑った。
 
 
その後、田畑の解任を受けて黒澤明が東京オリンピック記録映画の映像監督を辞任。
 
 
新しい事務総長には歌人・与謝野晶子の次男で外交官の与謝野秀が就任した。
 
 
1962年10月には、日貿貝塚女子バレーボール部が世界選手権でソビエトを下して世界一となり、世界中のメディアから『東洋の魔女』と呼ばれるようになった。
 
 
しかし、大松監督(徳井義実)は監督の辞意を表明する。
 
 
田畑は慌てて大阪に飛び、大松から事情を聞いた。
 
 
「青春を犠牲にして、いたずらに婚期を遅らせるのはどないやねんと」と言う大松。
 
 
なんとか東京オリンピックまであと2年続けてほしいと説得する田畑だったが、大松は聞き入れなかった。
 
 
田畑家での“裏組織委員会”はその後も続き、グラフィックデザイナーの亀倉雄策は新しいオリンピックのポスターを“表”の組織委員よりも早く田畑に見せに来た。
 
 
“表”の組織委員会で岩田がコンパニオンのオーディションを行っていると、そこへ年老いた男性が迷い込んでくる。
 
 
聞けば、聖火リレーの最終ランナーに立候補したいのだという。
 
 
岩田は裏の組織委員会でこの話をすると、田畑はその年老いた男性が四三(中村勘九郎)だと確信した。
 
 
四三は自分が生涯をかけて走った場所を示す日本地図を持参し、田畑に渡してほしいと岩田に託していた。
 
 
それを見た田畑は、沖縄で4つに分けた聖火を全国46都道府県にくまなく走らせることをひらめく。
 
 
裏の組織委員会で田畑がまとめたアイデアを、岩田が表の組織委員会で与謝野、東ら幹部に話して聞かせた。
 
 
幹部はこの計画を受け入れ、最終ランナーには四三か、三段跳びの金メダリストの織田幹雄はどうかと話し合った。
 
 
だが田畑は、最終ランナーには未来ある若者がふさわしいと考えていた。
 
 
田畑は大松を説得するべく、菊枝とあつ子を連れて再び大阪を訪れる。
 
 
大松は、トレーニングウエアでコートに立った田畑を目がけてスパイクを打ちながら、複雑な心中を語った。
 
 
引退発表後に大松のもとに届いた5000通の手紙は、6割が引退に賛成、残りの4割はオリンピックに出るべきだと書かれていた。
 
 
大松がやると言えば、選手たちはあと2年、青春を犠牲にしてついてくるだろう。
 
 
しかし選手たちは、自分たちは青春を犠牲になどしていないと語る。
 
 
「今が、バレーボールが青春だから!言ってくださいよ、俺についてこいって!」
 
 
「俺に…俺についてこい!」
 
 
こうして東洋の魔女たちの東京オリンピック出場が決まった。
 
 
1963年の大みそか、志ん生(ビートたけし)自宅のテレビで紅白歌合戦を見ていた。
 
 
フィナーレは三波春夫(浜野謙太)が歌う『東京五輪音頭』だ。
 
 
すると、その三波春夫の後ろで着流し姿の五りん(神木隆之介)が踊っていた。

大河ドラマ『いだてん』第45回の感想

まーちゃん、事務総長をクビになってどうなることかと思ったら、裏の組織委員会でやる気出してくれてよかった(笑)
 
 
それも妻の菊枝さんや娘さんが理解ある人たちだったからこそ。
 
 
でも、金メダル間違いなしと言われてた女子バレーボールなのに、大松監督に迷いがあったのは選手たちのこれからの人生について考えていたからだったのか。
 
 
1960年代当時の日本って、独身女性は20代半ばですでに“行き遅れ”なんて言われていた時代ですもんね…
 
 
そういう時代の中で『30過ぎた独り身の女性たちにバレーボールを続けさせていたら、これからもうお見合い結婚もできなくなるかもしれない』と、選手たちを気遣う大松監督の気持ちが痛いほど伝わってきました。
 
 
そして、その大松監督の心遣いを理解した上で「バレーボールが青春だから!」ときっぱりと主張した選手たちの覚悟もまた素晴らしかった。
 
 
それこそバレーボールという競技に懸命に取り込んでいたからこそ出てきたセリフなんだなぁと。
 
 
関連記事>>>【いだてん『火の鳥』】『大松監督の決断』『四三が繋ぐ聖火リレー』『菊枝の後押し』第45回への反響まとめ
 
 
それにしても、いだてん紀行の実際の東洋の魔女たちの練習風景で、大松監督にキレて歯向かっていた選手の姿にちょっと笑ってしまいました(*´ω`)
 
 
それもこれも、選手と監督とがお互いに強い信頼関係で結ばれていたからこそなんでしょうけども。
 
 
ところで五りん、師匠の復帰高座の二人会をすっぽかしてどこでなにやってるのかと思ってたら、紅白歌合戦のバックダンサーで踊ってるんかい!汗

くまモン県民カズの熊本弁講座


 
 
今回紹介する熊本弁は『こらす』。
 
 
「いらっしゃる」という意味です。
 
 

四三さんが故郷の玉名に帰ってこらしたばい!

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

created by Rinker
NHK出版
¥1,210 (2019/12/13 15:58:42時点 Amazon調べ-詳細)

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
いだてんも残すはあと2回、次は聖火ランナーがついに決定します!
 
 
四三さん?それとも!?
 
 
>>>次回:『第46回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。