【大河ドラマ『いだてん』】第41回『おれについてこい!』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第41回『おれについてこい!』あらすじ&感想

選手村の場所をめぐり新たな対立が


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第40回のあらすじ&感想』へ
 
 
IOC総会での平沢和重の名スピーチにより、ついに東京にオリンピック開催を引き寄せた田畑ら。
 
 
5年後に迫った東京オリンピックに向けてさっそく動き出します。
 
 
それでは『いだてん』第41回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第41回のあらすじ

第41回「おれについてこい!」
 
 
1959年、5年後の東京オリンピックに向けて組織委員会が立ち上げられた。
 
 
自民党幹事長を務める川島正次郎(浅野忠信)が組織委員会顧問に。
 
 
元大蔵大臣の津島寿一(井上順)が、都知事になった東(松重豊)の後任の体協会長にそれぞれ就任した。
 
 
田畑(阿部サダヲ)は事務総長に就任。
 
 
事務総長は運営責任者であり、オリンピックの司令塔的な立場だ。
 
 
女子バレーボールにメダル獲得の可能性があることを知った田畑。
 
 
大阪の日紡貝塚女子バレーボールチームの視察に行くと、『鬼の大松』と呼ばれる大松博文監督(徳井義実)が過酷な練習を行っていた。
 
 
田畑は嘉納の愛弟子たちが稽古する柔道場に連れていく。
 
 
「どうだ、君のように声を荒げる者は一人としておらんだろう」
 
 
大松は田畑の話を聞かず、守りの秘策がひらめいたと言って走り去った。
 
 
柔道の受け身から、『回転レシーブ』のヒントを得たのだ。
 
 
組織委員会では選手村の設置場所について話し合いが行われた。
 
 
進駐軍が引き上げたあとも、東京近郊には7つの米軍キャンプ場が残っている。
 
 
そのうちの1つを選手村として活用できないかと、アメリカ側との交渉が続けられていた。
 
 
アメリカ側からは埼玉にある朝霞キャンプ・ドレイクはどうかと提案されたが、田畑は遠すぎると反対。
 
 
メイン会場から5分の代々木ワシントンハイツこそが選手村にふさわしいと主張する。
 
 
一方、東京オリンピックのシンボルマークをグラフィックデザイナーの亀倉雄策(前野健太)が手掛けることになり、記録映画の製作には黒澤明(増子直純)に決定した。
 
 
日本国内でオリンピックへの機運がなかなか盛り上がらない現状に危機感を募らせた田畑は、岩田(松坂桃李)に対しローマオリンピックの視察のため1年間ローマに駐在するよう依頼する。
 
 
ローマでのIOC総会では、柔道が東京オリンピックの正式種目に決定した。
 
 
その後、ローマオリンピックの視察を終えた岩田が帰国。
 
 
岩田は8ミリカメラで撮影してきたローマオリンピックの映像を田畑ら役員に見せる。
 
 
記録映画の撮影を頼んだ黒澤は開会式の演出の構想まで考えており、予算として20億円必要なのだと主張。
 
 
岩田によると、ローマオリンピックの予算はイタリア政府からはまったく出ておらず、サッカーくじのトトカルチョの収益で賄われたという。
 
 
田畑はこれを東京オリンピックでも採用しようと考える。
 
 
記者を招いての公開討論の場で田畑が提案すると、津島が激怒する。
 
 
神聖なオリンピックの費用を、博打で得た汚い金で賄うなどけしからんと。
 
 
選手村に関しては朝霞キャンプ・ドレイクに建設する方向で進んでいたが、田畑はやはり代々木がいいと主張する。
 
 
朝霞なら金はかからないという川島に対し、田畑が反論。
 
 
張り詰めた空気の中、田畑と川島はにらみ合った。
 
 
1961年、アテネで開かれたIOC総会で、またしても平沢(星野源)の見事なスピーチによって男子バレーボールが正式種目に決定する。
 
 
田畑は、選手村の件に関して米軍と水面下で交渉してほしいと平沢に頼み込む。
 
 
なぜそこまで代々木にこだわるのかと問う平沢に、選手村はスタジアムの興奮が冷めない距離でないとだめだと答える。
 
 
「選手の記憶に刻まれるのは選手村で過ごした時間なんだ。名もなき予選で敗退する選手ですら、生涯自慢できる大会にしたい。共産主義、資本主義、先進国、途上国、黒人白人黄色人種、ぐっちゃぐちゃに混ざり合ってさ。純粋にスポーツだけで勝負するんだ。終わったら選手村で称え合うんだよ。そういうオリンピックを東京でやりたい」
 
 
そのためにはどうしても代々木でなければだめなのだと。
 
 
すると平沢が口を開いた。
 
 
「私に、考えがあります」

大河ドラマ『いだてん』第41回の感想

選手村の場所かぁ…
 
 
利便性を考えても競技の行われるスタジアムに近い方が、選手たちにとって確かに負担が少ないですよね。
 
 
田畑のまーちゃんが監督として参加したロサンゼルスオリンピックも、選手村には世界各国の選手が集まってて楽しそうだったし。
 
 
嘉納先生のファンの集いもあったしね(笑)
 
 
逆にベルリンオリンピックでは完全に国ごとに分かれていて静かなもんでした…
 
 
それにしても、選手村をどこにするかで揉めている今回のいだてんと、2020東京オリンピックのマラソン開催を東京から札幌に変更するかで揉めている現実と。
 
 
ちょうどリンクしていてホントにびっくり汗
 
 
あのマラソンの件も先月行われて棄権者が続出したドーハでの大会後に、危機感を持った世界陸連がIOCに訴えたのが発端のようですけど。
 
 
当の選手たちは直前の変更に対してどう思っているんでしょうか…?
 
 
開催都市である東京に一切なんの連絡もなく、いつの間にか札幌に決定した経緯もよく分からないし。
 
 
これがまーちゃんだったら、一体どうしてたんだろうなぁ。
 
 
関連記事>>>【いだてん『おれについてこい!』】『アスリートファースト』『亀倉雄策のデザイン』『鬼の大松』第41回への反響まとめ
 
 
ところで、削られた1分でどの部分なんだろ?
 
 
徳井さん、普通にバンバン出てたし(;´∀`)
 
 
東洋の魔女の監督役だから丸々カットして存在しなかったことにはできないし、最初にお詫びテロップ出したんなら放送そのものは別にそのまま流してもよかったのに…

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『ほがす』。
 
 
「穴を開ける」という意味です。
 
 

あたは床板ばほがしたろ?

 
 
…知らんよ

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
いだてんの1964東京オリンピックも、現実世界の2020東京オリンピックも、まだまだ問題が山積みですね…
 
 
>>>次回:『第42回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。