【大河ドラマ『いだてん』】第34回『226』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第34回『226』あらすじ&感想

二・二六事件勃発


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第33回のあらすじ&感想』へ
 
 
IOCオスロ総会で会長のラトゥールがまさかの投票の延期を決め、土壇場に追い込まれた東京招致。
 
 
嘉納は起死回生のためラトゥールを東京に招待します。
 
 
それでは『いだてん』第34回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第34回のあらすじ

第34回「226」
 
 
1936年2月26日、「二・二六事件」が勃発する。
 
 
陸軍の青年将校らが『昭和維新』『尊皇斬奸』をスローガンに決起したのだ。
 
 
彼らは大蔵大臣の高橋是清(萩原健一)を襲撃、高橋は凶弾に倒れる。
 
 
午前9時、朝日新聞社に将校たちがなだれ込んできた。
 
 
政治部長の緒方(リリー・フランキー)が代表して出ていくと、返り血を浴びた中橋中尉(渋谷謙人)が立っていた。
 
 
中橋は高橋是清に天誅を下してきたと告げ、「国賊新聞を叩き潰すのだ!」と社内に押し入る。
 
 
田畑(阿部サダヲ)は止めに入ろうとして殴られてしまう。
 
 
その頃、四三(中村勘九郎)は小松(仲野太賀)とともに『カフェー・ニューミカワ』にいた。
 
 
家出をしてきたものの、駅に着くと東京で暴動が起きて大混乱していると知らされたのだ。
 
 
家出を中止し家に戻ると、スヤ(綾瀬はるか)や幾江(大竹しのぶ)がラジオに聞き入っていた。
 
 
翌27日には戒厳令が敷かれる。
 
 
反乱軍は29日に投降したが、依然として東京は厳戒態勢のままだった。
 
 
そんな中、IOC会長のラトゥールがサンフランシスコを出発したと、陸上総監督の山本(田中美央)が田畑家に伝えにくる。
 
 
そして「こんなときだからこそオリンピックを」と嘉納(役所広司)が言っていたと。
 
 
田畑は妻の菊枝に「俺は怖い。是清さんも、犬養さんも、俺が関わった政治家が次々に殺された」と心境を吐露する。
 
 
だったら記者とオリンピックのどちらかを止めたらどうかという菊枝に、オリンピックをやるのは今しかないと反論する田畑。
 
 
田畑はオリンピック招致委員会が開かれている東京市庁舎へ向かう。
 
 
今の混乱している日本で本当にオリンピックをやれると思っているのか?と嘉納に問う田畑。
 
 
「やれるとか、やりたいとかじゃないんだよ!やるんだよ!」
 
 
そう断言する嘉納に、田畑も覚悟を決める。
 
 
3月19日、来日したラトゥールが東京市庁舎に到着する。
 
 
ラトゥールの移動手段には、嘉納の提案で元車夫の清さん(峯田和伸)の人力車が選ばれる。
 
 
隅田川沿いを、桜を見ながら新橋方面へ移動。
 
 
会食を楽しんだあと、オリンピックメイン会場となる神宮競技場の視察を行う。
 
 
ラトゥールの希望で前体協会長の岸(岩松了)の墓参りをし、寄席では孝蔵(森山未來)の落語を楽しむ。
 
 
ラトゥールを乗せて人力車を引く清さんが近道を通っていると、子どもたちがゴム跳びやかけっこで遊んでいた。
 
 
それを見たラトゥールは驚き、「Leux Olympiques!(オリンピック)」と声を上げる。
 
 
池部家では四三が嘉納からの手紙を幾江とスヤに見せ、オリンピック招致に協力するため東京に行きたいと伝えていた。
 
 
自分がいなくとも寂しくはないだろうとつぶやく四三に、幾江が声を荒げる。
 
 
「寂しくなかこつ、あるわけなかろが!働かん、走ってばかりの息子でん、4年もおらんかったら寂しか!それが親じゃ、こんアホが!」
 
 
幾江の本心を聞いた四三は、感激して抱きつくのだった。
 
 
嘉納は講道館にラトゥールを連れて行き、柔道の稽古をつける。
 
 
ムッソリーニを説得せよと命じたのは自分だと謝罪した嘉納。
 
 
東京でオリンピックを開けるのなら、歴史に残る平和の祭典にしてみせるとラトゥールに誓うのだった。
 
 
9日間の東京滞在を終え、ラトゥールは記者会見でこう語った。
 
 
「この国では子どもでさえも、オリンピックを知っている。戒厳令の町で、子どもはスポーツに夢中だ。オリンピック精神が満ちている、弁当箱の中にまで。皆さん、オリンピックはアジアに来るべきだ」

大河ドラマ『いだてん』第34回の感想

ラトゥールさんの来日直前に二・二六事件が起きていたなんて、タイミング悪すぎ…
 
 
しかも田畑さんも危うく大怪我を負わされるところだったし。
 
 
純粋にスポーツの祭典をやりたいだけの田畑のマーちゃん、それなのに時代はどんどんきな臭い方向に向かっていってるし。
 
 
「本当にこんな状態でオリンピックなんてやれるのか?」と思うのも無理ないか。
 
 
でも、そんな弱気な田畑さんを力強く引っ張り上げるのが、オリンピックをこよなく愛する我らが嘉納先生。
 
 
日本が初めてオリンピックに参加したときも、莫大な借金を背負ってでも予算をかき集めていましたもんね。
 
 
関連記事>>>【いだてん『226』】『二・二六事件』『お・も・て・な・し』『幾江が明かした親心』第34回への反響まとめ
 
 
まぁでも選手だった四三さんは、予算不足で自腹で行かされましたけどね…(笑)
 
 
それにしても、まさかここで清さんと小梅ちゃん夫婦が登場するとは。
 
 
美川君に続いて久しぶりに見られてよかった。
 
 
母である幾江さんの四三さんに対する愛も垣間見られたし、改めて幾江さんて心の大きな人だなぁと。
 
 
それになんと言っても、幾江さんを演じている大竹しのぶさんの演技が素晴らしい!
 
 
熊本県民の僕から見ても完璧な熊本弁だしね(*´ω`)

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『つこける』。
 
 
「転ぶ」という意味です。
 
 

がんばれ金栗先輩!最後までつこけんで走り抜け!

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
東京でたくさんのおもてなしを受けたIOC会長のラトゥールさん。
 
 
果たして東京オリンピック招致はどうなるんでしょうかね。
 
 
>>>次回:『第35回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。