【大河ドラマ『いだてん』】第31回『トップ・オブ・ザ・ワールド』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第31回『トップ・オブ・ザ・ワールド』あらすじ&感想

平泳ぎの前畑秀子が決勝に挑む


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第30回のあらすじ&感想』へ
 
 
体調を崩した大横田が400m自由形で銅メダルに終わり、全種目制覇という目標が絶たれた日本男子。
 
 
そんな中で女子種目がスタート。
 
 
平泳ぎ日本代表の前畑の結果は果たして…
 
 
それでは『いだてん』第31回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第31回のあらすじ

第31回「トップ・オブ・ザ・ワールド」
 
 
大活躍を続ける日本男子水泳チーム。
 
 
一方、女子チームはそれほど期待されていなかったが、平泳ぎの前畑(上白石萌歌)だけは決勝まで勝ち進んでいた。
 
 
200平泳ぎ決勝、「何が何でも勝ってくれ!」田畑(阿部サダヲ)はそう叫んでいた。
 
 
号砲とともにレースがスタートし、前畑は残り50mの地点で3位につける。
 
 
観客の声援が響く中、懸命に泳ぎゴールにたどり着いた前畑。
 
 
記録は3分6秒4、トップのオーストラリアのデニスとはわずか0.1秒差で銀メダルを獲得。
 
 
女子水泳界に初めてのメダルをもたらした。
 
 
熊本の池部家を継いで廻船問屋の旦那となっていた四三(中村勘九郎)も、妻のスヤ(綾瀬はるか)や子どもたちとラジオ放送を聞いていた。
 
 
「あんたよう、がまだしたばい!」
 
 
男子100m背泳ぎでは、日本代表が金銀銅メダルを独占。
 
 
君が代とともに3つの日の丸が掲揚された。
 
 
客席で君が代を歌う日系人を見た嘉納(役所広司)、その嬉しそうな顔に感慨もひとしお。
 
 
嘉納はTOC会長のラトゥールと会談し、閉会式のエキシビションで日本チームによる日本泳法の披露を依頼される。
 
 
若手選手たちはみなクロールしか知らなかったため、田畑も泳ぐことになった。
 
 
その後も男子の活躍は続き、1500m自由形で金銀メダルを獲得。
 
 
最終種目の200m平泳ぎでは小池(前田旺志郎)が銀メダル、鶴田(大東駿介)が金メダルを獲得し日本初のオリンピック二連覇を達成する。
 
 
日本男子チームは6種目中5種目で金メダル、メダルの総数は12個にのぼった。
 
 
閉会式では田畑ら日本チームが日本泳法を披露、立ち泳ぎをしながら文字を書く『水書』を行う。
 
 
『Xth OLYMPIAD(第10回オリンピック競技大会)』という言葉が掲げられると、会場から拍手喝采を受けた。
 
 
第10回オリンピックロサンゼルス大会だ大成功のうちに幕を閉じる。
 
 
実感放送を担当したアナウンサーの河西(トータス松本)と松内、ヨーロッパへの視察旅行の前に田畑に挨拶をしに選手村にやってくる。
 
 
国際連盟の命によるイギリスのリットン伯爵を団長とする調査団により、満州事変に関する報告書が作成されることになっていた。
 
 
日本選手団がロサンゼルスを発つ8月15日、リトルトーキョーでは日系人だけでなくアメリカ人までもが日の丸の旗を振って見送った。
 
 
バスに乗った選手団の前に、ウエイトレスのナオミ(織田梨沙)が付きそって一人の日系の老人が歩み出てきた。
 
 
「ありがとう!総監督どの!」、老人はそう言って田畑に抱きついた。
 
 
アメリカに来て27年になるというその老人は、白人が手を握ってきて日本選手への祝福の言葉をかけられたことを嬉しそうに語った。
 
 
「俺は日本人だ!」、老人が叫ぶと、他の日系人も次々とそれに続いた。
 
 
バスから降りてきた嘉納、1940年東京にオリンピック開催が決まった暁には彼らを招待することを誓う。
 
 
8月24日、日本選手団を乗せた船がサンフランシスコから出港。
 
 
そのころ熊本の池部家では、ロサンゼルスでの日本選手団の活躍に刺激を受けて、久しぶりに冷水浴を始める四三。
 
 
金栗足袋を履くとランニングへと繰り出した。
 
 
帰国した日本選手団は東京駅で大歓迎を受ける。
 
 
朝日新聞社に立ち寄った田畑は、号外用に書かれた『全種目制覇ならず!』の記事を見て落ち込む。
 
 
むしろ全部取らなくてよかった、全部取るなんて面白くない、一個残してきたのは田畑の品格だと話す菊枝(麻生久美子)。
 
 
初めて菊枝の声を聞き立ち直った田畑を見て、菊枝は優しく微笑んだ。
 
 
その後、日比谷公園音楽堂で選手たちを招いた大市民歓迎会が開かれる。
 
 
「なんで金メダルを取ってこなかったんだね?」
 
 
控室で東京市長の永田(イッセー尾形)が前畑に言い放った。

大河ドラマ『いだてん』第31回の感想

前畑さんやったー(ノД`)・゜・。
 
 
前回アムステルダムオリンピックに日本女子として唯一出場し、見事銀メダルを獲得した人見絹枝さん。
 
 
その人見さんに続いて日本女子水泳初の銀メダル!
 
 
人見絹枝さんを尊敬していた前畑秀子さん、競技は違えど女子のたすきはしっかりと繋がりましたね。
 
 
それなのに、最後の最後であの東京市長の空気の読めない発言…
 
 
当時日本女子がオリンピックに出場するだけでも大変な時代に、堂々の銀メダルですよ!?
 
 
しかも日本代表女子で唯一のメダル獲得選手。
 
 
前年にご両親を脳溢血で相次いで失って、水泳を続けることすら危ぶまれていた前畑さん。
 
 
それなのに、2位じゃダメだなんて無神経すぎる!だったらお前が取ってこい!(-_-メ)
 
 
頑張ったのは選手本人なのであって、応援する側はただ見てただけの存在なのに。
 
 
来年の東京オリンピックでは、一人一人が節度を持った応援をしたいですね( ˘ω˘ )
 
 
関連記事>>>【いだてん『トップ・オブ・ザ・ワールド』】『前畑秀子の快挙』『日本泳法』『日系人の誇り』第31回への反響まとめ
 
 
それにしても、たとえ少しの間だけでも現地の日系の人たちに勇気と希望、そして日系人としての誇りを持ってもらうことができたなんて。
 
 
つくづくスポーツの持つ力ってすごいなぁ…

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『おめく』。
 
 
「さけぶ」という意味です。
 
 

みかわー!みかわー!出てこんかー!

 
 
せからしかねー、おめかんで!

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
田畑のまーちゃんと菊枝さん、ちょっぴり距離が近づきましたね(*´ω`)
 
 
>>>次回:『第32回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。