【大河ドラマ『いだてん』】第29回『夢のカリフォルニア』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第29回『夢のカリフォルニア』あらすじ&感想

日本選手団、ついにロサンゼルスに到着


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第28回のあらすじ&感想』へ
 
 
オリンピック開催地ロサンゼルスを目指し日本を発った、田畑たちオリンピック日本代表団。
 
 
全種目での金メダル獲得を夢にアメリカ大陸へと足を踏み入れます。
 
 
それでは『いだてん』第29回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第29回のあらすじ

第29回「夢のカリフォルニア」
 
 
1932年6月23日、アメリカを目指して横浜を出港した日本選手団。
 
 
ハワイ、サンフランシスコを経由し、7月9日ロサンゼルスに到着。
 
 
リトルトーキョーでは歓迎パレードが開かれ、現地の日系人から大歓迎を受ける。
 
 
この大会から本格的に選手村が導入され、37カ国2000人もの選手たちが利用することになる。
 
 
日本代表団は開催国アメリカに次いで2番目に多い人数を送り込んでいだ。
 
 
翌朝、田畑(阿部サダヲ)は掲示板の張り紙を選手たちに読ませる。
 
 
「一種目も失うな!」
 
 
その後プールに移動した日本代表選手たち、練習を始めた途端にアメリカの選手たちが一斉にプールから上がってしまう。
 
 
日本食レストランの店主から、有色人種である日系人は白人とは一緒にプールに入れないと聞かされる田畑。
 
 
日本代表が夕方から練習を再開すると、またアメリカの選手がプールから出て遠巻きに日本の選手たちの練習を見ていた。
 
 
田畑がたまりかねて抗議しようとすると、アメリカチーム監督のキッパスが「アメリカの選手たちは日本のクロールを観察して研究しているのだ」と教えられる。
 
 
7月18日、選手村に前畑(上白石萌歌)ら女子選手たちが到着。
 
 
親善大使として着物姿でレセプションパーティーに出席した。
 
 
田畑は高石(斎藤工)を試合には出さないことをすでに決めていた。
 
 
いわゆるノンプレイングキャプテンの役割を任せるつもりでいたのだ。
 
 
しかし高石は試合への出場をあきらめておらず、鶴田(大東駿介)とともに深夜遅くまで練習を行っていた。
 
 
そのころ、田畑は日本料理店で野田(三浦貴大)と食事をしながら打ち合わせをしていた。
 
 
日系二世のウエイトレス・ナオミ(織田梨沙)に、日本とアメリカどちらに勝ってほしいか尋ねる田畑。
 
 
するとナオミから「日本人が勝てば日系人がひどい目に合う。どうせ勝てないのにできないことを言うな」と言われてしまう。
 
 
しかし田畑はやってみないと分からないと反論する。
 
 
田畑が選手村に戻ると、松澤(皆川猿時)から高石を出場させてやってほしいとお願いされる。
 
 
さらに若手の大横田(林遣都)からも「高石さんが出場することは、メダル以上の価値があります!」と頼まれる。
 
 
それでも田畑は「勝てる選手を出す」と、最後まで首を縦には振らなかった。
 
 
どうしてそこまでメダルにこだわるのかと問い詰める松澤。
 
 
田畑は「日本を明るくするためだ」と本心を語る。
 
 
満州事変や五・一五事件など、新聞には暗い話題ばかりが踊っている。
 
 
しかしオリンピックの水泳で全種目制覇すれば、開催期間中だけでも日本に明るい話題を提供できると考えたのだ。
 
 
田畑は日本代表が全種目金メダルを取ったときの号外記事を書きあげて、速記係の菊枝(麻生久美子)に渡してきていた。
 
 
「スポーツで日本を明るくする。スポーツで国を変えることができるじゃんねぇ!」
 
 
それをドアの外で聞いていた高石の姿があった。
 
 
翌日の選考会、鶴田は小池(前田旺志郎)に続いて2位、見事200m平泳ぎの代表の一人に選ばれる。
 
 
しかし、高石は若手の宮崎(西山潤)らに大差で敗れ、100m自由形の代表入りは叶わなかった。
 
 
そのころ、ロサンゼルスに到着した嘉納(役所広司)。
 
 
IOC総会の場で1940年開催のオリンピック招致に東京の立候補を正式に表明する。
 
 
そして1932年7月30日、ロサンゼルスオリンピックが華々しく開幕するのだった。

大河ドラマ『いだてん』第29回の感想

初っ端から有色人種への差別、キツいですね…
 
 
当時の日本代表選手たちは競技に集中する以前に、こういった差別にも気を使わなければならなかったんですね。
 
 
アメリカチームの監督がフォローしてくれてましたけど、あれはおそらく気を利かせたウソですよね( ˘ω˘ )
 
 
現地に住んで有色人種への差別を身に染みて経験しているであろう、当の日系の人たちもそう言っていましたもんね。
 
 
もちろん、中には日本代表選手の泳ぎ方を研究したいと本心から思っていたアメリカ人選手もいたかもしれません。
 
 
でも当時は今と違って、黒人だけでなく日系人も有色人種としてごく当たり前のように差別されていたアメリカ。
 
 
練習用プールの施設にも『white only room』という表記の部屋があったように、差別意識がまったくないはずがないですし。
 
 
でも、だからこそ現地の日系人に堂々と胸を張ってもらうために、そして日本の地に少しでも明るい話題を持って帰るために…
 
 
代表選手たちに全種目で金メダルを取ってほしいと考えた田畑のまーちゃん。
 
 
その気持ち、よく分かります。
 
 
一方で、選手としてどうしても出場したかった高石選手、その気持ちもやっぱり分かります。
 
 
そりゃだってこのオリンピックのために、ここまで4年間必死で練習を続けてきた現役の選手なんですもんね。
 
 
代表選考会、高石選手に勝ってほしかった…(泣)
 
 
それでも栄誉あるノンプレイングキャプテンとして、胸を張れ高石!
 
 
関連記事>>>【いだてん『夢のカリフォルニア』】『ミュージカル大河』『スポーツで日本を明るく』『高石の覚悟』第29回への反響まとめ
 
 
それにしても、オープニングからいきなり日本代表団によるミュージカル調ノリノリダンス…
 
 
いろんな意味で型破りな大河ドラマだなぁ(;´∀`)

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『でけん』。
 
 
「ダメ」という意味です。
 
 

あたなんばしよっと!?でけん!そぎゃんこつばすっと!

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
高石選手を手ぶらで帰らせるわけにはいかない!がんばれ日本代表!
 
 
>>>次回:『第30回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。



記事一覧へ