【大河ドラマ『いだてん』】第28回『走れ大地を』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第28回『走れ大地を』あらすじ&感想

満州事変が勃発し激動の時代へ


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第27回のあらすじ&感想』へ
 
 
ロサンゼルスオリンピックに向けて本格的に動き出した田畑たち日本代表。
 
 
しかし、時代は少しずつ戦争へと突き進んでいきます。
 
 
それでは『いだてん』第28回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第28回のあらすじ

第28回「走れ大地を」
 
 
昭和6年8月、日米対抗水上競技大会が神宮プールで開催される。
 
 
日本は40対23で世界王者アメリカに圧勝、興行的にも大成功を収めた。
 
 
田畑(阿部サダヲ)は体協理事への就任を嘉納(役所広司)から要請されるが、それをきっぱりと断る。
 
 
しかし嘉納は田畑を永田市長(イッセー尾形)との面会のために、東京市庁舎へ同行させる。
 
 
面会の席で永田は、昭和15年に東京オリンピック誘致を計画していることを嘉納らに告げる。
 
 
関東大震災から8年が過ぎ、復興した東京の姿を世界に見せたいのだという。
 
 
嘉納もそれに賛同し体協会長の岸(岩松了)に話すが、資金も何もかもが足りないと反対される。
 
 
しかし、東京オリンピック開催こそが日本国民に希望を与えるという嘉納の説得に、ついに岸の心も動かされる。
 
 
ところがその年の9月、満州に日本が所有していた南満州鉄道が爆破されるという『満州事変』が勃発。
 
 
田畑は河野(桐谷健太)とバー『ローズ』へ行き、鉄道の爆破は関東軍(日本陸軍部隊)による自作自演だと聞かされる。
 
 
河野に促され、田畑は特ダネを探すため高橋是清(萩原健一)の邸宅を訪ねる。
 
 
高橋は次期首相に犬養毅(塩見三省)が就任するという情報を田畑に教える。
 
 
スクープを朝日新聞社に持ち帰った田畑は、部長の緒方(リリー・フランキー)から社長令嬢のお見合い写真を渡される。
 
 
昭和7年3月、関東軍は満州を占領し『満州国』独立を宣言した。
 
 
田畑は面会の約束がとれ、犬養首相の官邸を訪ねる。
 
 
5月15日に開かれるオリンピック派遣選手応援歌の、発表式典への参列を依頼するためだ。
 
 
犬養はそれを快く引き受ける。
 
 
神田YMCAプールでは、オリンピックの男子代表選手たちの先行合宿が始まっていた。
 
 
前回アントワープオリンピックで金メダルを獲得した平泳ぎの鶴田義行(大東駿介)は、満州鉄道への就職が決まり満州へと旅立っていた。
 
 
若手のエースで鶴田と同じ平泳ぎの小池礼三(前田旺志郎)に期待を寄せる田畑。
 
 
しかし、その小池が最近伸び悩んでいるという。
 
 
鶴田がいなくなり張り合いをなくしたのが原因かもしれないと聞くと、田畑はすぐに小池の練習台として鶴田を呼び戻すように命じる。
 
 
5日後、男子から遅れて女子の合宿もスタート。
 
 
両親を相次いで亡くしスランプに陥っていた前畑(上白石萌歌)、憧れだった鶴田が現れると途端に目を輝かせるのだった。
 
 
5月15日、応募の中から選ばれた東京の中学生・斉藤龍の作品『走れ大地を』の応援歌の発表式典が開催される。
 
 
その日の朝、青年将校たちが官邸に突入し、首相の犬養を取り囲む。
 
 
話せばわかると言う説得もむなしく青年将校たちの凶弾に倒れた犬養、午後11時26分に息を引き取る。
 
 
YMCAプールで行われたロサンゼルスオリンピックの壮行式。
 
 
「こういうときだからこそ諸君は、スポーツ大国へと成長した日本の姿を世界に見せなければいけない!」と、げきを飛ばす嘉納だった。

大河ドラマ『いだてん』第28回の感想

満州事変やら五・一五事件やら、学校で習った近代の大事件が次々と出てくる大河…すごい( ゚Д゚)
 
 
名前だけは覚えていましたが、ドラマを見るまで「あれ?どんな事件だったっけ?」っていう状態でした汗
 
 
学校でも戦国時代とかだけでなくて、もっと時間をかけて近代の歴史についてしっかりと教えてくれたらいいのに…ボソッ
 
 
首相が軍の人間に暗殺されるとか、改めてとてつもなく激動の時代だったんだと。
 
 
関連記事>>>【いだてん『走れ大地を』】『犬養毅の五・一五』『前畑秀子の恋心』『素っ裸の水泳練習』第28回への反響まとめ
 
 
それにしても田畑のまーちゃん、すごい行動力だなぁ。
 
 
高橋是清に犬養毅にと、政界の重鎮にも臆せず堂々と会いに行くあの度胸。
 
 
こういう人が時代を動かしてきたんですよね。
 
 
ただ、その平和の祭典のはずのオリンピックにも、だんたんと戦争の足音が聞こえてきました。
 
 
関東軍、なんで自作自演の爆破なんてやっちゃったんだろうなぁ…
 
 
ところで素っ裸で水泳練習って…あれも史実?(;´∀`)

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『すーすーすー』。
 
 
「肌寒い」という意味です。
 
 

ジョギングして汗ばかいたらすーすーすー!

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
首相暗殺という悲劇に日本中が暗く沈む中、田畑たち代表団はロサンゼルスオリンピックへと旅立ちます。
 
 
>>>次回:『第29回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ