-熊本からあれこれ発信するサイト-
↑気になるカテゴリーをクリック♪
         

【大河ドラマ『いだてん』】第2回『坊っちゃん』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket

大河ドラマ『いだてん』第2回『坊っちゃん』

主人公『金栗四三』生誕地の玉名編ついにスタート!


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第1回のあらすじ&感想』へ
 
 
今回から熊本の玉名編が始まりましたね!
 
 
前回の1回目が序章みたいな感じだったので、実質今回からが本編ってことで考えてもいいかもですね(;´∀`)
 
 
それでは『いだてん』第2回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第2回のあらすじ

第2回「坊っちゃん」
 
 
1891年の熊本県春富村、金栗家に7人目となる子どもが生まれる。
 
 
父親が43歳のときの子どもだったので『四三』と名付けられた。
 
 
あるとき父親の信彦(田口トモロヲ)は「お前もお国のために立派な男になれ」と、西南戦争の激戦地だった田原坂で四三(久野倫太郎)に言い聞かせる。
 
 
そのころ、第五高等学校(のちの熊本大学)の校長に就任するため嘉納治五郎(役所広司)が熊本に赴任してくる。
 
 
尋常小学校である玉名北高等小学校(のちの南関第三小学校)に上がった四三は、体の弱さを克服するために家から小学校までの往復およそ12kmの山道を駆け足で通い始めるようになる。
 
 
ある日、病弱だった父の信彦は四三が強い男になってくれることを願いながら息を引き取る。
 
 
時は過ぎ玉名中学(のちの玉名高校)に進学した四三、父の意思をついで将校を目指すために海軍兵学校の訓練を受けるも視力の弱さが原因で身体検査で落ちてしまう。
 
 
そしてのちに妻となる春野スヤ(綾瀬はるか)に出会い、嘉納治五郎のいる東京高等師範学校(のちの筑波大学)への進学を決意するのであった。

大河ドラマ『いだてん』第2回の感想

ついに!熊本の玉名編が始まりましたね(*’ω’*)
 
 
そして玉名のお隣に位置する田原坂も…
 
 
田原坂と言えば西南戦争でも一、二を争う激戦地となった場所。
 
 
昨年の大河ドラマ『西郷どん』とのつながりを感じます。
 
 
玉名にも西南戦争で薩軍との戦いを繰り広げた官軍が陣営を敷いていた跡がいくつか残っているんですよ。
 
 
>>>【大河ドラマ『いだてん』】金栗四三のふるさと玉名に『いだてん 大河ドラマ館』がオープンしたので行ってきた【熊本】
 
 
そして四三の兄役の実次役の中村獅童さん、熊本弁たいぎゃ上手かった~(*´ω`)
 
 
発音もしゃべり方も特に違和感なかったです、はい(笑)
 
 
子ども時代の四三役の子も、可愛くて自然な演技が素晴らしかったですよね。
 
 
ちなみにあの涙、中村獅童さんの迫真の演技を見て怖くてホントに泣いてたんだそうです(;´∀`)
 
 
さて、金栗四三さん子供のころから身体弱かったんですねぇ。
 
 
お父さんの虚弱体質が遺伝したのかな?
 
 
まあそれがあってあの有名な『駆け足登校』が生まれたんですもんね…
 
 
冷水浴といい駆け足登校といい勉強と言い、四三さんものすごく努力の人だったんだなぁ( ˘ω˘ )
 
 
森山未來さん演じる志ん生さんの若いころのはっちゃけぶりとの対比もすごい汗
 
 
それにしても、あの有名な『スースーハーハー』の呼吸法がまさか妊婦さんの『ヒーヒーフー』から発想を得てたなんて!(笑)
 
 
>>>【大河ドラマ『いだてん』】『久野倫太郎くん』『ブーツに袴姿の綾瀬はるか』『すぐ脱ぐ勘九郎』第2回への反響まとめ
 
 
ところで、綾瀬はるかさん演じる春野スヤさんとの出会いのシーン、僕も最近知ったんですが熊本県美里町にある『二俣橋』っていうスポットなんだそうですね。
 
 
晴れた日に決められた時間決められた場所から眺めると、橋の下側にハート型のカタチが現れるんだそう。
 
 
そういうことから『恋人の聖地』とも呼ばれてるんだそうですよ。
 
 
まあ『ふたまた』っていう響きがちょっとアレですが…(;´∀`)
 
 


 
 
ちなみに、本編のあとに最後の最後で金栗四三先生の銅像が出てきましたが、あそこが金栗先生の母校で僕の母校もある熊本県立玉名高等学校(元旧制玉名中学)なんですよ♪
 
 
当時、存命中の金栗先生も出席されて除幕式も行われました。
 
 
なぜかテロップも何も出ずにあっさり終わっちゃいましたけど…汗

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『とつけむにゃー』。
 
 
志ん生役のビートたけしさんのセリフにも出てきてました(*´ω`)
 
 
意味は「とんでもない」ですね。
 
 

おまいはいつもとつけむにゃーことしかせんねぇ、ほんなこてー!くらわすしかなか!

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
くまモン県民として、熊本弁全開だった今回はホントに楽しめました。
 
 
綾瀬はるかさんの自転車節も可愛かったです。
 
 

たった一目でよかばってん♪

 
 
さて、次回は東京に舞台が移ります!…ってアレ?もう玉名編終わり?じゃないよね?(;´∀`)
 
 
>>>次回:『第3回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
LINEで送る
Pocket



記事一覧へ