【大河ドラマ『いだてん』】第16回『ベルリンの壁』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第16回『ベルリンの壁』あらすじ&感想

マラソン一本にかけた四三だが…


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第15回のあらすじ&感想』へ
 
 
突然の縁談でスヤと夫婦になった四三。
 
 
しかしマラソンで次のベルリンオリンピックを目指すため、新婚早々熊本と東京の離れ離れの生活に…
 
 
それでは『いだてん』第16回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第16回のあらすじ

第16回「ベルリンの壁」
 
 
大正3年春、四三(中村勘九郎)はマラソンに専念するために播磨屋の店主・辛作(三宅弘城)に頼んで二階に下宿させてもらう。
 
 
すると、向かいの部屋に住んでいたのは三島家の女中のシマ(杉咲花)だった。
 
 
スポーツをやるため、下宿しながら東京女子高等師範学校を目指していたのだ。
 
 
一方そのころ、師匠から破門された孝蔵(森山未來)は万朝(柄本時生)とともに宿屋にいた。
 
 
食事にありつき酒も飲み、翌朝一文無しだったことを思い出す。
 
 
万朝は夜中のうちにすでにこっそり宿を出ており、孝蔵だけが無銭飲食で捕まり留置場に入れられる。
 
 
そして留置場にあった新聞の見出しで、自分を唯一認めてくれていた円喬(松尾スズキ)が亡くなったことを知る。
 
 
踏み倒した飲食代を師匠の小円朝に建て替えてもらった孝蔵、髪を短く切り心機一転また落語の修業に励むのだった。
 
 
秋になり、四三は玉名にいるスヤに向けて『日本陸上競技大会』で2時間19分30秒の世界新記録を出したことを知らせる。
 
 
大正4年春、英国に留学していた二階堂トクヨ(寺島しのぶ)が帰国、欧州のサラエボでオーストリア皇太子夫妻が暗殺されたことを伝える。
 
 
ベルリンオリンピックが開催されるドイツを含めた欧州の地は、のちに第一次世界大戦と呼ばれる戦争の真っ只中だったのだ。
 
 
ある日、四三が練習を終えて帰宅すると玉名にいるはずのスヤが手づくりのいきなり団子を持ってやってきていた。
 
 
「スヤさんがおると堕落の入り口ばい、気が散るけん帰って」四三はそう言ってスヤを突き放した。
 
 
そして6月、翌年にせまっていたベルリンオリンピックの中止が決定したのだった。

大河ドラマ『いだてん』第16回の感想

当時ドイツ側だったオーストリアによるボスニア占領。
 
 
それに反発したセルビア人青年が、オーストリアのフェルディナンド皇太子夫妻を暗殺したサラエボ事件。
 
 
その後イギリス・フランス・ロシアVSドイツ・オーストリアとの争いが始まります。
 
 
この事件をきっかけになって欧州を中心とした第一次世界大戦が勃発するんですね( ˘ω˘ )
 
 
平和の祭典であるオリンピックが戦争によって中止に追い込まれてしまうんです。
 
 
ストックホルムのリベンジを誓って血のにじむような努力を続けてきた四三。
 
 
なのにその舞台になるはずだったドイツのベルリンオリンピックが中止になるなんて、選手としてこれほどつらいことはなかったでしょうね…
 
 
たらればを言うのもアレですが、もしこの大会が開催されていたとしたらと思うと残念です(ノД`)・゜・。
 
 
関連記事>>>【いだてん『ベルリンの壁』】『孝蔵と円喬の心の絆』『スヤを帰らせる四三』『生まれ変わった黒坂辛作』第16回への反響まとめ
 
 
それにしても、スヤさんへの言い方はホント酷かったですよね。
 
 
お義母さんの幾江さんが金栗家に殴り込みに行くのも分かります。
 
 
仮にも新婚ほやほやの奥さんに向かって『堕落の入り口』って…(;´∀`)
 
 
まあ確かにあんな可愛い奥さんがいつも一緒だったら練習に身が入らなくなる気持ちも分かりますが(笑)
 
 
そういえば久しぶりに登場した播磨屋さん、なんか顔変わった?

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『だご』。
 
 
「団子」という意味です。
 
 

だご汁もいきなりだごも熊本の名物ばい♪

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
ベルリンオリンピックの夢を絶たれてしまった四三。
 
 
果たしてこれからどんな道を歩いていくのか…
 
 
>>>次回:『第17回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。



記事一覧へ