【大河ドラマ『いだてん』】第14回『新世界』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【大河ドラマ『いだてん』】第14回『新世界』あらすじ&感想

ついに新章スタート!時代は明治から大正へ


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
>>>前回:『第13回のあらすじ&感想』へ
 
 
4年後のベルリンオリンピックに向けて、新たな決意を胸にストックホルムを後にした四三。
 
 
その間、日本は明治から大正へと時代が移り変わっていた。
 
 
それでは『いだてん』第14回のあらすじ&感想の開幕です。

大河ドラマ『いだてん』第14回のあらすじ

第14回「新世界」
 
 
オリンピックを終えてストックホルムから帰国した四三(中村勘九郎)。
 
 
明治天皇の崩御により、日本は明治から大正へと元号が変わっていた。
 
 
大喪の礼の自粛ムードもあり、汽車から降りてきた四三を出迎えたのは助教授の可児(古舘寛治)と野口(永山絢斗)ら師範学校の学生ら数人だけだった。
 
 
高等師範学校の宿舎でストックホルムオリンピックの報告会が開かれる。
 
 
誰よりも練習に励んでいたのを知っていた学友たちに、敗戦について静かに語る四三を責める者はいなかった。
 
 
永井道明(杉本哲太)の弟子であり、東京女子高等師範学校の助教授を務める二階堂トクヨ(寺島しのぶ)を除いて。
 
 
「世界記録を出しながら本選で棄権し、国民の期待を裏切った原因は何だと思われますか?」
 
 
敗因は言い訳にしかならないので、ただ黙々と練習に打ち込むつもりだと返す四三。
 
 
それに対し、敗北から学ばなければ意味がないと主張する永井。
 
 
「自分には4年しかなかとです!明日から粉骨砕身してマラソンの練習に励みます!」と宣言する四三に、会場は拍手が巻き起こる。
 
 
さっそく練習を再開した四三は、スピードの変化に対応するため「電信柱練習法」を編み出す。
 
 
四三から遅れて翌年二月に弥彦(生田斗真)も帰国する。
 
 
銀行員になることを伝えるために、久しぶりに天狗倶楽部のメンバーたちと集う弥彦。
 
 
しかし日本には『野球害毒論』が巻き起こっており、リーダーの押川(武井壮)は天狗倶楽部を解散するつもりだと弥彦に告げる。
 
 
三月に帰国した嘉納は自らが作った借金が原因で、大日本体育協会の運営の主導権を永井に奪われたことを知りがく然とする。
 
 
兄の実次(中村獅童)からの手紙で一度熊本に帰ってくるように言われた四三は、玉名の実家にいた。
 
 
すると、訳も分からず池部家へと連れていかれる四三。
 
 
「四三、今から見合いばしてもらう」と話す実次、そこにいたのは結婚したはずの春野スヤ(綾瀬はるか)だった。

大河ドラマ『いだてん』第14回の感想

時代が明治から大正に変わると同時に、物語にも多く変化が起きましたね。
 
 
日本女子におけるスポーツ教育の第一人者となる二階堂トクヨさん。
 
 
まずは負けた原因をしっかりと見つめて一つ一つ追求すべきだと主張します。
 
 
確かにそれも間違いではないんですよね。
 
 
ただ、4年後のベルリンオリンピックを目指してまだまだ現役を続けたい四三にはそんな時間もなく…
 
 
今なら選手はただひたすら練習に打ち込むことができて、敗因の研究なんかは専属のトレーナーやコーチがやってくれるんでしょうが。
 
 
当時はもちろんそんな役割分担もなかったでしょうし。
 
 
四三の気持ちも教育者としてのトクヨさんや永井さんの考えもどちらも間違っていないだけに、対立してしまうのは悲しいですね( ˘ω˘ )
 
 
関連記事>>>【いだてん『新世界』】『TNG!TNG!天狗倶楽部の解散』『二階堂トクヨ登場』『可児が伝えたドッジボール』第14回への反響まとめ
 
 
それにしても、日本に帰ってきたらいきなり野球が悪者扱いされてるなんて、弥彦もビックリしたでしょうね(笑)
 
 
さらに天狗倶楽部も解散だなんて…一視聴者としても残念( ˘ω˘ )
 
 
オリンピックで監督を務めた大森兵蔵さんも亡くなってしまったし、団長の嘉納先生は借金しすぎたせいで協会で隅に追いやられちゃうしもうね…(泣)
 
 
ところで、スヤさんにはすでに旦那さんがいたはずですが…四三とお見合いって???
 
 
まさか、旦那さん…( ゚Д゚)

くまモン県民カズの熊本弁講座

今回紹介する熊本弁は『はってく』。
 
 
「行ってしまう」という意味です。
 
 

あたはどこさんはってきよっとな!?金栗さんの生家はこっちばい!

 
 
ほんなこつな!?失敬失敬(笑)

 
 
こんな感じで使います(*’ω’*)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
明治から大正に元号が変わり、現実では平成から令和へと元号が変わります。
 
 
『いだてん』では自粛ムードでしたが、令和に変わる今回はみんなでお祝いできるのがいいですよね(*’ω’*)
 
 
>>>次回:『第15回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ