【大河ドラマ『いだてん』】第1回『夜明け前』あらすじ&感想

LINEで送る
Pocket

大河ドラマ『いだてん』第1回『夜明け前』

熊本県玉名が舞台の大河ドラマ『いだてん』ついに開幕!


▲▲▲▲▲『いだてん』の主人公『金栗四三』の特集記事はコチラ↑▲▲▲▲▲
 
 
こんにちは!くまモン県民の
カズ()です。

 
2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』、ついに放送がスタートしましたね!
 
 
僕は『いだてん』の主人公である金栗四三先生と同じ熊本県の玉名で生まれ育ったので、この大河ドラマを「今か今か」と心待ちにしていました(*´ω`)
 
 
さらに金栗先生と同じ熊本県立玉名高等学校(当時の旧制玉名中学)で青春を過ごしたので、感慨もひとしお…
 
 
そこで、そんな僕が『いだてん』のあらすじと放送を見て感じた僕なりの感想を、今回から毎週書きつづっていこうと思います(*’ω’*)
 
 
それでは記念すべき第1回目、いよいよ開幕です!

大河ドラマ『いだてん』第1回のあらすじ

第1回「夜明け前」
 
 
1964年のオリンピック開催地を決める、西ドイツはミュンヘンでのIOC総会。
 
 
都知事を始めとした日本代表団は、素晴らしいスピーチで見事に東京オリンピックの招致に成功する。
 
 
時はさかのぼり、翌年にストックホルムオリンピックを控えた1911年の羽田運動場。
 
 
アジアの国として初のオリンピック参加という一世一代の大仕事を任され、さらにアジア人初のIOC理事に任命された嘉納治五郎(役所広司)は、オリンピックのマラソン日本代表を選出するために選考会を開催する。
 
 
ひどい悪天候の中、次々と脱落していく参加者たち。
 
 
その中で当時の世界記録を27分も上回る、『2時間32分45秒』という大記録を叩き出してゴールに飛び込んできた選手がいた。
 
 
その若者こそ『日本マラソンの父』金栗四三(中村勘九郎)その人であった。
 
 

大河ドラマ『いだてん』第1回の感想

いや~まず最初に言わせてください。
 
 
オープニングカッコイイ!(*´Д`)
 
 
出演者がでっかくなって東京の街を舞台に競い合う…そのセンスに痺れました。
 
 
音楽も『あまちゃん』を手掛けた大友さんだけあって、なんとなく『あまちゃん』と雰囲気が似ている軽快な感じが聞いてて心地よかったですね。
 
 
さて、第1回目の放送の感想ですが、最初ということもあってとにかく登場人物の名前を覚えるのが大変(笑)
 
 
しかも舞台も昭和と明治の時代を行ったり来たりするので頭の切り替えもけっこう大変…(笑)
 
 
その中でも、とりあえず初めて聞いた単語が『スウェーデン体操』。
 
 
「これをやれば身長が伸びる!」って明治の時代はそんなことが信じられてたんかと(;´∀`)
 
 
あとはやっぱり『天狗倶楽部』、略して『T.N.G』でしょうか。
 
 
ほんのり『サンシャイン池崎』要素、入ってましたね(笑)…そして隙あらばすぐ脱ごうとする(笑)
 
 
それにしても、金栗四三とともに日本人として初めてオリンピックに出場した生田斗真さん演じる三島弥彦。
 
 
めちゃくちゃチャラかったんですねぇ…(笑)まさしくチャラ男の元祖!?
 
 
まあ、あれだけカッコよくてモテまくってたらそりゃね…(;´∀`)
 
 
>>>【いだてん『夜明け前』】『オープニング』『天狗倶楽部』『三島弥彦』『隈取りの金栗』第1回への反響まとめ
 
 
他にもビートたけしさん演じる伝説の落語家、古今亭志ん生のパートがあったりととにかく見どころ盛りだくさんだった第1回目。
 
 
ただ肝心の主役である中村勘九郎さん演じる金栗四三の出番はラストにちょこっとだけ汗
 
 
まあ、あのラストが一番盛り上がったんですけどね♪
 
 
近代が舞台、二人の主人公、初の4K放送対応、そして平成から新元号に切り替わる年の大河ドラマ。
 
 
初めて見た感想を一言で表すとしたら『新時代の大河ドラマ』といった感じでしょうか。
 
 
ということで、今回はとりあえず『顔見せ』の登場人物も含めて豪華な役者陣がこれでもかとわんさか出てきた回でしたとさ(おわり)
 
 
…しっかりと内容を頭に入れるためにもう一回見ようかな(笑)
 
 

それにしてもあの金栗さん、絶対隈取りメイクしてたよね(;´∀`)

くまモン県民カズの熊本弁講座

主人公の一人である金栗四三は熊本県出身ということで、同じく熊本県民である僕が熊本の方言を毎週紹介していきたいと思います。
 
 
ということで記念すべき第1回目、さっそくいってみましょう♪
 
 
今回紹介する熊本弁は『ばってん』。
 
 
意味は「~だけど」みたいな感じでしょうか。
 
 
『春野スヤ』を演じる綾瀬はるかさんが登場していた予告編のセリフにも出てきましたよね(*’ω’*)
 
 

あたは人間には見えんばってんが、だんな?
なんば言いよっとね!?あたしゃ『おてもやん』たい!

・・・。

 
こんな感じで使います(*’ω’*)
 
 
ちなみに熊本出身の『ばってん荒川』というタレントさんが有名ですよね(*´ω`)

おわりに

放送を見逃した方はコチラ↓↓↓



『いだてん』が最大1ヶ月間無料で見放題!

>>>『いだてん』記事一覧ページに戻る
 
 
初回というだけあってものすごく豪華なキャストが勢ぞろいしていましたよね。
 
 
まさしく『プロローグ』の名にふさわしい壮大な幕開けとなった回でした。
 
 
そしてついに次回は主人公である金栗四三の故郷、熊本県玉名郡和水町に舞台が移ります!
 
 
あ~もう今から楽しみ(*´ω`)
 
 
>>>次回:『第2回のあらすじ&感想』へ
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket


記事一覧へ