【ハナタカ優越館】美味しいバタートーストの焼き方レシピ!バターは指で柔らかく

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア

【ハナタカ優越館】美味しいバタートーストの焼き方レシピ!バターは指で柔らかく

バターは塗る前に指で柔らかくしましょう

こんにちは!
カズ()です。

 
11月7日(木)放送の『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』。
 
 
『トースト協会がみんなに言いたい ただバターを塗るだけではなかった!?』というテーマで放送されました。
 
 
愛知など東海地方と言えば、喫茶店でのモーニング文化。
 
 
お店によっていろんなサービスがあり、多くがお手頃価格。
 
 
中には、コーヒーにきつねうどんも( ゚Д゚)
 
 
そんな愛知県で誕生した、朝食に関係する協会は…一般社団法人日本トースト協会。
 
 
教えてくれるのは、日本トースト協会の代表理事を務める梶田香織さん。
 
 
元大手製パンメーカーの商品開発部で働いていた経歴を持ち、美味しいバタートーストの焼き方や食べ方などの講演活動を行っています。
 
 
実際、あなたはパン派とご飯派のどっちが多いと思いますか?
 
 
番組の調査では…
 
 

【朝食は何を食べますか?】
 
ご飯派…38%
パン派…56%
その他…6%

 
 
およそ6割が『朝食はパン派』という結果に!
 
 
きっと明日の朝はバタートーストが食べたくなる!?
 
 
今回は『トースト協会がみんなに言いたい ただバターを塗るだけではなかった!?』の放送内容についてまとめてみました。
 
 

関連記事>>>【家事ヤロウ】激うまトーストレシピ6選!王道バタートーストからスモアまで
 
 
関連記事>>>【世界一受けたい授業】プロが教えるサンドウィッチレシピ!ホテルニューオータニ

食パンの基礎知識をチェック

Q:食パンの◯枚切りとは?
 
 
答えは…食パン1斤を何等分しているか
 
 
食パン1斤の重さはだいたい340g以上。
 
 
それを切ったときの枚数のことが『◯枚切り』。
 
 
Q:1斤の方が美味しいと思われる理由は?
 
 
答えは…1斤の方が香りや水分が抜けていない
 
 

【梶田さんの解説】
「スライスしていると、どうしても少なからず香りや水分が飛んでいってしまうんです」
「塊ごとだとそこに閉じ込められているので、切る度に香りがフワッと出てくるんです」

切り方や焼き方を考えて!

1斤の食パンは横から切った方がいい!?
 
 

【梶田さんの解説】
「パンを切るときには、食パンは90度倒してください
「パンは一番底の部分が硬いんですね。底の一番角の硬い部分から包丁を入れていただくと、潰れにくいんです」
「上の方は柔らかいので、上から押さえつけてしまうと潰れてしまいがちです」

 
 
でも普通の包丁だと切りづらい…
 
 

【梶田さんの解説】
包丁をお湯などで温めて水分を拭き取って、それから切ると切りやすいんです」
「パンの中の油分が少し溶けることになるので、滑りが良くなるんです」

 
 
直接火にかけると傷んでしまうので、お湯で温める方がいいんだとか。

【梶田さんの解説】
「食パンをトースターに入れるときには向きが大事なんです」
底の部分をトースターの奥に向けて入れます

 
 
底は硬く火が通りにくいため、温度の高い奥に入れるのが美味しくなるんだそう。
 
 

【梶田さんの解説】
「トーストするときは必ず切れ目を入れてください。だいたいパンの厚みの半分ぐらいです」
「この切れ目からバターが染み込んでいきますし、焼いたときに角ができるのでちょっと焦げるところが増えるんです。そうすると、口に入れたときにサクッとした感じがアップするんです」

日本と海外でバターは違う!

【梶田さんの解説】
「海外のバターと日本のバターは、そもそも違うんです」
「海外はほとんどが発酵バター。日本は非発酵バター(発酵していないバター)

 
 
古くからバターが使われてきた海外では、自然に発酵が進むのが主流とされてきました。
 
 
その後、技術が進んで発酵させないバターが生まれ、それを日本が取り入れるようになったため、このような違いがあると考えられるんだそう。
 
 

【梶田さんの解説】
「発酵バターは味はガツンとはこないんですが、鼻とか口の奥からワーッとこみ上げてくる香りとか奥深さがすごく豊かなんです」
「日本の非発酵バターは味がガツンとくるので、塩味があったりですとか。それが大きな違いです」

 
 
マーガリンと同じような『ファットスプレッド』がある!?
 
 

【梶田さんの解説】
「パンによく塗るもののうち、バターマーガリンファットスプレッドというのをよく使います」
「バターは牛のミルクから作られたもの、マーガリンは植物性油脂と動物性油脂を混合したものです。ファットスプレッドはマーガリンよりも油脂の含有率が80%未満、ちょっと少なめなんです」
塩分も控えめなので、カロリーや塩分を気にされる方は、マーガリンよりもファットスプレッドを使う方がいいかもしれません」

 
 
バターはの塗り方にもこだわりが!
 
 

【梶田さんの解説】
「バターはあらかじめ柔らかくしておきます。指で押して柔らかくする。マヨネーズくらいになったらもう理想的です」
「パンから出てくる水分をバターでフタをする。ツヤツヤ・キラキラの見た目が美味しさの合図です」

焼いたときに乗せる皿に注意!

焼きたてのパンは小さいお皿の方がいい!?
 
 

【梶田さんの解説】
「パンの面とお皿の面がしっかりくっついてしまいます。すると温度差で結露のような水滴ができてしまいます。そうするとカリッとしたトーストがシナっとなってしまいます」
「小さな器に浮かせるように乗せていただいた方が接地しません」
「ピッタリサイズや大きなサイズの場合でも、木製のもの紙を敷いたかごで水分を吸っていただくものだったら良いです」

 
 
そんな都合のいいお皿が無い!という人は…
 
 

【梶田さんの解説】
お皿を温めておくと温度差が無くなるので、水滴が溜まりにくくなります」

 
 
ベストなのは、焼いてバターを塗ったあとにそのまますぐに食べることなんだそう♪

美味しいバタートーストの作り方まとめ

【美味しいバタートーストの作り方まとめ】
 
1.丸ごと1斤の食パンを横に倒し、お湯で温めた包丁でカットする
 
2.焼く前のトーストに、厚さの半分程度の深さで網目状の切れ目を入れる
 
3.食パンの底の硬い部分を奥にしてトースターに入れて焼く
 
4.ラップに包んだバターを指で押して温めてマヨネーズ程度まで柔らかくし、トーストの切れ目にしっかりとよく塗り込む
→カロリーや塩分が気になる方は、バターやマーガリンではなくファットスプレッドを使う
 
5.トーストの底が浮くくらいの小皿に乗せる、または皿に乗せずにそのまま食べる!

おわりに

バタートースト…奥が深い(*’ω’*)
 
 

関連記事>>>【家事ヤロウ】激うまトーストレシピ6選!王道バタートーストからスモアまで
 
 
関連記事>>>【世界一受けたい授業】プロが教えるサンドウィッチレシピ!ホテルニューオータニ

 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket
Facebook にシェア



記事一覧へ

CATEGORY

『世界一受けたい授業』や『教えてもらう前と後』などで紹介された、知って得する情報やレシピなどを記事にしています。

熊本や九州のおススメのスポットや開催されたイベントなどについて記事にしています。

一人暮らしをする中での日常のふとした気づきや感じたこと、生活に役立つことなどを記事にしています。

ブログについてやブログ運営に関する本の紹介などを記事にしています。

読んだ本の書評やまとめ、面白かった映画の感想などを記事にしています。

大河ドラマ『いだてん』のあらすじや感想、視聴者の反応などを記事にしています。