-熊本からあれこれ発信するサイト-
         

【フィギュアスケート】紀平梨花がザギトワを抑えて金メダル!2018グランプリファイナル女子FS

LINEで送る
Pocket

花火

目次

日本から新たな女王の誕生!

こんにちは!フィギュアスケートファンの
カズ()です。

 
紀平梨花選手、やりました!
 
平昌オリンピック金メダリストのロシアのザギトワ選手を破って、グランプリファイナル金メダル!
 
 
ということで、今回はその紀平選手のグランプリファイナルFSの演技を振り返っていきたいと思います(*’ω’*)

あの浅田真央以来13年ぶりの快挙達成!


 
日本女子としては、当時の絶対女王だったロシアのイリーナ・スルツカヤを抑えて
シニアのグランプリ大会で初出場初優勝を飾った2005年の浅田真央(当時15歳)以来の快挙!
 
日本女子のグランプリファイナル優勝も2013年の浅田真央さん以来5年ぶり。
 
 
しかも今回の紀平選手、デビュー戦のグランプリシリーズから三連勝でのファイナル制覇はなんと日本人初!すごい!
 
 
【試合結果】

・1位 紀平梨花 233.12点(SP 82.51 FS 150.61)
・2位 アリーナ・ザギトワ 226.53点(SP 77.93 FS 148.60)
・3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 215.32点(SP 70.65 FS 144.67)
・4位 坂本花織 211.68点(SP 70.23 FS 141.45)
・5位 ソフィア・サモドゥロワ 204.33点(SP 68.24 FS 136.09)
・6位 宮原知子 201.31点(SP 67.52 FS 133.79)

紀平選手のプログラム構成と演技の出来は?

■SP 82.51点(技術点 47.36点 演技構成点 35.15点)

・3A(トリプルアクセル)
・3F+3T(三回転フリップー三回転トゥ―ループ)
-後半-
・3Lz(トリプルルッツ)

 
SPの詳しい採点結果は【コチラ】から(PDF形式)
 
 
ショートではフライングシットスピンでレベルを一つ取りこぼしてたんですよね。
 
ここをレベル2(基礎点 2.3)→レベル4(基礎点3.0)でしっかりとレベルを取れていたら、
さらに得点が0.7上がって83点台になっていたんですね…すごい!(*´Д`)
 
 
 
■FS 150.61点(技術点 78.21点 演技構成点 72.40点)

・3A(トリプルアクセル)
・3A+2T(トリプルアクセル-二回転トゥーループ)
・3Lo(三回転ループ)
・3Lz+3T(三回転ルッツ-三回転トゥ―ループ)
-後半-
・3F(三回転フリップ)
・3Lz+2T+2Lo(三回転ルッツ-二回転トゥ―ループ-二回転ループ)
・3S(三回転サルコウ)

 
FSの詳しい採点結果は【コチラ】から(PDF形式)
 
 
冒頭のトリプルアクセルからの連続ジャンプでトリプルアクセルの着氷が乱れて手をついてしまい、回転不足も取られて単独のダブルアクセル判定になりましたが、
 
続いて予定していた単独のトリプルアクセルに二回転ジャンプを加えて連続ジャンプに変更して見事成功!
 
 
さらに本来トリプルアクセルからの連続ジャンプで跳ぶ予定だった三回転トゥループを、
 
(三回転ルッツ-二回転トゥ―ループ)→(三回転ルッツ-三回転トゥ―ループ)に変更することで落ち着いてリカバリーしていたのは素晴らしかったですね(*´ω`)
 
 
そして、その後もすべての要素を完璧にこなしてフリーは150.61点で1位、総合でもトップに立ち見事金メダル!

トゥクタミシェワとのトリプルアクセル対決も!


 
今回のファイナル出場選手の中で、紀平選手以外にもトリプルアクセルを跳ぶ選手がいます。
 
それがロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手。
 
2015世界選手権の金メダリストです。
 
 
ただ、祖国で開催された2014ソチオリンピックや今年開催の2018平昌オリンピックはロシア国内の代表選手争いで敗れて出場を逃しています。
 
それでも腐らずに練習を続けて、この前のグランプリシリーズNHK杯(日本大会)では、見事なトリプルアクセルを披露していました。
 
 
今大会のショートプログラムでも紀平選手と同じくトリプルアクセルに挑戦していましたが、惜しくも着氷が乱れて回転不足を取られてしまい、点数が伸びませんでした。
 
フリースケーティングでも果敢にトリプルアクセルに挑んできましたが、あと一歩で成功とはいきませんでしたね。
 
 
それでも20歳を超えている彼女がここまでトリプルアクセルを維持できているのは本当に努力のたまものだと思っています。
 
 
そんなトゥクタミシェワ選手と紀平選手とのトリプルアクセル対決も、今大会の素晴らしい見どころの一つとなりました( ˘ω˘ )

2018グランプリファイナル紀平梨花FS(英ユーロスポーツ解説)

曲はジェニファー・トーマスの『A Beautiful Storm』。
 
 
これはもう実際の紀平選手の演技を見ていただいた方が早いと思います(*’ω’*)
 
 
ショートプログラムの動画はコチラ→【フィギュアスケート】紀平梨花がザギトワを抑えて世界最高得点!2018グランプリファイナル女子SP

おわりに


 
紀平選手、あらためてグランプリファイナル優勝おめでとう!
 
そして、今回は残念ながらメダルには届かなかった坂本花織選手と宮原知子選手の二人の全日本選手権での巻き返しも期待しています。
 
 
年末の全日本選手権が今から楽しみ(*´ω`)
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
Pocket


記事一覧へ