【2018オリコン年間ランキング】安室奈美恵が有終の美を飾る!平成を駆け抜けた歌姫【2018年ヒット商品ベスト30】

LINEで送る
Pocket

安室奈美恵

26年間たくさんの思い出をありがとう

こんにちは!安室奈美恵ファンの
カズ()です。

 
今年9月に惜しまれながら歌手を引退された、僕の大好きな安室奈美恵さん…
 
 
2018年のオリコン年間ランキングで堂々の1位になったそうですよ!
 
 
やっぱり安室ちゃんは最後まで凄かった!(*’ω’*)


2018年いちばん売れたのは安室奈美恵!

通算2度目、女性ソロアーティストの総合首位は2007年以来11年ぶり
 
音楽ソフト(シングル・アルバム・音楽DVD & Blu-ray Disc)の総売上金額を集計した『年間アーティスト別セールス部門』では、期間内総売上金額190.0億円を記録した安室奈美恵さんが総合首位を獲得。
1996年以来自身通算2度目、女性ソロアーティストの同部門では、2007年の倖田來未以来、11年ぶりの総合首位獲得となった。
 
けん引したのは昨年11月に発売したオールタイム・ベストアルバム『Finally』と、今年8月発売のライブ映像作品『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』で、
いずれも同部門の「年間アルバムランキング」、「年間ミュージックDVD・BDランキング」において、それぞれ期間内売上28.7億円、161.2億円を売り上げて1位に。
シーンを駆け抜けた歌姫は、平成の終わりとともに、時代にその名を強く刻み付けた。
 
オリコン公式サイトより

 
▼アーティストトータルセールス
▼アルバム
▼DVD
▼Blu-ray
▼ミュージックDVD
▼ミュージックBlu-ray
▼総合ミュージックDVD・Blu-ray
 
以上の7部門で安室奈美恵さんが1位を獲得しました!
 
 
特に年間アルバムランキングでは、引退前のラストアルバム『FINALLY』が昨年に続いて2年連続の1位を獲得。
 
同一アルバムによる2年連続1位は、井上陽水さんの『氷の世界』(1973年12月発売)が1974年・1975年に獲得して以来43ぶり史上2作目の快挙なんだそう、すごい!
 
 
もちろん僕も買いましたよ(*´ω`)

2018年いちばん流行ったのは安室奈美恵!

18年のヒット1位は「安室奈美恵」 平成最後のランキング発表
 
2018年11月1日、月刊情報誌「日経トレンディ」が「2018年ヒット商品ベスト30」を発表した。
 
1位安室奈美恵
2位ドライブレコーダー
3位ペットボトルコーヒー
4位ZOZO
5位グーグルホーム&アマゾンエコー
6位漫画 君たちはどう生きるか
7位aibo
8位ケーブル バイト
9位本麒麟
10位NONIO
 
平成の歌姫の引退劇が全国民の関心事に
 
1位は「安室奈美恵」。
平成の歌姫の引退劇が国民全員の関心事に発展した。
「感謝」と「応援」の波は各業界に旋風を巻き起こし、経済効果は500億円ともいわれている。
 
日経トレンディネットより

 
今年はホント安室ちゃんの年になりましたよねぇ…
 
引退されたなんていまだに実感がありません( ;∀;)

僕のいちばんはこれからもずっと安室奈美恵!


 
中学生のころからずっと安室ちゃんを見てきました。
 
嬉しいときも辛いときもずっと安室ちゃんの曲を聞いていました。
 
安室ちゃんの音楽からたくさんの勇気と元気をもらってきました。
 
それは多分これからも変わらないと思います( ˘ω˘ )

おわりに

安室ちゃん、最後にこんな素晴らしい作品たちを残してくれてありがとう…ずっとずっと大切にするね(ノД`)・゜・。


安室ちゃん、26年間たくさんの思い出をありがとうございました( ˘ω˘ )

 
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
LINEで送る
Pocket


記事一覧へ